8月14日Vol.576 覚悟も哲学も持ち合わせていなかった愉快犯な「当事者」津田大介閣下が撒き散らした腐臭!その彼を擁護・糾弾・冷笑する、大きな声で「正義」を語る左右の面々への違和感!