哀しい男と女の物語

本コーナーの前回分で、小池真理子(1952~)の最新書下ろし長編作『神よ憐れみたまえ』を読み始めたと書きました。それを読み終えましたので、感想めいたことを書いておきます。 本作を読み始めるきっかけについては、前回分に書き […]