君は天然色(大瀧詠一)

リクエストカード(196)

色があふれる春を前に「色」で募集のパート宛てですが、いつでも結構ですのでかけてくれたら、嬉しくて、ハッピーカラーに染まるでしょう(*´д`)ノ▼「天然色」。カラー映画がまだ珍しかった昔、カラーの作品を「総天然色」などと銘打ったそうです。今は逆に白黒作品が新鮮だったりしますね。▼色ということで、私はまた何とかのひとつ憶えで同じ話を持ち出してしまいますf(^_^)山本さんは「三原色」というのをご存じですか? この三原色には「色の三原色」と「光の三原色」の2種類があります()。まず「色の三原色」ですが、これは「赤・青・黄」の3色をいいます。いずれも純色で、混ぜて作ることができない色です。そして、この3色を混ぜ合わせることで思い通りの色が作れます。ふたつ目の「光の三原色」は「赤・青・緑」の3色をいいます。「色の三原色」を混ぜ合わせると黒に近づいていきますが、光の三原色は逆に白色光になるといわれています。▼西日本で黄砂が確認されたというニュースがありました。黄色の砂ということで、視界が黄色っぽく染まるのでしょうか? これも春の色といえば色ですね。