「4分」は「よんぷん」?「よんふん」?

ほかの人がどの程度気にしているのか、それともまったく気にならないのか知りませんが、私はあることが気になります。これは前からですが、今回初めてここに書きます。

それは時間の数え方です。

この気になることが必ずあるのは、毎週日曜日の午前10時30分から午後0時の間です。この時間帯には、対局がある限り、「NHK杯テレビ将棋トーナメント」が放送され、私は可能な限り見る習慣です。

☆「写真AC」の素材を使用しています

放送時間は1時間30分ですが、始まりの時間には、挨拶やトーナメント、対局者の紹介とインタビュー、解説者の挨拶などがあります。締めくくりの時間には、次回に対局の予定があれば、そのアナウンスがあります。

ですから、対局にあてる時間は1時間25分程度になりましょうか。

この短い時間で決着するため、対局者が考える時間は短く、早指しの対局になります。ルールは次の通りです。

こここでおさらいしておきますと、次のようになります。

  • 持ち時間はそれぞれ10分ずつ
  • 持ち時間を使い切ると、1分単位で10回の考慮時間がある
  • 10回の考慮時間を使い切ったあとは、30秒以内に指す

私が気になりますのは、考慮時間の読み方です。10分から1分までどのように発音するのが正しいのだろう、ということです。

ちなみに私は、次のように発音します。違いを示すため、平仮名で書き、カッコ内に数字と「分」を入れます。

  • じゅっぷん(10分)(※「じっぷん」という読み方もあるでしょうか?)
  • きゅうふん(9分)
  • はちふん、はっぷん(8分)
  • ななふん、しちふん(7分)
  • ろっぷん(6分)
  • ごふん(5分)
  • よんぷん(4分)
  • さんぷん(3分)
  • にふん(2分)
  • いっぷん(1分)

あなたはそれぞれ、どのように発音するでしょうか。

私が気になるのは「よんぷん(4分)」です。

番組には女性の司会者で、解説の聞き役も勤める女流棋士が出演します。現在は、藤田綾女流二段と中村桃子女流初段が交代で担当しています。今日は藤田さんの担当でした。

その藤田さんは、「4分」を必ず「よんふん」と発音し、それを耳にするたびに、まあ、特別強くではありませんが、気になります。

記録係は、プロ棋士を目指す奨励会の会員が担当します。今日記録係を担当したのは中沢三段でしたが、中沢氏は「よんぷん」と発音していました。

NHKは公共放送の手前もあって(?)か、文字の読み方も細かく定めています。たとえば数字ですが、「0」は「ぜろ」とは読まず、「れい」に統一するといったあんばいです。

ですから、東京の郵便番号を読み上げる時も、「03」を「ぜろさん」とは読まず、「れいさん」とアナウンサーは必ず読んでいるはずです。

そのNHKが製作する将棋番組は、時間の読み上げ方はどれが正しい、といったことは定めないのでしょうか。

それとも、これは私の勘違いで、「4分」を「よんふん」と読むことも正しいのでしょうか。

前から気になっていますので、つまらないことですが、取り上げてみました。

気になる投稿はありますか?

  • 2011/06/11 手業の世界・美容と絵画の場合2011/06/11 手業の世界・美容と絵画の場合 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 2015/06/02 投資の意味を藤野氏の本で知る2015/06/02 投資の意味を藤野氏の本で知る あなたは、藤野秀人という人をご存じでしょうか。 「はい。よく存じ上げています」と答えられる人は、さあ、どうでしょう。10人に1人はいないと思いますので、100人に1人。これでも多いですか。となれば1000人に1人。これでもまだまだ? だったら、10000人に1人、100000人、10000000人に1人ならどうだ! 実数に近づいたでしょうか? 私も、昨年11月に […]
  • 新調したコードレス電話と知らなかった3桁番号サービス136新調したコードレス電話と知らなかった3桁番号サービス136 世の中、知らないことがまだまだあります。昨日、私はあることを初めて知りました。 そのきっかけは、新しい電話機を買ったことです。 今の時代、電話といいますと、多くの人はスマートフォン(スマホ)を中心とする携帯電話を考えるでしょう。 私は、暗号資産(仮想通貨)の投資をしたことで、二段階認証が必要になり、スマホを1年ほど使いました。私がそのときに契約したのは、シ […]
  • 2013/07/03 HPVワクチン導入の黒幕2013/07/03 HPVワクチン導入の黒幕 前回の続きで、大問題のわりにはマスメディアで大きく取り上げられず、それだからネットの掲示板でもスレッド自体がほとんど見当たらない「子宮頸がんワクチンヒトパピローマウイルスワクチン(HPV)」について取り上げます。 2009年10月に我が国で承認したHPVワクチンがグラスコ・スミスクライン(GSK)社の「サーバリックス」で、これはHPVの16型と18型の予防に効果がある […]
  • 2016/01/13 名は体を表さない公明党2016/01/13 名は体を表さない公明党 「名は体(たい)を表す」といいます。同じことは政党の名前にもいえるでしょうか。たとえば、公明党の場合はどうでしょう。 この党ができるとき、党名に「公明」をつけたのは、「公平で、不正や隠し立てがない」党を目指したからでしょう。とすれば、公明党という党名は「名は体を表さず」といいますか、実態が名に圧倒的に劣っていることは指摘せざるを得ません。 そもそも、この党は、新 […]