2001/12/29 アウトサイダー・アーティスト

本日は、普段あまり聞き慣れない(←私自身は、という意味です)英単語から。

「UXORIOUS」という単語なのですが、いかがですか? 意味はご存じでしょうか?

ご存じで、あなたが男性なら、もしかして愛妻家と呼ぶにふさわしい人ではないでしょうか? なぜなら、「妻を溺愛する」という意味なのですから。

これは今日の地方新聞に載っていたある記事に書かれていたことです。その記事の見出しは「アウトサイダー・アートの輝き」とあり、キュレーターをされている小出由紀子さんという女性がお書きになっている連載コラムです。

それでは、見出しにもある「アウトサイダー・アート」とは何でしょうか?

こちらのページに書かれていることに倣ならえば、「精神病患者、幼児等美術教育を受けていない者の創作」ということになりそうです。つまりは専門教育を受けず、かつまた精神に障害を持つ人や、幼児らによって創作された作品全般を指すのでしょう。

で、今回話題にしようと思っている記事に書かれているアウトサイダー・アーティストは、アメリカはウィスコンシン州ミルウォーキー生まれのユージン・ボン・ブルチェンハイン(19101983年)という男性です。彼はアウトサイダー・アーティストにして無類の“愛妻家”でもありました。

彼は1943年にマリーという女性と結婚するわけですが、当時の彼はパン工場で働いていました。そんなわけで、アートの世界とは無縁の生活をしていたものと思います。

彼らは相思相愛の末に結ばれたカップルで、よほど妻がお気に入りだったのでしょう。一日の仕事を終えては家に飛んで帰り、妻をモデルに写真を撮るようになっていきました。

最初は素人そのもののアプローチでしたが、誰に教わるでもなく、自然に思考は高度なものとなり、技法も上達していきました。

自宅の居間を撮影のステージに設えては、モデルの妻を下着姿にしたり、模造真珠のネックレスや造花で飾り付けては写真に収めていきました。時には彼自身がコーヒーの缶から造った王冠(!)を彼女に被らせたりもしたそうです。

これらの“作品”は誰に知られることもなく、また、彼自身誰に知らしめることもなく、ひっそりと“蓄積”していくことになります。

彼にとって妻のマリーはまさにミューズ(ムーサ)であり、その彼女が存在していることだけで彼は幸せだったのです。

それらの“作品”群が日の目を見たのは彼が亡くなったあとです。

彼の自宅からは、彼が40年に渡って撮り続けた妻の写真(白黒プリント、カラースライド)が数千枚見つかったそうです。また他にも、彼の自宅の地下室は、油彩作品や陶製の壺や冠などの“作品”や材料で溢れていたそうです。

彼の死後、家は後取り壊されることになり、“作品”の多くは廃棄処分になってしまったそうです。が、しかし、彼の“作品”を惜しむ地元民によって今も書いた極めて私的な写真数千枚が後世に残されることになりました。

私は今これを書きながら、ある日本のアウトサイダー・アーティストを思い出していました。

木村千穂という若い女性です。

彼女のことは、1997年に放送されたテレビ番組『ETV特集-絵の中のわたし・拒食症と闘う心の旅』(NHK教育/1997年4月14日放送)で初めて知りました。

彼女は精神的に不安定な状態に陥り、食事を摂っては吐くという摂食障害に悩まされたそうです。その後、絵の中に自分の内面を吐露する喜びを得、次第に落ち着きを取り戻すようになっていきます。

妻を溺愛し、その姿を写し続けたユージン・ボン・ブルチェンハインにしても、摂食障害に悩まされ何とか絵画によって心の均衡を保とうとする木村千穂さんにしても、やむにやまれずに表現された作品の強さを感じないわけにはいきません。

そういえば、本コーナーでもたびたび書いている写真家の“アラーキー”こと荒木経惟さんにしても、取りようによっては彼も、積極的な意味での、アウトサイダー・アーティストの一人ということができるかもしれません。そしてまた、そんな彼であるからこそ私は彼の作品に惹かれているに違いありません。

アラーキー自身もおっしゃっているではありませんか。「私写真こそが写真の原点。自分が愛しているものを表現しなくちゃダメ!」みたいなことを_。

そんなこんなで、もしも己の表現を高めようとしたなら、愛する対象を見つけることこそが唯一にして最高の近道、、、かもしれませんね(^_^;

気になる投稿はありますか?

  • 画面の縦横の比率と表現の幅画面の縦横の比率と表現の幅 油彩画を描くのに最も用いられる支持体はカンヴァスです。昔は板に描かれることが多かったようです。 今でも絵画作品を「タブロー」といったりします。これはおそらく「テーブル」から派生した言葉(?)で、板に描かれた油彩画を昔はタブローといったりしたのかもしれません。 ルーベンス(1577~1640)の作品は板を貼り合わせたパネルに描かれています。 ルーベンスは大き […]
  • 2013/01/11 サムライのイメージ論・芸術家の場合2013/01/11 サムライのイメージ論・芸術家の場合 質問をひとつさせてもらいます。「侍」と聞いてあなたはどんなイメージを持つでしょうか? 正直な話、私は、昔に侍といわれた人たちが日々をどんな風に過ごしていたか、すぐにイメージすることができません。 ネットの辞典ウィキペディアにある記述にさらっと目を通してみますと、世の中が安定してからは、彼らは支配階級に仕える下級役人で、今の多くのサラリーマンと同じように、上昇志向 […]
  • 大衆と無関係であればAIがどんな力を得ても影響を及ぼせない大衆と無関係であればAIがどんな力を得ても影響を及ぼせない 人工知能(AI)が急速に発達したことが、あらゆる方面に影響を及ぼしています。 今後、それが多くの分野へ浸食し、それまでは人間の手で行われていたことが、AIに置き換わっていくのではと見られています。たしかに、AIに置き換わる業種はあるでしょう。 たとえば、テレビのニュースでニュース原稿を読むだけや、ドキュメンタリー番組で、原稿通りのナレーションを読むだけであれば、 […]
  • あなたにもある「知らない世界」あなたにもある「知らない世界」 「あなたの知らない世界」などと書きますと、何やら、ミステリーや超常現象を扱うテレビ番組のタイトルのようです。 普通に生活している人が「知らない世界」は無数に存在しています。それが専門分野であれば、普通の個人には「知らない世界」です。おそらくは、一生知らないまま過ごすことになるでしょう。 もっと日常的なものでも「知らない世界」が、知らないところで存在し続けていたり […]
  • 2005/05/22 ルオー展2005/05/22 ルオー展 私は昨日、美術展をひとつ見てきました。 その昨日の朝、出かけ前に私の頭にはふたつの美術展がありました。そしてほぼ想像通り、最初に向かった美術展を見ることは叶わず、ふたつ目の美術展を見ました。 見るのを諦めたのは、本日まで東京・竹橋の東京国立近代美術館で開催されていた「ゴッホ展 孤高の画家の原風景」です。 しかし、この美術展については、会場に着く前から、見ら […]