鉄道事故に導かれて読んだ小池真理子の作品

小池さんが書いた本を読んでいます。といっても、悪名高い東京都知事の小池百合子氏(1952~)の本ではありません。そんなものは、頼まれても読む気になれません。私が読んでいるのは、小説家の小池真理子(1952~)が書いた小説です。

正直にいいまして、私はこれまで、小池真理子の作品を読んだことがありません。彼女の作品を読み始めることになったきっかけは、毎週土曜日に配達される、朝日新聞土曜版のあるコラムを読んだことです。その土曜版には、政治学者の原武史氏(1962~)が受け持つ「歴史のダイヤグラム」のコーナーがあり、私はそれが好きで、欠かさず読んでいます。

原氏は子供の頃から(?)鉄道に興味を持っておられるそうで、主に昔の鉄道に関する話題を毎回書いています。

先週の土曜日(16日)の分には、「鶴見(つるみ)事故が左右する運命」と見出しがつきました。鶴見事故と聞いて、すぐにその事故を思い出す人は高齢の人か、鉄道に関心を持つ人に限られましょうか。私はその事故について、ほとんど知りませんでした。

この事故が起きたのは、前回の東京五輪の前年、1963(昭和38)年の11月9日夜です。

事故が起きたのは東海道本線鶴見新子安(しんこやす)間の滝坂不動踏切付近で、事故が発生した時刻は当日の午後9時50分頃です。

その事故の前、事故現場付近には、並行して延びる貨物用線路(品鶴〔ひんかく〕線)下り線で貨物列車が断線し、おそらくは東海道本線の上り線を塞ぐ状態になったのでしょう。そこへ、同線の上り線を12両編成の横須賀線電車が侵入し、線路を塞ぐ形でそこにあった貨物列車に激突し、その衝撃で、下り線側に乗り上げる形になったようです。

運悪く、下り線には12両編成の電車が侵入してきたため、先頭から5両目付近に上り線の電車が先頭付近から突っ込む形になり、下り線の5両目付近の車両を中心に、大破する大事故となったようです。この事故により、161人の命が奪われました。

【国鉄五大事故】鶴見事故の解説動画

この事故について書く中で原氏は、小池真理子の最新作『神よ憐れみたまえ』を紹介しており、私は自己と共に、小池の最新作に興味を持ったというわけです。

本作はAmazonの電子書籍版にもなっていることを知り、そのサンプル版を読みました。

本作では、東京・大田区久が原(くがはら)で資産家夫婦を惨殺した男が、雨が降る中を、白い雨合羽を着て、自転車で川崎駅まで走り、そこから、ちょうどホームに入って来た下り電車に乗り、鶴見事故に遭遇する話になっています。男は事故を起こした電車の先頭車両に乗ったため、大事故が起きたにも拘わらず、はじめはその事故に気がつかないほどでした。

話の展開に興味を持った私は、続きを読みたくなりました。しかし、すぐには判断がつかず、数日を過ごしました。

そうしていたとき、該当する電子書籍版が追加料金なしで読めるKindle Unlimitedが格安で利用できるのを知りました。通常は、1カ月980円の利用料金がかかります。それが、3カ月間199円で利用できるといいます。2741円もお得です。早速、このサービスの利用を始めました。

これを利用するなら読みたい本がありました。これについては本コーナーで書きましたが、村上春樹1949~)の作品を簡単に分析した『1冊でわかる村上春樹』という本です。格安のサービスを利用し始めた初日に、この本を読みました。

そのあと、小池真理子の本に移りました。最新作は読み放題に該当せず、電子書籍版は2178円払わないと読めません。そこで、小池の作品で読み放題できるものはないか調べ、『懐かしい骨 新装版』という作品を読みました。この作品は、1992(平成4)年に、『小説推理』という雑誌に短期連載し、それがのちに単行本になったそうです。

小池は1952年の生まれですので、40歳の年の作品になります。ちなみに、あの小池百合子氏も同じ年の生まれです。小池が小説家デビューしたのが33歳ですから、プロになって7年目の作品になります。

1992年には、松本清張1909~1992)が亡くなっています。また、私事になりますが、私の母がこの年の11月にこの世を去っています。遺体が病院から自宅に戻った時、外は激しい雨が降っていました。

