女性の頭に寄り添う子供たちの生まれ方

1週間前の投稿では、髪形について書きました。

きっかけは、想像で女性の肖像を描こうとする場合、髪形がどうもうまく描けないことでした。

私が描こうとしている女性は、長い髪を後ろで結んでいます。しかし、その結び方を見たこともありませんで、どんな風にそんな髪形を作っているかは、男性の私には謎のようなものです。

そんな考えがあったため、ネットの動画共有サイトYouTubeで関連の動画を見つけては見たりすることをしています。今までは意識することがなかったのですが、改めて探してみますと、関連の動画があり、その動画を参考にする女性が多くいることがわかりました。

本日は次の動画を見ました。

この動画は、「ミルチャンネル」といい、概要欄を見ますと、オンラインの美容室を設立したと書かれています。何年か前から動画を配信されているようで、新しい動画が上がるたび、多くの、おそらくは女性が視聴されているようです。

本日の豆ノート
同じチャンネルで、次のような動画が配信されています。そこに登場しているのは別の人ですので、美容室で働くスタッフなのでしょう。ということで、配信に登場する女性も、同じ美容室で働くプロであろうと思います。

動画のコメント欄を見ますと、髪の結い方の参考にしようとする女性たちが、感想を多数寄せています。いずれも、配信者への感謝の気持ちが感じられるものです。

男性の私に意外だったのは、少なくない女性が、自分で自分を”不器用”といい、髪結いに苦労しているらしいことです。私は、女性がそんな苦労をしているとは考えてもいませんでした。

男性が毎日ひげを剃るように、女性は化粧をする人は化粧をし、髪が長ければ、毎日それを格好よく結べるのが当たり前と考えるところがありました。

寄せられたコメントで、男性にはわからない苦労が女性にもあることを遅ればせながらに知った気分です。

配信の女性は、自分で髪を結いながら、”実況”するように話しています。YouTubeにありがちな、受けを狙ったようなところは少しもなく、ごく自然に淡々と話されているのが私には好印象です。

今回の”実況”で私が印象に残ったのは、結っている自分の髪を「この子たち」といっていることです。おそらくご本人はまったく意識せずに出る言葉でしょう。

自分の手によって生まれた髪の動きは、自分の手で作りだした”子供”のような意識が、無意識にあるからでしょうか。

このような動画を見ることで、それまではほとんど知らなかった女性の髪形やその結い方を少しは知ることができました。ただ、知ったからといって、それをうまく描けるわけではありません。

ここから先は、筆をとる私の毛先、ならぬ、手先の訓練が必要となります。

気になる投稿はありますか?

  • お団子ヘアお団子ヘア ヘンな話ですが、私は今、女性の髪形に興味を持っています。 先週、用事があって役所へ行きました。受付のあるロビーの椅子に座っているとき、前に座っている、おそらく20代後半から30代の女性の髪形を後ろから何気なく観察しました。 長い髪で、後ろで結んでいるだけですが、それとなく観察すると、ひと手間かけた髪形のように感じました。 今は、男性でも髪形に気を付ける人は […]
  • 自画像に加筆して心楽しい秋自画像に加筆して心楽しい秋 10月になり、関東も秋本来の陽気となりました。秋になれば「〇〇の秋」が何でもござれです。 私には「芸術の秋」「美術の秋」が訪れました。芸術や美術というほど大層な物ではありませんが、ここへ来て、絵画制作が順調すぎるほど順調に感じます。 今日の朝も、自分の顔を描く自画像に加筆しました。描き始めて4回目の筆入れで、加筆としては3回目になります。前回の加筆で、何か“開眼 […]
  • ハイな気分はセザンヌハイな気分はセザンヌ これを書き始めた今の時刻は午前8時53分。まだ9時前ですが、ひと仕事を終えた気分です。 朝の時間に、1時間ほど絵を描きました。これが予想外にうまくいった感じを持ち、気分がとても良いです。手を加え過ぎると今ある感じが崩れてしまいそうで、今日はこれ以上手を入れないでおきます。 使っている絵具は油絵具で、今回は木枠に張ったカンヴァスではなく、手元にあったボールドキャン […]
  • 私のKindleで怪異現象私のKindleで怪異現象 怪談を聴いている最中に、現実に怪異な現象が起きたりすれば、恐怖心は高まるでしょう。 私は昨日、それに近い体験をしました。 このところは、江戸川乱歩の全集をAmazonの電子書籍で読んでいます。 【江戸川乱歩作品集・107作品・原作図表33枚つき】 読書に使うのは、同サービス専用の端末であるKindleです。タブレットPCやスマートフォン(スマホ) […]
  • プラナー50ミリ今なお現役プラナー50ミリ今なお現役 本コーナーで少し前、江崎玲於奈氏が、ご自分の技術が搭載されたソニー製のラジオを50年以上使い、今も使い続けている、というようなことをかきました。 https://indy-muti.com/16258/ その投稿の中でも書きましたが、私も物持ちは良いほうです。元来が新しもの好きですので、資金に余裕があるのであれば、次から次へと新製品に手を出したいところです。 […]