カテゴリー
天気

2020年2月9日(日)

今日、北海道では気温が猛烈に下がりました。ネットで見かけた情報では、旭川の江丹別は、-36.0℃を記録したということです。当地で-35℃以下になったのは、2001年1月以来19年ぶりということでした。

関東は一日を通して快晴となりました。朝も冷え込み、今日は、関東南部の当地も氷点下になったようで、庭の池に辛うじて氷が張っているのが確認できました。指で触れただけで割れるような氷でした。

昨夜の予報では、関東は午前を中心に北寄りの風がやや強く吹くと伝えていました。当地に関しましては、風は感じられませんでした。むしろ、午後に風が感じられる時間がありました。その風は、本コーナーの更新をする午後7時過ぎは収まっています。

明日は新潟付近に低気圧が近づくため、北陸を中心に大気の状態が不安定になる予報です。

太平洋側は晴れるところが多くなります。

明日は冬型が崩れるため、関東も今日より陽射しが少なくなります。晴れたり曇ったりの天気となるでしょう。冬型が緩むため、風が強めに吹くことはありません。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日とほぼ同じ1℃、最高気温は今日より1℃ほど高い9℃です。

週の後半、関東は気温が高くなります。都心は木曜日以降、17℃から18℃の予想気温です。これは高い気温ですね。このまま春に向かうのでしょうか。

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

安倍側近の和泉補佐官と“公費不倫”の厚労省・大坪寛子審議官がコロナ会見に堂々と登場! 東出・唐田に大騒ぎのテレビはなぜ沈黙するのか(リテラ)

安倍側近の和泉補佐官と“公費不倫”の厚労省・大坪寛子審議官がコロナ会見に堂々と登場! 東出・唐田に大騒ぎのテレビはなぜ沈黙するのか(リテラ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

結局、何ひとつ説明できやしないのだ 虚飾と矛盾の首相「桜」答弁 総ざらい(日刊ゲンダイ)

結局、何ひとつ説明できやしないのだ 虚飾と矛盾の首相「桜」答弁 総ざらい(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
テレビ番組

2020年2月9日(日)

日曜美術館「写真かソール・ライター いつもの毎日でみつけた宝物」-NHKEテレ/09:00~10:00 「私は無視されることに人生を費やした。それでいつも幸せだった」。元々ソール・ライターは、1950年代からファッション写真の最前線で活躍した写真家。しかし80年代、突如スタジオを閉鎖、表舞台から姿を消す。再び名が知られたのは、四半世紀が過ぎた80代。人知れず撮りためてきた路上スナップが出版され世界中で人気となった。残された言葉、関係者の証言を手掛かりに、なぜその写真が時代を超えて心を打つのか探る▼出演・須藤蓮、飯沢耕太郎(写真史研究家、東京写真大学講師)、かくたみほ(写真家)、柴田元幸(翻訳家、東京大学文学部教授)▼司会・小野正嗣、柴田祐規子▼アートシーン:「白髪一雄」(東京オペラシティ アートギャラリーで3月22日まで)ほか

将棋フォーカス「急戦志向の先手棒銀」-NHKEテレ/10:00~10:30 将棋の総合情報番組。中村太地七段がじっくり指導する講座「太地隊長の角換わりツアー」。今週は「急戦志向の先手棒銀」。特集は「三冠 渡辺明」。昨年3月に「王将」のタイトルを奪取、7月には「棋聖」も獲得。6年ぶりに三冠に返り咲いた渡辺明。昨年度の勝率は八割越え。まさに完全復活の1年でした。この勢いで、渡辺時代の到来となるのか。今のりにのる渡辺三冠に話を聞きます▼講師・中村太地七段▼きき手・加藤桃子 女流三段▼司会・都成竜馬六段、向井葉月

第69回 NHK杯テレビ将棋トーナメント「準々決勝・第1局 深浦康市九段×野月浩貴八段」-NHKEテレ/10:30~12:00 「NHK杯テレビ将棋トーナメント」は、今期で69回目を迎える。その歴史は長く、テレビ棋戦として高い知名度を築き上げ、これまで数多くの名勝負、名対局を生んできた。1年間の長く厳しいトーナメントを勝ち抜いた勝者に、栄えあるNHK杯選手権者の称号が贈られる。昨年度の覇者は羽生善治NHK杯。準々決勝第1局は深浦康市九段と野月浩貴八段の対戦▼解説・木村一基王位▼司会・藤田綾 女流二段

NNNドキュメント「カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台」(制作・テレビ信州)-日本テレビ/翌00:55~01:25 「人類史上初ブラックホールの撮影に成功」「はやぶさ2着陸成功」日本の宇宙科学は、世界で輝かしい実績をあげている。しかし、この栄光の裏側で研究の現場は苦境に立たされている。長野県・八ヶ岳のふもとにある国立天文台・野辺山宇宙電波観測所が今、財政難で閉鎖の危機に陥っているのだ。経済的利益を重視する国の政策によって、観測所の資金が大幅に減ったのが原因だ。存続をかけて奮闘する天文学者を1年間追った▼ナレーター・田中泯