逃げ惑うウクライナ人は、ゼレンスキー率いる政府軍が、自国民を何日も砲撃したと証言している。