カテゴリー
天気

2019年10月13日(日)

台風19号は、各地に甚大な被害を及ぼし、正午頃に温帯低気圧に変わりました。

NHKの調べて、これまでに死者が24人、不明が17人、けが人が170人となっています。

台風15号は千葉県内を中心に風の被害が発生しましたが、19号は記録的な豪雨となり、多くの河川が増水し、多数のカ所で氾濫を起こしています。これは、台風から温帯低気圧に変わっても、まったく油断できない状況です。

関東平野に限ってみましても、上流で猛烈な雨量に達しています。それが下流域へ押し寄せており、いつどこで川の水があふれ出すか油断できません。

一旦川からあふれた水は周辺に押し寄せ、短時間に増水することで、1階の屋根付近にまで達してしまいます。また、道路にも水は押し寄せ、通行中の車を飲み込みます。

このような状態はしばらく続くでしょう。

関東南部の当地は台風一過の晴天に恵まれました。午前3時半頃に起きて外へ出ると、快晴で、星が綺麗に見えました。朝までは風が残りましたが、その後は収まりました。

昨夜から当地では気温が高くなりました。日中も30℃近くになったものと思います。

西日本は明日も晴れますが、東日本と西日本は曇りや雨の予報です。日本付近が気圧の谷に入るからで、本州の南の前線も北上傾向です。

関東は一日曇りで、南部の千葉などは朝に雨のところがあります。その後も、ところどころで雨が降りやすい予報です。一日を通して雨の降らないところもありそうです。夜は、南部の沿岸部で晴れ間の広がるところも出てきそうです。

関東は一転して気温が下がります。東京都心の予想気温は、最低気温が今日より4℃ほど低い17℃、最高気温は8℃ほども低い21℃までしか上がらない予想です。

今日と明日でこれだけ気温差がありますから、体調を崩されないよう注意したいです。

カテゴリー
ディープ動画

ブチ切れ藤井聡 怒りの総括!元安倍内閣官房参与が語る「安倍総理とは、安倍政権とは、国民の義務とは」

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ! 高市_

NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ! 高市早苗総務相の無内容な災害対策会議を強引に報道(リテラ)

カテゴリー
テレビ番組

2019年10月13日(日)

日曜美術館「マネ 最後の傑作の秘密 フォリー=ベルジェールのバー」-NHKEテレ/09:00~10:00 マネが死の前年、梅毒に苦しみながら完成させた傑作がある。パリの音楽ホールのバーメイドを描いた絵はいくつもの謎に満ち、発表直後から「理解するのが困難」と議論を呼んできた。画面中央の女性はうつろな視線をさまよわせる。彼女は娼婦でもあった。背面の鏡に写る光景は一見何気ないが、よく見ると現実との整合性が無視され、矛盾に満ちている。鏡の世界に仕掛けられた企み、メイドの表情の秘密とは? 最新の研究から読み解く▼ゲスト・三浦篤(東京大学教授)▼司会・小野正嗣、柴田祐規子▼アートシーン:「おかえり “美しき明治”」展」(府中市美術館で12月1日まで)ほか

将棋フォーカス「実は恐ろしい 桂跳ねの強襲」-NHKEテレ/10:00~10:30 将棋の総合情報番組。中村太地七段がじっくり指導する講座「太地隊長の角換わりツアー」。今週は「実は恐ろしい 桂跳ねの強襲」。特集は「全日本アマ名人戦2019」。今年で73回を数える「アマ名人戦」。アマチュアプレイヤーの頂点の大会です。今年も各都道府県予選を勝ち上がった64人が熱戦を繰り広げました。今大会の様子をダイジェストで振り返ります▼講師・中村太地七段▼きき手・加藤桃子 女流三段▼司会・都成竜馬五段、向井葉月

第69回 NHK杯テレビ将棋トーナメント「2回戦・第9局 野月浩貴八段×渡辺大夢五段」-NHKEテレ/10:30~12:00 「NHK杯テレビ将棋トーナメント」は、今期で69回目を迎える。その歴史は長く、テレビ棋戦として高い知名度を築き上げ、これまで数多くの名勝負、名対局を生んできた。1年間の長く厳しいトーナメントを勝ち抜いた勝者に、栄えあるNHK杯選手権者の称号が贈られる。昨年度の覇者は羽生善治NHK杯。2回戦第9局は野月浩貴八段と渡辺大夢五段の対戦▼解説・高見泰地七段▼司会・藤田綾 女流二段

NNNドキュメント「なかったことに、できない。性被害(2)回復への道は」-日本テレビ/翌01:05~01:35 16歳で教師から性被害を受けた44歳女性は、その後極度の潔癖や自殺衝動に苦しんだ。こうした異変が性被害からくるものだと知ったことが再生へのきっかけになった。彼女は、被害当事者のための自助グループを主宰している。父親から長年性虐待をうけてきた28歳女性は、夫に気持ちを受け止めてもらうことで死にたい衝動から抜け出すことができた。被害者の多くは、周囲から被害を否定され孤立した経験を持つ。その要因とは▼ナレーター・國井千聖