撮って出し動画撮影環境の実現

プログラムオートにしたビデオカメラで動画を撮るように、ミラーレス一眼カメラで動画を撮れたら、といろいろ試し、どうやらその設定環境をやっと手に入れることができました。

もっとも、これは、私のような動画の素人が、趣味で動画を撮る場合に限った設定です。

しかも、Logで撮影し、動画編集ソフトのDaVinci Resolve Studioでカラーコレクション(カラコレ)をすることが前提ですが、これも同じ設定をどの動画にも機械式に当てはめるだけですから、手間はかかりません。

これで、ビデオカメラで撮ったのとは一味違う、と素人の私には思える映像が、オートで撮影できます。

今の段階では、部屋の中で撮って確認しただけですので、晴れた日の日中に撮影したらどんな結果になるかはまだ確かめていません。

今日、晴れてきたら外で撮影してみて、どのくらい使えるか、それとも使えないか、確かめるのが楽しみです。

私が使うミラーレスは、ソニーα7 IIで、使うレンズは、ソニー純正の10倍ズームレンズ”FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240”です。

ソニーのα7 IIに10倍ズームレンズのFE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240

ISO感度シャッター速度、レンズのF値はすべてオートのまま使います。

動画撮影の場合は、あるべきシャッター速度を得るためNDフィルターが必要になりますが、それをつけると色合いがおかしくなるため、シャッター速度の問題には目をつぶり、どんなシャッター速度になっても良いことにします。

フォーカスもオートです。この設定で、気の向くままカメラを向け、動画を撮影するだけです。

動画の形式はLogです。私が使うα7 IIでは、ソニー S-Log2を使うことになります。

撮り終わった動画は、DaVinci Resolve Studioに取り込み、カラコレをしなければなりませんが、すでに書いたように、これもオートマチックで、私がすることは、その設定のためのノードを、どの動画にも同じように、設定するだけです。

一応、ビデオ映像とは違い、少しでもフィルムで撮影したように見せるためのエフェクトを当てますが、これも、はじめに設定したものをすべてに当てはめるだけですから、オートメーション化されています。

今のところは、カラーグレーディング(カラグレ)は考えていません。何か特別の色合いが欲しくなれば、そのときは考えましょう。

なお、具体的なカラコレおよびフィルターの設定の仕方は、自分なりに多少アレンジしましたので、これは「企業秘密」というわけではありませんが、公表することは致しませんので、ご了承ください。

あとは、自分の気持ちが赴くままにカメラをぶん回し、長回しするだけです。見てくれは気にしません。自分が楽しむだけの動画であれば、どんなものでもいいでしょう。

私のことですから、すぐにまた考えが変わるかもしれません。しかし、変わらないうちは、この設定で動画撮影とカラコレ後の動画を、自分独りで愉しむことにします。


一旦更新を終えたあと、別の考えが浮かびました。別のガンマに設定してみたらどうか、と。

更新の中で書いたのは、私が使うα7 IIでLog撮影するときの[S-Log2]ガンマを用いた例です。他のガンマも使え、ガンマごとに、最低ISO感度が異なります。

ガンマを比べると、α7 IIでは、[Cine1]ガンマが一番低く、ISO200から使えます。ということは、[S-Log2]のISO1600より3段低い感度から使えることになり、日中、外で撮る時も有利になります。

このガンマで、あとはこのページで書いたように、オートで試し撮りしてみました。

問題はそのあとです。撮影はできても、すでに設定したDaVinci Resolve Studioで、ほぼオートのカラコレができなければ何もならないからです。

試してみると、不思議なことに、LogではないCineでも同じように使えることがわかりました。ということで、今後は[Cine1]ガンマによるオート撮影をしばらく試してみることにします。

これであれば、すでに書いたように、ISO感度を低いところから始められますので、その分、シャッター速度が必要以上に速くなることを防げます。

どこまで行っても素人の遊びですが、これはこれで、私にとっては楽しい遊びです。

陽射しが感じられるようになって来ましたので、あとで、外に出て試し撮りしてみましょう。と思ったら、また雲が出てしまいました。

気になる投稿はありますか?

  • Qを今また使い始めるQを今また使い始める 少し前、長いこと使わずにあったカメラを、ひとつのきっかけで使い始めたことを本コーナーで書きました。 そのカメラは、キヤノンのデジタル一眼レフカメラのEOS 30Dです。 https://indy-muti.com/39463/ このEOS […]
  • 2011/10/08 「フィルム調 K」で「コダクローム64」気分?2011/10/08 「フィルム調 K」で「コダクローム64」気分? 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはMP3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更 例によって、今回も、私が趣味で愉しんでいる動画関連について書きます。 昨年の10月末、動画のLog撮影をまたしてみたい欲求が起こり、一年半ほど私の手元を離れていたソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のα7 IIを再び使い出したことは本コーナーで何度となく書いてます。 https://indy-muti.com/37310/ ソニーのα7 […]
  • 私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方 私が現在使っているソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)、α7 IIですが、使い出したのは昨年10月末ですので、使い始めて3カ月になります。 これを使い出すまでの1年半はキヤノンのミラーレス、EOS RPを使っていました。しかし、そのカメラでは動画のLog撮影ができないため、EOS RPに換えるまで使っていたα7 […]
  • 画素数競争に背を向けて画素数競争に背を向けて デジタル技術が発達し、動画の撮影や再生が一般的になりました。それ以前、動画の再生を別にすれば、動画の撮影は一部の人に限られていました。 私は昔から、映像に強い興味を持ちます。今は動画といわれるものを、昔は映像といいました。それを楽しめるのは、映画館のスクリーンと、テレビ放送が始まって以降のテレビ受信機によってでした。 その当時、映画作品やテレビ番組の制作に関らな […]