カテゴリー
天気

2019年10月1日(火)

いつでも平年通りの陽気になるわけではありません。今日から10月ですが、関東は一日よく晴れ、10月になっても夏の暑さです。東京都心の最高気温は30.1℃と真夏日です。

そのせいでしょうか。私は体がだるくなり、昼頃に転寝(うたたね)をしました。

台風18号は昨夜の予報通り東シナ海を北へ進んでいるようです。今回の台風は日本列島から離れて通過していきそうです。このあとは朝鮮半島を縦断し、日本海を東へ進む予想です。

日本を離れて通るとはいえ、影響がないわけではありません。西日本は明日の朝から雨のところがあります。九州北部や四国が雨が降りやすく、雨の量が多くなるところがあります。

明日の夕方までにこれらの地方は100ミリ以上の雨が降り、次の日も四国の多いところでは200ミリの雨量が予想されています。

関東は明日も午前中を中心に晴れる予報です。明日も気温が上がります。都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど低い19℃、最高気温はほぼ同じ31℃です。

10月になったとはいえ、気温が高いこともあり、紅葉にはなかなか関心が向かいません。しかし、季節はそれでも進んでいます。予報士の関口さんから紅葉時期を予想する計算式が紹介されました。それは、以下のように、一見本格的なものです。

4.62×9月の平均気温-47.69=10月1日から通算日数

東京の紅葉がいつになりそうか、式にあてはめてみましょうか。

9月の平均気温は25.1℃だった(かな?)そうです。そこから導き出される今年の都心の紅葉は12月8日頃のようです。昨年は11月26日頃だったそうで、それよりは10日ぐらいあとになりそうでう。

この先の予想気温を見ますと、都心は7日と8日の予想最高気温は23℃で、平年並みに戻ります。

なんだかんだいいながら、結局は平年並みの気温となり、今の暑さを忘れ、進む紅葉に人々の関心は移っていくのでしょう。

カテゴリー
YouTube

Suzanne Vega – Luka (Official Video)

カテゴリー
ディープ動画

ソフトバンク倒産か?wework問題はヤバイ。みずほ銀行にも危機が連鎖。ウィーワーク、サウジ、サルマン、CLO、ホリエモン。

カテゴリー
ディープ動画

トランプの狙いはドル崩壊!

カテゴリー
Vimeo

The Peach Kings – “Without You”

カテゴリー
テレビ番組

2019年10月1日(火)

シネマ『ウエスタン』(1968年イタリア、アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~15:47 監督:セルジオ・レオーネ▼脚本:セルジオ・レオーネ、セルジオ・ドナティ、ミッキー・ノックス▼音楽:エンニオ・モリコーネ▼撮影:トニーノ・デリ・コリ▼出演:チャールズ・ブロンソン、クラウディア・カルディナーレ、ヘンリー・フォンダ、ジェイソン・ロバーズ、ガブリエル・フェルゼッティ、フランク・ウルフ、ウディ・ストロード、ジャック・イーラム、パオロ・ストッパ、ほか▼チャールズ・ブロンソンが寡黙なガンマン、ヘンリー・フォンダが冷酷無比な悪役、イタリアの名女優クラウディア・カルディナーレが気丈なヒロインを演じる、マカロニ・ウエスタンの巨匠セルジオ・レオーネ監督の傑作西部劇。ジョン・フォード作品で知られるモニュメント・バレーの雄大な風景をはじめ、レオーネ監督の西部劇への深い思い入れにあふれた演出が胸をうつ。情感あふれる美しい音楽は、名コンビのエンニオ・モリコーネ。

ぶらぶら美術・博物館「この秋の大注目!『コートールド美術館展』」-BS日テレ/21:00~22:00 世界有数の印象派・ポスト印象派の名画コレクションが20年ぶりに来日。セザンヌの「カード遊びをする人々」、マネ最後の大作「フォリー=ベルジェールのバー」は必見▼出演・山田五郎、おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)、高橋マリ子

ガイアの夜明け「新発見!『祭り』『古都』の魅力」-テレビ東京/22:00~22:54 旅の大きな目的の一つでもある日本の伝統文化。その現場が今、危機に陥っている。例えば祭り。日本全国で開かれるその数30万件、市場規模は1.4兆円ともいわれている。しかし、その存続が危ぶまれている。原因は、資金不足。警備員など人件費が増加の一方、地元企業からの協賛金は減少。赤字のところも多いという。もう一つは、人手不足。少子高齢化などで運営の担い手が減っている。苦境にあえぐ祭りだが、祭りという特別な場の価値をアピールし盛り立てようという会社がある。その意外な手法とは? 一方、世界を代表する観光都市となった古都・京都。観光客の消費額が2018年に過去最高を記録。しかし今、日本人観光客の京都離れが止まらない。最大の理由は、海外からの観光客が一部の名所(祇園・金閣寺・清水寺・伏見稲荷・嵐山など)に殺到し、大混雑を生み出していることにある。だが、実は一方で、魅力あふれる知られざる京都も多くある。中心地から離れた寺社もその一つ。そこに観光客を呼び込もうと動き出した人々がいた。先に見据えるのは、京都の混雑、その極端な集中の解消。果たして誰もが行きたくなる京都を取り戻すことはできるのか? 停滞する伝統文化の現場を、あえて経験したい場所へと変えていく逆張り戦略。東京と京都、変革の現場を追った▼案内人・江口洋介▼ナレーター・杉本哲太、末武里佳子(テレビ東京アナウンサー)