そんな年に書かれたのが小池の『懐かしい骨』というわけです。

現代劇は、断りがない限り、それが書かれた年代が舞台になります。その年に、東京・吉祥寺(きちじょうじ)の実家に独りで暮らしていた母がくも膜下出血で急死し、独立して、それぞれ別のところに住んでいた兄と妹は、実家の家屋を解体し、土地を手放す決断をします。

その工事の過程で、思わぬものが発見されます。母屋の裏に立っていた物置下の地面の中から、白骨化した人間の遺体が発見されたのです。警察から連絡を受けた兄弟は、その骨が誰で、誰によって殺され、そこへ埋められたのか想像がつき、怯えながら捜査に協力するのです。

警察の鑑定では、23年から27年前の骨とされます。兄弟が知るのは、25年前のある時期に登場したある人物をめぐる出来事でした。1992年の25年前は1966年にあたり、小池の最新作『神よ憐れみたまえ』の事件が起きた1963年と偶然近い年代になります。前回の東京五輪の前後で、東京という都市が急激に近代化していった時代になりましょう。

直木賞作家となった小池ですから、たとえば村上春樹などとは違い、普通の人間が登場し、普通の生活をしています。言葉遣いも食べ物も庶民の生活に即しており、素直に感情移入して読み進めることができます。

『懐かしい骨』と『神よ憐れみたまえ』の両方に、私好みの人物が登場します。飾らない心優しい中年女性です。その人物が登場してくると、好ましく感じながらページを繰ることができます。

『懐かしい骨』を読んだことで、小池の作品が楽しめることがわかり、小池の最新作で、1963年11月に起きた鶴見事故を絡めて書かれた『神よ憐れみたまえ』を購入しました。まだ3分の1ほど読んだだけです。読み終わりましたら、本コーナーでまた取り上げることにします。

気になる投稿はありますか?

  • 不思議な運命のめぐりあわせ不思議な運命のめぐりあわせ 家族だからといって、仲良く暮らしたり、離れて暮らす家族を常に大切に想うとは限りません。 小説家もそのあたりは同じで、たとえば、村上春樹(1949~)は父と不仲だったと聞きます。そのことは、彼が書く小説の通奏低音になっている(?)かもしれません。 同じ小説家であっても、宮本輝(1947~)は村上とは対照的といえましょう。 宮本の作品を私は多く読んでいませんが […]
  • 夢を実現する方法夢を実現する方法 小学生が将来就きたい職業のランキングの上位がマスメディアで定期的に発表されます。そのトップ10に小説家が入ることはない(?)ように記憶します。 小学生の中にも、小説家志望の児童はいるでしょう。しかし、小学生でも、少しは「現実的」に考え、自分にはなれないと考え、志望する職業から外したりこともあるかもしれませんね。 小説家は、学校の成績が良いだけではなれません。小説 […]
  • 凄みの効いた馬券にまつわる思い出凄みの効いた馬券にまつわる思い出 あなたは馬券を買ったことがありますか? 私はありません。 この馬券。正しくは「勝ち馬投票券」というそうですね。面倒くさいので、本ページでは馬券で通します。 公営競馬において、勝ちそうに思える馬にお金を賭けて投票し、予想が当たれば、当たった人でお金を分け合うのが、馬券のざっとした仕組みになりましょうか。 たまに、人気のなかった馬が一着になり、その馬に掛けた人 […]
  • 不死身の男と女の冒険活劇映画不死身の男と女の冒険活劇映画 今月、村上春樹(1949~)の荒唐無稽な冒険活劇を、AmazonのオーディオブックのAudibleで第1巻を聴き、第2巻と第3巻を電子書籍のKindle版で読んだことは本コーナーで書きました。 その感想として、本作をエンタテインメントとして見るなら、5点満点評価で3、甘めに見れば4をつけてもいいが、文学作品だといい張るなら、2、辛くすれば1だとしました。 その理 […]
  • 荒唐無稽な冒険活劇もいいけれど荒唐無稽な冒険活劇もいいけれど 村上春樹(1949~)の長編小説『ねじまき鳥クロニクル』(1994・1995)は3部構成になっています。1部ずつ1冊の本ですから、全部読むには3冊を購入しなければなりません。 図書館を利用する人で、3冊をすぐ借りられるのであれば、買わずに済ますこともできます。その方が、絶対に賢いですね。 賢くない私は、一応、手元に残しておきたいたちでもありますので、読みたい本が […]