2001/02/02 言葉のキャッチボール

今日はほんの思いつき(いつも思いつきですけれどf(^_^;))、DVについて書いてみたいと思います。

で、この場合のDVとはデジタル・ビデオのこと、、、ではありません。「ドメスティック・ヴァイオレンス(Domestic Violence)」のことです。

DV。最近よく言葉だけは見聞きするのですが、恥ずかしながら、 私自身は意味を良く知らなかったので、ちょっとばかり辞書を引いてみました。直訳すれば、「家庭内暴力」といった意味でしょうかね。

最近、男女間の主に男性から女性(この逆のケースもあるのでしょうか?)に対する暴力が問題になっています。もっとも、問題になったのは最近かもしれませんが、そうした暴力行為自体は、閉じた空間で行われるという性格上、これまでも行われていたものの表沙汰にならなかっただけかもしれませんが。

先日の『クローズアップ現代』(NHK総合/月曜~木曜19:30~19:56)でも取り上げられ、私もたまたまその放送を見ました。

番組内では、実際に妻に対して長期間に渡って暴力を振るってしまったという男性のケースが2つほど紹介されていました。先ほども書きましたが、現代の核家族という環境では、夫婦のいざこざを止めに入る人間が家庭内にいません。結果、夫の妻に対する暴力は歯止めを失い、エスカレートしやすいという性格を持ちやすくなります。

番組で紹介された2つのケースとも、その原因はいずれも些細なことばかりでした。私自身は未婚で、すなわち妻がいない(未婚で妻だけいたらコワい?(^.^;)のでもう一つ実感を伴って考えられないのですが、やはり、男性たるもの、ちょっとしたことで妻に手が出てしまうものなのでしょうか?

また、妻の立場からすれば、いくら最近の女性は強くなったとはいってもやはりそこは女性で、体力的に不利なことに変わりはありません。そんな体力的には優位な立場の男性から日常的に“密室”で暴力を振るわれ続けることは恐怖以外の何ものでもないでしょう。

さらに、当事者二人が恋愛期間であったなら簡単に別れることもできるのでしょうが、ひとたび結婚という契約を交わしてしまうと、おいそれと離婚することもできなくなってしまうのかもしれません。

これはラジオで耳にした話なのですが、そのように「暴力行為に出てしまう人というのは、他人ひととのコミュニケーション、特に言葉のコミュニケーションにおいて未成熟である」というようなことを話されていました。

うろ覚えなので正確にはどのようないい方だったか自信が持てないないのですが、私の記憶の範囲内でもう少しその点を補足しますと、人間と他の動物との一番大きな違いは、「言葉を遣ってのコミュニケーション」である、とのことです。それはそうですね。馬同士が言葉を遣ってコミュニケーションをしている場面に出くわしたことはありません(^_^;

で、この場合の言葉のコミュニケーションですが、難しく考えることはないのだそうです。それは、上手な言葉遣いをする、という意味ではないからです。

一例を挙げますと、誰かがあなたを傷つけるようなことをいったと仮定しましょう。そのとき、あなたがそれを不快に感じたのなら、ハッキリと自分の言葉で自分の不快な感情を相手に伝えることが大切なのだそうです。どんな表現でも構いません。「どうしてそんなこというの!?」でも「そんないい方をしないで!」でも何でもいいでしょう。

日本人の、マイナスの意味での美意識というものが邪魔をするのか、自分が不快な思いをさせられてもそれを相手にぶつけずに、自分の中にため込んでその場を穏便に済ます、ということが往々にしてあります。しかし、それは良くない、というわけです。それが積もり積もった結果が暴力という原始的な行為となって相手に向かうことがある、というのですから。

あれはいつでしたか、数学者で大道芸人でもあるピーター・フランクルさんもラジオで同じニュアンスのことを話されていました。

彼はハンガリーの出身だそうで、世界各地を放浪した末、日本に住み着き、「このまま日本に骨を埋めたい」というほど日本に惚れ込んでいるそうです。そんな彼が敢えて日本人に苦言を呈するとすれば、それは「日本人の意見表明意識の希薄さ」であるそうです。

日本人は、もっと自分の意見をハッキリというべきです。それが必要だと思いますね。とにかく自分の考えがあったらまずいっていみる。最近であれば、インターネットで自分のいいたいことを書いてみるのもいいでしょう。で、そうやって自分の意見をいうことによって、時には、自分の考え方が間違っていたかなぁ、と気づくこともあるかもしれません。ついでにいえば、間違うことは恥ではありません。ですから、日本人の皆さん、もっと自分の意見をいいましょう。

こんな感じだったかな? 多分に私の脚色が入っていますね。違っていたらごめんなさい、ピーターさん。いずれにしても、現在カップルの人がいたら、手を出すのではなく、お互いもっと口を出しましょう。とにかく、自分の思ったことを臆せず相手にぶつけてみる。そうやって言葉のキャッチボールをしていれば、自分の中に不完全燃焼な感情をため込まずに済むのですから。

ですが、、、私の場合はそれ以前に、言葉のキャッチボールをしてくれる相手を見つけないとね。そんなわけで、「誰か物好きな人がいたら相手になって。なってくれないと殴るゾ(`ε´) 」てそれが一番いけないと今書いたばかりだったf(^_^;)

気になる投稿はありますか?

  • 桂文楽のプロフェッショナル魂桂文楽のプロフェッショナル魂 ここ最近、私はAmazonが提供するAudible(オーディブル)を使い、オーディオブックを耳で楽しむことを熱心にしています。 今月一日からその利用を始め、今月いっぱいは、月額1500円かかるところ、無料で利用できる権利を得たことによってです。 この話題について前回は、井上ひさし(1934~2010)の講演会について書きました。 https://indy […]
  • オーディオブックにはエッセイが好相性オーディオブックにはエッセイが好相性 切りのいい今月一日から、Amazonのあるサービスの利用を始めました。それはAudible(オーディブル)というものです。 知っている人や利用している人には説明の必要がないでしょう。 これは、文字で書かれた本を、プロが朗読したオーディオブックで楽しめるサービスです。出版されたすべての本がオーディオブックになっているわけではありませんが、自分が読みたい本がオーディ […]
  • 等身大の大人を感じさせる清張作品等身大の大人を感じさせる清張作品 海外で、日本のように、純文学とそれ以外の大衆小説とに分けられているか知りません。 日本ではそれが分けられ、それぞれを書く小説家自身も、自分は純文学の作家だ、自分は大衆に向けた小説を書く作家だと考えているふしがあります。 また、それぞれを読む読者も、そのような気持ちで作品に接しているのではないでしょうか。 このように分けられた場合、大衆小説よりも純文学のほう […]
  • 村上と竹内の共通点村上と竹内の共通点 世の中は大型連休に入りました。私は休日とは関係なく過ごしていますので、それが大型だといわれても、何も変化がありません。 そんな私ではありますが、今の時期、各地で高校野球春季大会が開かれており、この時期は例年、その観戦に出かけるのが習慣となっています。 昨日(28日)も高い気温の中、球場のスタンドで観戦してきました。 球場への行き返りの電車の中や、球場で試合 […]
  • 駒音高く4一飛駒音高く4一飛 私は昔から、日曜日の午前中に放送される「NHK杯テレビ将棋トーナメント」を見る習慣を持ちます。それでありながら、2012年までは将棋のルールがわからないまま見ていました。 https://indy-muti.com/41522 こんな私ですから、今も、番組を見てはいても、将棋の本当の面白さというのはまったくわかっていません。 そんな私ではありますが、今 […]