油彩模写の加筆話

人間は生ある限り休む暇がありません。中には、「自分は何もしていない。暇で暇で死にそうだ」という人もいるかもしれません。私もそれに近い生き方をこれまでしてきましたが、そんな私でも一日たりとも、一時間たりとも、一分たりとも、一秒たりとも休むことなく生きています。

私を休ませないのは、私の頭部にあり、死ぬまで活動を止めない脳です。この脳というものは、常に活動をし、眠っているときも活動を停止しません。

簡単にえば、常に何かを考えているということです。眠っているときも脳は活動し、それが人に夢を見させるのではないかと素人の私はぼんやり考えたりします。

眠っているときがこの有様ですから、目覚めているときは、冒頭で書いたように、大げさでなく、一秒たりとも何かしら考えています。

こんな極めて活動的な脳を頭に頂いて生きるため、私たちの興味は始終様々なものに向かいます。

私も日々、様々なことに興味をもって生きています。私の興味は様々なものへ向かい、その時々で、興味が強く向かったものに熱中し、それを過ごして過ごします。

このところは、油彩画に関心が向かうことが多いです。

前回、本コーナーで書いたレンブラント16061669)の『マルガレータ・デ・ヘール』という婦人を描いた肖像画の顔の部分だけを模写した絵に、昨日、二度目の加筆をしました。

模写は、古今東西の画家や絵を描くことが好きなアマチュアが試みる行為です。望ましいのは、美術館へ行き、好きな絵の前にイーゼルを立て、そこで直に自分の目で視ながらできれば最高です。しかし、日本の美術館では許されていません。

それより何より、衆人環視の中でそれをする度胸が私にはありません。

私は移り気ですので、長い時間同じことを続けることができません。せいぜい頑張っても2時間といったところでしょう。

昨日もそれぐらいの時間、絵具をつけてあったカンヴァスに加筆しました。私は模写の元になる絵そっくりに描くつもりはなく、自分の目と手を使い、形や色、絵具の扱い方を自分に覚え込ませるように作業をしました。

レンブラント『マルガレータ・デ・ヘール』部分模写・2度目

使っている絵具は前回と同じで、シルバーホワイトイエローオーカーベネシアンレッド、バーントアンバーの4色のみです。普段、赤系統は別の色を使いますが、今回、たまたまこの色を選んでいます。

使っている筆は、前回は軟毛の丸筆でしたが、今回は豚毛の平筆を使いました。また、画溶液も、前回より粘り気の弱いペインティングオイルに換えました。いろいろ試してみて、どれが自分に一番しっくりくるか試しています。

画溶液は、昔から悩んでいます。画材店でもらった説明書を読み、いろいろ試すごとに悩みは深まり、まったくわからなくなってしまった時期もあります。

今は逆に割り切り、その時の使い心地などで選んだりしています。

ひとしきり絵に向かったあとは、別のものへの関心移動を私の脳が起こし、カメラを手に取り、家の愛猫たちを庭や室内で写真に収めることをしました。

そのあとはまた油彩画に関心が戻り、レンブラントの画集を眺めたり、油彩画に関するYouTube動画がないか確認したりしました。

こんな風に、私は常に様々なことに関心が向かい、コロコロといろいろなことをして過ごしています。

ここ2年近く、そんな私の頭を離れないのが新コロ騒動です。この騒動が収まってくれたら、その分、興味の対象に神経を集中できるでしょう。そのためにも、一日も早く馬鹿げた茶番騒動が静かになることを願う日々です。

気になる投稿はありますか?

  • レンブラントの油彩技法を追ってレンブラントの油彩技法を追って ある日、ある時、ひとつのきっかけで物事が好転することがあります。その好転が昨日、私に起こりました。何十年もあることが解けずに悶々としていましたが、それが今、答えを得て、目の前が明るくなった気分です。 私が解けずにいたのは、油彩画の技法です。油彩画の技法は、プロでもアマチュアでも、10人いれば10通りぐらいあるでしょう。それぞれが、それぞれの描き方で納得でき、満足できれ […]
  • 2006/06/24 野十郎とマチエール2006/06/24 野十郎とマチエール 本日は、一週間前に見て感銘を受けた展覧会「没後30年 高島野十郎展」について書きます。本展については、鑑賞してきた翌日の18日、興奮が残る中で書きました。 https://indy-muti.com/23394/ 今回はその続編で、高島野十郎(たかしま・やじゅうろう)の油彩技術に焦点を絞って書きます。 私が展覧会場へ足を運んだとき、必然的に注意が向かう […]
  • 2006/06/18 「高島野十郎展」(その一)2006/06/18 「高島野十郎展」(その一) 本日は、昨日鑑賞してきたばかりの展覧会「没後30年 高島野十郎展」について、興奮冷めやらぬうちに書いておくことにします。同展が開かれているのは東京の三鷹市美術ギャラリーで、会期は来月17日(2006年7月17日)までです。 会場内には102点の油彩画をはじめとして、野十郎が生前に愛用したスケッチ用の絵具箱やイーゼルなどの画材一式、東京帝国大学在学中に描かれた魚の克明な […]
  • 勘違いで出会った手塚治虫対談集勘違いで出会った手塚治虫対談集 Amazonの電子書籍版で『手塚治虫対談集 […]
  • 手塚治虫不遇時代の問題作手塚治虫不遇時代の問題作 真の天才は稀にしか現れません。手塚治虫(1928~1989)は、誰もが認める天才の一人です。 私も昔から手塚治虫には強い関心を持っており、手塚が取り上げられたテレビ番組があれば必ず見、関連の本を見つければ、手に取ることが多いです。 https://indy-muti.com/8128/ 手塚で不思議なのは、紛れもない天才でありながら、天才にありがちな歪 […]