カテゴリー
天気

2020年2月14日(金)

昨日の関東は一日ほぼ快晴でした。今日の予報は晴れのち曇りでしたので、昨日の晴れが今日曇り始めるまで続くと考えていました。

午後3時半頃に起きて外へ出ると、地面が湿っていました。ということで、関東南部の当地は、昨夜から未明までの間に雨が降ったことになります。

今は空気が乾燥していますので、適度に降る雨は歓迎です。

当地では早朝に弱い霧が発生しました。明け方から朝にかけては快晴になる時間もありましたが、当地は午前中に曇り空に変わりました。

昨夜の予報では、関東は雨が降りにくい予報に変わったと伝えていましたが、東京都心も午後4時以降、弱い前が降ったり止んだりしているようです。関東のこの雨は、午後9時頃までには上がるそうです。

日本列島の南に前線が停滞しています。関東付近は前線が南へ離れていますが、九州のあたりは陸地に近いです。影響を受ける九州の南部は、明日の朝雨になりそうです。

明日は本州の真ん中あたりで晴れる時間が長くある予報です。

関東も、日中雲の広がる時間もありそうですが、おおむね晴れの予報です。少し前の予報では、明日土曜日にも関東は傘マークがついていましたが、良い予報に変わったことになります。

明日は北と南で気温に差が出ます。旭川は最高気温が-1℃、鹿児島では19℃の予想です。

都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど低い7℃、最高気温は今日より1℃ほど高い17℃です。

この先の予想気温を見ますと、都心は18日が11℃、19日が12℃と気温が下がりますが、20日は14℃で、そのあとは16℃ぐらいの予想だったと思いますので、来週の後半はまた春の陽気が待っているようです。

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪(日刊ゲンダイ)

コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

“安倍側近の不倫コンビ”和泉補佐官・大坪審議官の新疑惑を政府機関理事長が告発! 感染症研究などの予算80億円を自分の担当事業に投入(リテラ)

“安倍側近の不倫コンビ”和泉補佐官・大坪審議官の新疑惑を政府機関理事長が告発! 感染症研究などの予算80億円を自分の担当事業に投入(リテラ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

船内はミニ武漢のような地獄 “超法規的隔離”に疑問噴出 中途半端な隔離で感染拡大(日刊ゲンダイ)

船内はミニ武漢のような地獄 “超法規的隔離”に疑問噴出 中途半端な隔離で感染拡大(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

研究者は“大坪問題”と…新型肺炎にも影落とす独断専行ぶり 日本医療研究開発機構理事長が名指しで批判(日刊ゲンダイ)

研究者は“大坪問題”と…新型肺炎にも影落とす独断専行ぶり 日本医療研究開発機構理事長が名指しで批判(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

『報ステ』政権忖度で首を切られたスタッフに支援の動き! 番組関係者から「萎縮がテレ朝の目的か」「報道が機能しなくなる」の声(リテラ)

『報ステ』政権忖度で首を切られたスタッフに支援の動き! 番組関係者から「萎縮がテレ朝の目的か」「報道が機能しなくなる」の声(リテラ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

米メディアがクルーズ船検疫を批判「ダメ対応の見本」「感染リスク高める」(日刊ゲンダイ)

米メディアがクルーズ船検疫を批判「ダメ対応の見本」「感染リスク高める」(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
テレビ番組

2020年2月14日(金)

シネマ『100万ドルの血斗』(1971年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~14:51 監督:ジョージ・シャーマン▼脚本:バート・ケネディ▼音楽:エルマー・バーンスタイン▼撮影:ウィリアム・H・クローシア▼出演:ジョン・ウェイン、モーリン・オハラ、リチャード・ブーン、パトリック・ウェイン、クリストファー・ミッチャム、ブルース・キャボット、イーサン・ウェイン、ボビー・ヴィントン、グレン・コーベット、ハリー・ケリー・ジュニア、グレッグ・パーマー、ほか▼テキサスの大牧場主ジェイコブは、息子たちに留守を任せメキシコに出かけていたが、ある日、妻のマーサから、孫のジェイクが悪党にさらわれたと知らされる。犯人からは100万ドルの要求が。主演ジョン・ウェイン、長男のマイケルが製作を担当、次男パトリックと末息子のイーサンも出演。誘拐された孫を救うため、息子とともに悪党たちを追い詰める大牧場主を描く西部劇。妻を演じるのは数々の名作で共演したモーリン・オハラ。

武田鉄矢の昭和は輝いていた「演歌はどこへ行く・人気歌手の熱い思い」-BSテレ東/19:00~20:54 人々の心のふるさと、演歌。昭和の時代、演歌は歌謡曲の中核として確固たる地位を築いていた。圧倒的な歌唱力を誇る歌手が競い合い、歌謡史に残る 数々の名曲が生まれた。しかし、昭和から平成へ時代が移ると演歌に冬の時代が訪れた。そして今、平成から令和へと時代はさらに変わろうとしている。私たち日本人のソウルミュージックともいえる演歌は、これからどこへ行くのか。今回番組では、演歌を担う作家と現役歌手、いわゆる“演歌の達人”をゲストに迎え、演歌の未来について徹底討論。演歌の名曲とともに送る2時間スペシャル▼ゲスト・弦哲也(作曲家)、八代亜紀(歌手)、川中美幸(歌手)、田川寿美(歌手)▼司会・武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

ドキュメント72時間「神戸 あの日のピアノを弾きながら」-NHK総合/22:50~23:19 最近、各地の商店街や駅などで見かけるようになった「ストリートピアノ」。神戸駅の地下街に設置されたピアノには、多い日で100人以上が演奏しに訪れるという。実はこのピアノ、阪神・淡路大震災の時、市内の幼稚園で使われていたもの。その時のキズが今も残っている。そのことを知ってか知らずか、ピアノを弾こうと多くの人がやってくる。震災から25年。何が変わり、変わっていないのか。神戸に生きる人々の今を見つめる▼ナレーター・吹石一恵