米国では相変わらずCOVID-19による危機が演出され、ファシズム体制の樹立へ(櫻井ジャーナル)

米国では相変わらずCOVID-19による危機が演出され、ファシズム体制の樹立へ(櫻井ジャーナル)

気になる投稿はありますか?

  • 2013/07/03 HPVワクチン導入の黒幕2013/07/03 HPVワクチン導入の黒幕 前回の続きで、大問題のわりにはマスメディアで大きく取り上げられず、それだからネットの掲示板でもスレッド自体がほとんど見当たらない「子宮頸がんワクチンヒトパピローマウイルスワクチン(HPV)」について取り上げます。 2009年10月に我が国で承認したHPVワクチンがグラスコ・スミスクライン(GSK)社の「サーバリックス」で、これはHPVの16型と18型の予防に効果がある […]
  • 横並びが好きな日本はCOVID-19の対応でも横並び横並びが好きな日本はCOVID-19の対応でも横並び 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が、社会の様々なところに出ています。 家でとっている地方紙には、月のはじめに、東京都内でその月に開かれている美術展を紹介するコーナーがあります。それが新聞に載ると切り抜き、PCの液晶モニタを置いたテーブルの上の棚の前に張り付ける習慣があります。 何気なくそれを見ると、今開かれている美術展のほとんどが、COVID-19感 […]
  • E氏と50年ものラジオE氏と50年ものラジオ あなたには、何十年も愛用する物があるでしょうか。 私は物持ちが良いほうで、一度使い出しますと、それが機械類であれば、壊れて使えなくならない限り使うことが多いです。 こんなことを書き出したのは、新聞を見たことです。本日の日経新聞は、別刷りとして「人生100年の羅針盤」という12ページの新聞がついてきました。 正直な話、中身はまだ目を通した程度ですが、その一面 […]
  • Il n’est pas encore minuit…Il n’est pas encore minuit… https://vimeo.com/154179095
  • 2005/02/06 木口木版画家・小林敬生の世界2005/02/06 木口木版画家・小林敬生の世界 今日は一日何もせず、ただぼんやりと物思いに耽っていようと思っていた、のですが、日経新聞に私の関心を呼び覚ますような記事が載っていたので予定変更です。取り急ぎ、それについて少し書くことにします。 そして、それを書き上げたあとには油絵具で遊ぶことにします。 で、今日、私の心を捉えた記事は何かといいますと、日経新聞の「芸術・教養」欄に掲載されていた版画家・小林敬生(こ […]