Lost in the Stars(カーラ・ブレイ|フィル・ウッズ)

リクエストカード(301)

種村さん、こんにちは。今回は七夕の夜にズバリ「七夕」で募集する回宛てです。棚ぼた(?)でもいいので番組でかけてもらえたら嬉しいです(^m^) ▼「七夕」当日ということで、聞きかじりの星の話をひとつ。「夏の大三角(形)」というのをお聞きになったことがあるでしょう。日本からは、月遅れの「七夕」の頃ですから、8月上旬が観察に適しているそうですが、3つの星が夏空に描く三角形です。▼頂点の位置にあるのが「ベガ」。底辺の左が「デネブ」、右が「アルタイル」です。そして、この「ベガ」こそが「織り姫星」で「アルタイル」が「彦星」なのだそうです。これらふたつの星の間を天の川が流れていることになるのでしょうか(´・ω・`) ▼星の話をもうひとつ。宮沢賢治の童話『よだかの星』もご存じでしょう。よだかは、何も悪いをしていないのに、外見の醜さから、他の鳥たちみんなから嫌われてしまいます。タカからは「名前を変えろ」と迫られます。その場に居られなくなったよだかは、苦しさにもだえながら空を飛び回り、やがて夜空の星になるというお話です。よだかの星は、カシオペア座の隣りにあり、後ろには天の川が流れている、と宮沢賢治は書いています。今度探してみましょうか。