映画撮影の段取りに興味を持って見る『刑事コロンボ』

映画はどのように撮影するのか興味があります。私のこの興味は、1カット1カットをどのような順番で撮影するのか、という具体的なことです。

きっかけは、毎週土曜日の夕方にNHK BSプレミアムで放送される米国ドラマ『刑事コロンボ』を見たことです。これを見るのが習慣となっていますので、同じようなことは毎回頭に浮かぶはずですが、今回はなぜか、それが特別気になって、番組を見ました。

この土曜日に放送されたのは、シリーズ38作目の『ルーサン警部の犯罪』です。米国で初回に放送されたのは、1976年10月10日です。日本では、1977年12月17日にNHK総合で放送されています。

本作で犯人役を演じたのは、米国のテレビシリーズ『宇宙大作戦 スター・トレック』19661969)で人気スターとなったウィリアム・シャトナー1931~)です。

私は『スター・トレック』のシリーズは見ていませんので、この俳優にも馴染はありません。シリーズを見ていた人は、犯人役を見て「あの人だ」とすぐに気がついたでしょう。

Star Trek Balance of Terror (part 1 of 7) TOS (The Original Series)
本日の豆知識
ルーサン警部を演じたウィリアム・シャトナーは、米国人にしては背があまり高くありません。コロンボを演じるピーター・フォークも高くなく、ふたりは同じぐらいです。
それが話の種になっており、ルーサン警部を演じる彼は、誰にも内緒で、背が高く見える靴を履き、実際より5センチ程度高く見せています。
本日の豆知識2
『スター・トレック』出演者としては、レナード・ニモイも『溶ける糸』(1973)で犯人役を演じています。

『刑事コロンボ』シリーズは全部で69作あります。そのうち、旧シリーズは45作で、残り少なくなってきました。

旧シリーズ最後の『策謀の結末』が米国で放送されたのが1978年5月13日で、新シリーズ1作目の『汚れた超能力』の放送が米国で始まったのが1989年2月6日ですから、旧と新の間には11年の空白があります。

日本での放送に関していえば、コロンボ役の吹き替えが、小池朝雄19311985)が亡くなったことで、石田太郎19442013)に替わっています。

個人的には、石田のコロンボは、調子にのってしゃべっているように聴こえることもあり、小池コロンボの旧シリーズの方が好きです。

新シリーズは、放送局がNHKから日本テレビに替わり、新シリーズ初回の放送は、1993年5月7日です。

シリーズ63作目の『4時02分の銃声』にも、本作で犯人を演じたウィリアム・シャトナーが犯人役で登場します。これが米国で放送されたのは1994年1月10日で、本作から18年あとです。

別のいい方をすれば、息の長い俳優といえましょう。

The Best of William Shatner | Columbo

ざっと、『コロンボ』シリーズについて書きました。

この土曜日放送の『ルーサン警部の犯罪』は、米国で『ルーサン警部』というテレビドラマが放送されていることになっており、その番組でルーサン警部役をする人気俳優が、番組の女性プロデューサーを射殺するという設定です。

Columbo Investigates William Shatner’s Case | Columbo

犯行場面は残酷です。

殺される女性プロデューサーは、人気俳優を見出した人です。プロデューサーは男優と気心が知れていると考え、変装して現れた犯人がルーサン警部役の男優であることにすぐに気づき、冗談はやめてといった調子で、手を挙げる振りをします。

まさか、本当に銃を発射するとは思っていないのです。ところが、男優は、背後から彼女の心臓を正確に撃ち抜いてしまうのです。彼女は死ぬ間際、「なんで?」と思ったでしょう。

話の筋はともかく、番組の後半、コロンボが犯人を取り調べる場面を見ていて、本日分冒頭で書いた、撮影の順番が気になり、以後は、それを頭に描きながら、最後まで見ました。

この時代の米国ドラマは、ドラマの撮影であっても、実績のある撮影監督が撮影を務めています。

本作の撮影監督は、ミルトン・R・クラスナー19041988)です。クラスナーは1904年生まれですので、本作の撮影監督を務めたときは72歳であることがわかります。

名前を聞いても私にはわかりません。ただ、クラスナーが撮影監督を務めた作品を見ると、ハリウッドが黄金期を迎えていた時代の作品が多いように思います。以下に、担当した主な作品を公開順に上げておきます。

作品名公開年監督出演
暗い鏡1946年
ロバート・シオドマク
オリヴィア・デ・ハヴィランド
リュー・エアーズ
トーマス・ミッチェル
1949年ロバート・ワイズロバート・ライアン
イヴの総て1950年ジョセフ・L・マンキーウィッツベティ・デイヴィス
アン・バクスター
モンキー・ビジネス1952年
ハワード・ホークス
ケーリー・グラント
ジンジャー・ロジャース
チャールズ・コバーン
マリリン・モンロー
愛の泉1954年ジーン・ネグレスコクリフトン・ウェッブ
ドロシー・マクガイア
ジーン・ピーターズ
ルイ・ジュールダン
ロッサノ・ブラッツィ
七年目の浮気1955年ビリー・ワイルダーマリリン・モンロー
トム・イーウェル
バス停留所1956年ジョシュア・ローガンマリリン・モンロー
ドン・マレー
続・猿の惑星1970年
テッド・ポスト
チャールトン・ヘストン
ジェームズ・フランシスカス
キム・ハンター

