2001/04/29 メイプルソープ

今日の日経新聞・書評欄にある写真家について書かれた本が紹介されています。

それは、写真家・ロバート・メイプルソープ(Robert Mapplethorpe 1946-1989)について書かれた本で、『メイプルソープ』(パトリシア・モリズロー著/Patricia Morrisroe 米国生まれ。ニューヨーク大学で修士号を取得。編集者、ライター / 新潮社)とそのものズバリのタイトルがつけられています。

その本を紹介する記事の見出しは、「美と闇に生きた写真家の実像」です。「美と闇」_まさにメイプルソープを象徴するような言葉ではあります。

私は写真雑誌や美術雑誌を通して彼の名前はよく耳にしていました。で、「確か、彼の写真集も持っていたはずだよなぁ」と探してみたところ、、、ありました、ありました(^-^)

“Lady by Mapplethorpe”(JICC出版)というのがソレです。この写真集は1984年に『Ladyリサ・ライオンBYロバート・メイプルソープ』というタイトルで一度出版したものを新装し直し、1992年に改めて出版したもののようです。

初版のタイトルにもあるリサ・ライオン(1979年第1回世界女性ボディビル・チャンピオン)という名の女性をモデルに撮られた写真集です。

リサ・ライオン(Lisa Lyon)_何だかインパクトのある名前でしょ? ですよね? 私は彼女の名前も記憶に残っていたりするのですが、彼女は当時割と知られた“パフォーマンス・アーティスト”で、その経歴からもわかるとおり、ボディビルによって鍛えられた肉体を持っていました。

ただ、彼女自身、その鍛え上げた肉体も程なく失われることをわかっていて、それを写真に収めておきたい、といった思いが強くあったようです。

今回、その写真集をざっと見返してみましたが、そこに収められたモノクローム写真は、女性の裸体が写し取られているにも拘わらず、どれも不思議なほどエロティックなものを感じさせません。リサ自身の表情にも笑顔はなく、どこかストイックな雰囲気さえ漂っています。硬質な光を放つ写真、とでもいったらいいのでしょうか。

リサ・ライオンのポーズのデッサン
写真集を見てリサ・ライオンを私がデッサンしたもの(2001.4.29)

その写真集に書かれている彼の経歴を読みますと、最初、彼は音楽に関心があったらしく、サキソフォーンを吹いたりするのが好きな少年だったようです。そして一時は、音楽で身を立てることも夢見たようですが、両親の薦めもあり、コマーシャル・アートを学ぶことで落ち着きました。

やがてニューヨークのマンハッタンに移り住んだ彼は、当時無名だった歌手のパティ・スミスと暮らし始めることになります。彼が写真に出会うのはそんな時期です。

初めて手にしたカメラはポラロイド・カメラです。そこで写真の可能性を直感したのかどうか知りませんが、その後ハッセルブラッドスウェーデン製の有名な中判カメラ。真四角の画面が特徴的)に持ち替え、本格的に写真に取り組み始めます。

写真という自分に合った表現手段を手にした彼は、己の嗜好を写真というメディアによって表現し始めます。彼の嗜好とは_「同性愛、SM、糞尿嗜好」などです。

どれも一般社会では受け入れ難い厄介な“分野”ばかりですね(^^; しかし、彼は臆することなく自らの信ずるフィールドで作品を発表し続けていくことになります。

今回の記事によりますと、彼は名声を得てからも「夜の放蕩」を改めなかったとあります。彼の場合の「夜の放蕩」とは、華やかなパーティに出たあとでさえも、一夜のパートナーを漁あさるため、場末のバーへ繰り出すことです。そこで格好のパートナーを得ては、自分のアパートメントへ連れ帰るのが日課でした。

ただ、ここで私の勝手な注釈をつけるとすれば、彼の場合、それは単なる“遊び”では終わらず、それが無意識の内に彼自身の創作活動へとつながっていたのだと思います。

いずれにしても、こうした文章を読むにつけ、彼のイメージはどこかあの天才画家・カラヴァッジオに通じているところがあるように思わないでもありません。

写真家・メイプルソープは、ドラッグや乱交の果て現代の“黒死病”(ペスト)ともいえるエイズに感染し、若くしてこの世から永遠に生を奪われました。

結局のところ、彼は生きたいように生を生き、撮りたいように写真を撮った、のでしょうか? そうだとしたら、それはそれで彼なりに満足のいく一生であった、といえるのかもしれません。

気になる投稿はありますか?

  • マニュアルで綺麗な写真をゆっくり撮ろうマニュアルで綺麗な写真をゆっくり撮ろう どのようなものでも、使い手が工夫することで、それが本来持つ機能を引き出せます。 なんて偉そうな書き方をしましたが、私も、自分が使うものを使い切っているわけではありません。そんな私ですが、ここ一カ月ほど、あるものが本来持つ機能を少しは引き出せるようになりました。 それは、私が一年ほど使っているデジタル一眼カメラ(デジ一)のキヤノン EOS […]
  • 縦動画が新時代の要求?縦動画が新時代の要求? 本サイトには、私が毎日クロッキーを描く様子を動画にして紹介するコーナーがあります。それを始めたのは3月13日です。昔、同じコーナーがありましたが、久しぶりに、今度はデジタル機器を使ったコーナーとして再開しています。 https://indy-muti.com/29945/ そのコーナーに上げる動画を、本日、手直ししました。 ネットにある動画の多くは、画 […]
  • 2014/05/24 「日々の人体クロッキー」コーナー始めました(´Д`)ノ2014/05/24 「日々の人体クロッキー」コーナー始めました(´Д`)ノ 久しぶりに新しいコーナーを追加しましたので、その報告をいたします。コーナー名は「日々の人体クロッキー」です。相変わらず、味も素っ気もない単刀直入なコーナー名ですねぇ(^m^) このコーナー名で説明がいるとすれば、「クロッキー」になりましょうか。 似たような意味合いを表す用語にスケッチやデッサンがあります。正直な話、私もこれらの厳密な違いはわからなかったりしますが […]
  • クロッキーコーナー再起動のお知らせクロッキーコーナー再起動のお知らせ 久しぶりで、本サイトに新しいコーナーを作りました。私がクロッキーを描く様子を動画にし、それを毎日紹介する内容です。 同じことは、今から8年前の2014年5月24日に始めたことがあります。そのときは、小型のクロッキーブックに鉛筆で描き、その様子を撮影したビデオ映像を動画にしてネットにアップロードしました。 https://indy-muti.com/29960/ […]
  • 持ち味を殺さない顔は素敵持ち味を殺さない顔は素敵 私は新聞に載った一枚の写真を見て、思わずギョッとしました。ドギツイ化粧に見えたからです。しかし、バレエ鑑賞をよくされる方であれば、見慣れた化粧に見えるでしょう。そのようなメイクを「バレエメイク」といい、日本では長いことそのような化粧が作法のようになされてきたそうですから。 昨日の朝日新聞の文化面に「バレエメイク 作り込まぬ進化」と題された記事が載りました。記事の内容を […]