ジェシカ・ローズ博士 「119倍の死亡者数」100万回投与あたりの死亡率は、インフルエンザワクチンが0.3であるのに対し、新型コロナワクチンは35.6です。 119倍も高いんです。