カテゴリー
天気の話

2019年9月23日(月)

本コーナーは午後7時前の気象情報をもとに更新します。が、本日はそれを見られなかったため、明日の天気や気温の情報を持たずの更新になります。

その理由は、秋の高校野球の予選を見に行ったからです。

今日までの3連休、関東は3日間とも雨や曇りの予報でした。が、終わって見れば、日中に雨が降ることはありませんでした。

昨夜は関東南部の当地も雨が降りました。途中で一度目が覚めた時、雨が降っていました。午前0時近くであったと思います。その雨は長い時間降らなかったようで、明け方には止んでおり、地面もそれほど湿ってはいませんでした。

今日の関東は、夕方まで曇りのマークでしたが、当地周辺は晴れ間のある時間が長くありました。

台風17号は日本海に出て、日本列島に沿うように北へ進んでいった模様です。その台風に向かって風が強まりました。

球場で野球を観戦しているときも強風が吹き荒れていました。風がプレイに悪さをし、風がなければ凡フライの当たりが、風に大きく流され、2塁打になったりするアクシデントがありました。

雨が強まれば試合は中断したり中止になったりします。風も強まればプレイに影響が出ますので、雨と同じような措置が必要ではないでしょうか。

私の記憶では、明日からは関東は晴れマークがあったように思います。

カテゴリー
日々の独り言

あなたの隣のマーニー

アルフレッド・ヒッチコック監督の作品『マーニー』1964年)について書きます。

今月11日水曜日にNHKBSプレミアムで放送になったものを録画してありました。裏話をしますと、ぎりぎりセーフで録画できました。その原因は、本コーナーの“天気コーナー”「天気の話」で何度か書きましたが、関東地方を直撃した台風15号です。

この直撃を受けたことで関東南部の当地も、9日朝から停電になりました。それからの復旧に想像以上の時間を要し、当地で電力が回復したのは11日の昼前です。あと2時間遅ければ今回の映画を録画することができないところでした。

私はヒッチコックの作品は好きですが、この作品を見るのは初めての気がします。

ヒッチコック監督について書いておきますと、生まれたのは1899年です。宮沢賢治が生まれたのは1896年ですから、賢治の3歳年下になります。ついでまでに、2人とも8月生まれです。

ヒッチコックについてまとめられたネットの事典「ウィキペディア」で確認しますと、生涯に57本の作品を監督しています。『マーニー』は53作品目ですから、晩年の作品です。

カテゴリー
ピックアップ★阿修羅♪

ピンボケ森田健作に脳天狂った安倍晋三!

ピンボケ森田健作に脳天狂った安倍晋三!

カテゴリー
ピックアップ★阿修羅♪

立花孝志の「N国」がNHKより先に「ぶっ壊れる」寸前! (FRIDAY)

立花孝志の「N国」がNHKより先に「ぶっ壊れる」寸前! (FRIDAY)

カテゴリー
Vimeo動画

Aki Sasamoto: An Artist Walks into a Bar | Art21 “New York Close Up”

カテゴリー
私のTV指定席

2019年9月23日(月)

吉田類の酒場放浪記「南林間『焼鳥酒場 せいちゃん』」-BS-TBS/21:00~22:00 南林間駅から徒歩で20分強。住宅街によしずで囲まれた店を発見した吉田さん。店に入ろうとする、炭火で焼かれる焼鳥が絶品と評判の「せいちゃん」は、隣りにある蕎麦店の次男が始めた店。開店早々に、地元のご常連でいっぱいとなる。もともと蕎麦店を居酒屋のように利用する客が多かったため、おつまみのメニューも豊富だ。もちろん隣のお蕎麦も注文できる▼ナレーター・河本邦弘

ワタシが日本に住む理由「佐賀県鳥栖市で暮らすフランス人奥様 安武マリー」-BSテレ東/21:00~21:55 フランス・イゼール県出身の安武マリーさん。日本の漫画や映画にハマり、大学では日本語を専攻します。大学時代のインターンシップがきっかけで佐賀県の企業に就職。そんな時、語学交換アプリで日本人男性とマッチング。意気投合した2人は会社を辞め、20代という若さでバッグのブランドを立ち上げます。佐賀が大好きというマリーさんが鳥栖市の魅力をご案内。そしてマリーさんが日本に住む理由とは?▼司会・高橋克典▼アシスタント・繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)

にっぽん!歴史鑑定「日本の運命を決めた昭和天皇・マッカーサー会見」-BS-TBS/22:00~22:54 終戦を告げる玉音放送からおよそ1カ月半が経った昭和20年、1945年9月29日。日本国民を驚愕させた1枚の写真が新聞に掲載されました。昭和天皇と連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥の2ショット写真です。この時、天皇44歳、マッカーサー65歳。写真は、天皇がアメリカ大使館を訪ね、マッカーサーと初めて会見した際に撮影されたものでした。早急に会見を実現させたかった日米両国。しかし、マッカーサーは、昭和天皇から会いに来るのを待った? 一体なぜ!? 「天皇は、戦争責任を逃れ命乞いをしに来るのだろう」そんなマッカーサーの先入観を覆した昭和天皇。マッカーサーを感動させ、天皇制存続に大きな影響をもたらしたその言葉とは?「天皇を戦犯として訴追せよ!」勝戦国主導で始まった東京裁判。天皇が出廷せずに済むよう根回しに奔走したのは、マッカーサーだった。そこにあったのは、打算か? それとも、友情か!?▼出演・田辺誠一▼ナレーター・鈴木順