『刑事コロンボ』シリーズでクラスナーが撮影を担当したのは本作だけのようです。クラスナーが撮影したのは、あとで確認してわかりましたが、結果的には、クラスナーの撮影だったため、何となく撮影スタイルがオーソドックスで、撮影の段取りが気になったのかもしれません。

部屋の中で、コロンボと犯人が、それぞれ椅子に座って、受け答えするシーンがあります。

撮影するカメラは、三脚に固定されています。

撮影するカットは、大きく分けて、3通りになります。ひとつは、ふたりが写るカット。あとのふたつは、それぞれひとりだけが写るカットです。

コロンボ
ルーサン警部
コロンボとルーサン警部

普通に考えると、脚本に書かれているとおり順番に撮影すると考える(?)かもしれません。

しかし、そんなことをしたら、カットが変るたびに、三脚に載せた重いカメラ(米国はテレビドラマも、映画と同じ35ミリフィルムを使うと聞きます。ですから、1970年代当時のカメラは大きくて重かったでしょう)を移動し、フォーカスを正確に合わせ直し、俳優にあたる照明の向きを変え、レンズの露出を適正に合わせ直し、音声の採り方も変えなければならないなど、さまざまな作業を一からやり直す必要ができてしまいます。

もしかしたら、日本の撮影現場では、効率を度外視して、脚本どおり、順番に撮影することをしている場合もあるかもしれません。

その点、米国の撮影現場は、効率重視で、てきぱきと撮影していきます。

効率よく撮影するには、どんな工夫が必要でしょう。

一度カメラを据えたら、同じ構図の場面を、脚本の順番を無視して、次々に撮影することです。

俳優がひとりだけ写るシーンで、相手と話す場面であっても、相手は休憩室で休んでもらっても構いません。相手が目の前にいることにして、演技し、カメラに収めていくのです。

相手がいることを前提に演技をする場合は、視線が重要になりそうです。

撮影現場をイメージできるでしょうか。

たとえば、コロンボが、相手の話すことに苦笑するシーンがあったとします。演技をするコロンボ役のピーター・フォーク19272011)の前にはカメラがあるだけで、相手役はいません。

ピーター・フォークは、カメラに向かって、相手に対して苦笑するシーンを演じるのです。

この撮り方であれば、監督なり、撮影監督なりが気に入る演技ができるまで、何度でも撮りなおすことができます。あるいは、何通りかの演技をしてもらい、編集の段階で、最も良いと思われる演技を選ぶこともできます。

Columbo Is Blushing | Columbo

こんなことを考えながらドラマを見ていると、自分でも映画を撮りたくなってしまいます。ま、そんなことは、一生涯叶いませんが。

今は、ハリウッドでも、デジタル技術で映画を制作しています。監督も撮影監督も、考え方が一新され、オーソドックスな撮影の仕方はしていないかもしれません。

私は、映画でもドラマでも昔の作品を見るのが好きです。これからも、昔の作品を見る時は、撮影監督になったつもりで、カットのつながりを楽しむことにしましょうか。

気になる投稿はありますか?

  • 鉄道人身事故が急増中鉄道人身事故が急増中 異常な状態にあると感じます。毎日のように、Yahoo!ニュースに鉄道の人身事故の記事が上がっていることです。 鉄道人身事故データベース いずれも二行程度の記事で、詳しいことはわかりません。わかることは、電車や列車に人間が撥ねられたり引かれたりして命を落とすか、命を落としかねない重傷を負っていることです。 事故は駅のホーム付近や踏切付近で起きています。 […]
  • 富士フイルムに持たれている懸念富士フイルムに持たれている懸念 富士フイルムのカメラ界隈で「そんなこと」が起きていたことを私はまったく知りませんでした。どんなことが起きていたかは、ネットの動画共有サイトYouTubeに、それについて取り上げた動画がいくつも上がっています。 たとえば、下に埋め込んだ動画がそのひとつです。 https://youtu.be/AMd5EZoKvIc 富士フイルムのプチ炎上した件について 私 […]
  • 突然死を疑え突然死を疑え Yahoo!ニュースで立て続けにふたつ、個人的に気になる記事がありました。 ひとつは、人気の振付師という真島茂樹氏(1947~2024)が、今週水曜日(22日)、虚血性心不全(虚血性心疾患)で急逝されたという記事です。 振付師、真島茂樹さん急死 マツケンサンバⅡ生みの親 オネエキヤラでも人気 前日まで講演も… そしてもうひとつは、米国で1990年代に人 […]
  • パンデミック条約反対は隠れ蓑パンデミック条約反対は隠れ蓑 昨日、ネットの動画共有サイト「ニコニコ動画」で次の動画に気がつき、面白いと思って本サイトで紹介しました。 コロナワクチンを否定する参政党の本当の目的と支持する有名人3人の謎について。 これは、動く映像はなく、実質的には配信者の語りを収録した音声ファイルです。語られていることの多くに私は頷くことができました。 今月13日、東京・池袋で1万9千人規模の […]
  • 人を毒害に導く報道人を毒害に導く報道 年度末の3月いっぱいで、新型コロナウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)の接種、および、新型コロナウイルスの有無を検査するためだとされているPCR検査は、希望者が有料で受けるように変更されます。 高齢者や基礎疾患がある人の扱いがどうなっているか、私は詳しく確認していません。 コロナ定期接種、7000円に 24年度、65歳以上高 […]