カテゴリー
天気

2019年12月2日(月)

昨日から今日にかけ、日本列島を低気圧と前線が通過していきました。

昨夜の予報では、関東の雨は昼頃がピークということでした。

南部の当地は、明け方からごく弱い雨が降っていました。午前中は降っても弱い雨でしたが、昼頃から雨の降り方がしっかりしました。その雨は昼過ぎにかけて降り、雨が強く降る時間もありました。

関東では横浜や鎌倉藤沢のあたりで雨が激しく降ったようです。午後7時前の時点でも、神奈川県内には大雨などの警報が出たままでした。横浜では突風が吹き、大型のトラックが横倒しになった様子が、ニュースで報じられました。

当地の雨は夕方には上がっています。外へ出て空の様子を確認したところ、三日月が綺麗に見えました。そのあと、もう一度確信したときは、月に雲の薄いベールがかかっていました。

低気圧が、明日はオホーツク海で急速に発達します。その影響で、北海道は猛吹雪になるところがある予報です。日本海側は天気が崩れ、東北から北では風が強まり、瞬間最大風速が35メートルと予想されています。

関東は朝から夜まで安定して晴れます。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日より3℃歩高い9℃、最高気温は1℃ほど高い17℃です。12月にこの気温まで上がるのが信じられない気分です。

日中の気温が高いのは関東だけで、他は全国的に気温が下がる予想です。どうやら、関東でタイムラグが発生し、全国に遅れて夜に気温が下がるということです。

午前9時の都心の予想気温が11℃で、午後9時が10℃と夜に向かって気温が急降下します。ですので、帰宅時間が午後9時以降の人は、そのあたりを考え、防寒対策を採ることをお勧めします。

カテゴリー
日々の独り言

栃木の少女監禁事件の報道が急に消滅

私はテレビのニュースはほとんど見ません。例外的に、本サイトの“天気コーナー”的「天気の話」を毎日更新するため、午後6時台の関東ローカルニュース「首都圏ネットワーク」を見るだけです。

民放のニュースやワイドショーの類いは、頼まれても見る気にはまったくなりません。

ですので、民放の主に夕方のニュースやワイドショーでどんな話題を取り上げているのかは、新聞のテレビ欄で確認できる範囲でしかわかりません。

私は毎日、早い夕食を摂りながら、それらを確認する習慣があります。そうすることを繰り返すことで、マスメディアがときどきの話題を恣意的に選んでいるのが見えてきます。

カテゴリー
テレビ番組

2019年12月2日(月)

シネマ『キューポラのある街』(1962年日活)-NHKBSプレミアム/13:00~14:41 監督・浦山桐郎▼原作・早船ちよ▼脚本・今村昌平、浦山桐郎▼音楽・黛敏郎▼撮影・姫田真佐久▼出演・東野英治郎、杉山徳子、吉永小百合、市川好郎、岩城亨、鈴木光子、森坂秀樹、浜村純、菅井きん、浜田光夫、北林谷栄、殿山泰司、川勝喜久雄、日吉順子、下元勉、加藤武、西田隆昭、坂本勇男、岡田可愛、青木加代子、小林昭二、溝井哲夫、青木富夫、澄川透、土田義雄、会田孝久、武田晴道、谷岸典久、杉山元、河上信夫、小沢昭一、小泉郁之助、手塚央、吉行和子、ほか▼キューポラと呼ばれる煙突が立ち並ぶ鋳物工場の町を舞台に、高度経済成長期、貧しくも明るく懸命に生きる若者たちの感動のドラマ。鋳物職人の父が工場を解雇され、中学三年生のジュンは、高校進学のため、ないしょでアルバイトを始める。だが、プライドばかりが高い父は、せっかくの再就職先も辞めてしまう。脚本は今村昌平、浦山桐郎の監督デビュー作で、吉永小百合は当時史上最年少でブルーリボン主演女優賞を受賞した。

吉田類の酒場放浪記「荻窪『酒処 かみや』」-BS-TBS/21:00~22:00 JR荻窪駅の目の前に店を構えて60年。入り口から並ぶテーブル席の間を抜けると 一番奥の厨房前に6席ほどのカウンターがある。今は三代目夫婦を中心に店を切り盛りしているが、二代目夫婦は今も厨房に立っている。浅草・神谷バーとつながりのあった初代が「かみや」の名を貰い店を始めたという。ご常連のオススメは旬の魚介を使った「ぬた盛合わせ」。6種ほど入る豊富さに吉田さん曰く「夢中になる」。創業から変わらぬ味の「もつ煮込」と神谷バーの代名詞「電気ブラン」を合わせれば、昭和30年代にタイムトリップしたかのよう。料理の味はもちろんのこと、一人でもふらっと気軽に来れる入りやすさと昭和の酒場の雰囲気が駅前で60年続く理由かもしれない▼ナレーター・河本邦弘

ワタシが日本に住む理由「小型飛行機で空中散歩!北海道に住むドイツ人 ペーター・ステーガー」-BSテレ東/21:00~21:55 北の大地の大空を小型飛行機で飛び回るドイツ紳士ペーター・ステーガーさん。幼い頃からの乗り物好きが高じて陸海空の乗り物を制覇。夢を叶え、超一流企業の役員にまで上り詰めたものの、男のロマンを追って脱サラ。今やストレスフリーのセカンドライフを送る小さな飛行場の管理人ステーガーさん。その逆算の人生観とは!? 寿司屋までふらっと飛行機で!? 北海道の大空と自由を満喫するステーガーさんの、日本に住む理由とは?▼司会・高橋克典▼アシスタント・池谷実悠(テレビ東京アナウンサー)

にっぽん!歴史鑑定「なるほど!江戸時代・殿様の暮らし」-BS-TBS/22:00~22:54 江戸三百諸侯といわれた江戸時代の大名たち。1万石以上の知行を持つ、いわゆるお殿は、領地である藩の主でもありました。時に、数千人もの大行列を組み、江戸と国元を行ったり来たりの参勤交代。その費用は今のお金で数億円もかかったとか。それでも経費削減ができなかった意外な理由とは。また、江戸時代のお殿様たちは実に個性豊かでした。温水プール大名に、相撲オタク大名。吉原通いで将軍謁見に遅刻した大名。寒ブリが好き過ぎて人生を棒に振った大名まで。生涯に7度も引越しさせられた? その裏に隠された厳しい大名統制とお殿様たちの思惑とは?▼出演・田辺誠一▼ナレーター・鈴木順