もう間も無く動く。今は「やりたいことをやるべき最後の時」である。(「原田武夫の『一打流言』」Vol. 14)