体操のお兄さんに起きた悲劇

健康に生活していた人が、ある日ある時を境に、歩くことがまったくできなくなったらどのような気持ちになるでしょう。

昨日、Yahoo!ニュースに次の記事が上がっていました。

1993年度から2004年度といいますから、20年から30年前頃に子育てをしていた人には馴染みがあるであろう人が、今月2日を境に、大変な状況になってしまったことを伝えています。

記事に書かれている佐藤弘道氏(1968~)は、NHK Eテレで放送されている「おかあさんといっしょ」1959~)に1993年度から2004年度まで十年間あまり出演し、番組内では「たいそうのおにいさん」をされました。

「たいそうのおにいさん」役をされるぐらいですから、体を動かすのが好きだったのでしょう。その佐藤氏が、今はまったく歩くことができなくなったということですから、ご自身が突然襲われた不自由な境遇に大変苦しまれているだろうと想像します。

記事を見ると、今月2日、研修会が開かれる場所で指導の仕事をする目的で搭乗した飛行機の中で、体調に異変が起きたそうです。

それが起きてから十日ほどのちの昨日になって、佐藤氏が所属する芸能事務所太田プロダクションが、「この度、弊社所属の佐藤弘道が体調不良のため活動を一時休止し療養に専念することになりました」との内容をプレスに流し、報道されました。