INNOCENTS / 私のイノセント (ミリアム・ストックリー)

リクエストカード(28)

インテリアもファッションも全く詳しくはないのですが、現在欧米(特にヨーロッパ?)では、それらに日本的なものを取り入れるのが流行なのだそうです。(11.5付け「朝日新聞」の記事より)実際、どのような形で取り入れているのか知りませんが、パリのデザイナーのひとりは、「今一番カッコいい都市はニューヨーク、ではなく、東京」といいます。▼そのようにいわれると悪い気はしませんが、本当にそうなのかなぁ、とも思ってしまいます。ただ日本人は、外国人が認めると、初めてその良さに気づいたりするところがあります。「浮世絵」の素晴らしさに気づかされたのも、印象派の時代のジャポニスム(日本趣味)によってではなかったでしょうか。

気になる投稿はありますか?

  • Answering Machine ‘93Answering Machine ‘93 https://vimeo.com/204816829
  • WAIT FOR ME(ヴァンゲリス)WAIT FOR ME(ヴァンゲリス) 「好きな映画音楽巨匠」で募集宛て。もしも今回かけられない場合は、「オールリクエスト特“週”」でも結構ですので、よろしくお願いします(^ー^)ノ▼ヴァンゲリスは映画音楽に特化した巨匠ではありません(?)が、よろしくお願いします。はじめは他の作曲家を考えましたが、別の特集の時にかぶってしまうかも(´・ω・`)? […]
  • DISNEY ARTIST FOLLOWS A BOB ROSS TUTORIAL (PHOTOSHOP)DISNEY ARTIST FOLLOWS A BOB ROSS TUTORIAL (PHOTOSHOP) https://youtu.be/XAHHUWY-Jxg
  • 2006/01/17 ホリエモン・ショック2006/01/17 ホリエモン・ショック 本日の株式市場は、ホリエモンこと堀江貴文社長一人に引っ掻き回された形となりました。終わってみれば、前日比【462円08銭安】の【15,805円95銭】です。 数年後には、「ライブドア・ショック(あるいは「ホリエモン・ショック」)」として語られることになるかもしれません。 ライブドア・ショック しかし、本日の下げは昨日の時点である程度は想定す […]
  • 熊澤被告の真の殺害動機は何か熊澤被告の真の殺害動機は何か 11日、東京地方裁判所で、ある殺人事件に関する裁判員裁判の初公判が始まりました。 被告として出廷したのは、元農林水産事務次官の熊澤英昭被告(76)です。この名前を出しただけで、どんな事件の被告かすぐに思い当るでしょう。 今年6月1日の午後、都内の自宅で、実の息子を刃物で数十カ所刺して殺した事件です(今日、デジタル朝日にあった記事で、傷の数が36カ所以上あったこと […]