DEAD FROM THE WAIST DOWN(カタトニア)

リクエストカード(181)

ぶっちゃけた話、これを書いているのは2008年暮れでまだ「明け」ていません。が、明けましておめでとうございます。2009年も気の赴くままにリクエストしますので、よろしくお願いします(^ー^)ノ▼さて、新年最初の月曜日は「希望」で募集ですね。ということで、この曲を選んでみました。夢見るようなイントロで始まり、メロディもそしてヴォーカルのケリス・マシューズの甘い歌声も“希望”を充分に感じさせてくれます。が、内容は音から受けるイメージほどではなかったりしますf(^_^) 危なっかしい状態にあるカップルの女性の想いが歌われているので…。でも、歌い出しの歌詞は”make hay while the sun shines”という英語の諺に通じ、これは「善は急げ」とか「好機を逃すな」ぐらいの意味だそうです。また、”make hay not war”と繰り返し、パートナーに「争いはやめて今すべきことをしましょう」と訴えかけています。また、「勝利は無意味。敗北の中に学ぶべきものがある」ともあり、それやこれやで、男女の関係を越え、人と人や国と国の付き合い方へのメッセージにもなっている、かな (´・ω・`)?