動画撮影周りの話

関東南部の当地では、今朝、濃霧が発生しました。

写真を撮るにも動画を撮るにも、カンカン照りの晴天はあまりよろしくありません。コントラストが強くなりすぎ、画像が汚く写ることが起こりがちだからです。その点、今朝の当地のように、空は晴れているはずなのに、辺り一面が霧に包まれているときは、自然のデフューズがかかったように、光があるのにそれが弱く抑えられ、露出的には撮影に好都合です。

今朝はスチール写真ではなく、ビデオを撮影しました。といっても、庭に出て身の周りのものを気まぐれに撮るだけですから、意味はありません。それでも、ああでもないこうでもない、と自分でいろいろ試しながら撮影しました。

私が動画の撮影に使うカメラは、2013年9月に、中古で手に入れたキヤノンのiVIS HF M41です。その時の買値は18,000円でした。