カテゴリー
天気の話

2019年9月20日(金)

秋の彼岸に入りました。先週のはじめ、台風15号が通過したあと、関東は真夏日になりました。その中で、台風に直撃された千葉などは長時間停電となり、猛暑でありながらエアコンが使えないという状況に見舞われました。

関東南部の私も約55時間、うちわで涼をとらざるを得ない状況に追い込まれました。それを思いますと、すっかり気温が低くなった今は天国のようです。

今日の関東は秋晴れとなりました。東京都心の最高気温は27.3℃です。朝晩は気温が下がるようになり、都心は午後6時30分で23.4℃です。

短期間で気温の変化が大きくなっていることもあるからでしょうか。私は日中に体がだるくなり、少し横になりました。停電の後遺症も残っているのでしょうか。

台風17号が沖縄に近づいています。中心気圧は985hPaです。明日の午前に沖縄付近を通過し、その後は九州の西の海を進み、日本海へ出たあと北海道や東北方面へ向きを変える予想です。

今日は、西日本で雨のところが多くなりました。南に停滞する前線が台風に刺激されてのことです。明日も西日本は雨のところが多くなります。

今日晴れた関東も、明日は雨が降ったり止んだりの天気です。長い時間降り続くわけではなく、弱い雨が降ったり止んだりするようです。

関東は気温が下がります。都心の予想気温は、最低気温が今日とほぼ同じ20℃、最高気温は5℃ほど低い22℃です。22℃までしか上がらないというのは低く感じますね。

台風17号が日本海を進んでいく月曜日は30℃以上になる予想など、この先も気温が大きく上下します。穏やかな秋になるのはいつでしょう。

カテゴリー
Vimeo動画

Love Bite: Laurie Lipton and Her Disturbing Black & White Drawings

カテゴリー
ピックアップ★阿修羅♪

安倍内閣の大臣3人が“暴力団との密接交際”発覚も不問、テレビも報道せず!ほっしゃん。が「吉本の芸人との違いは?」(リテラ)

安倍内閣の大臣3人が“暴力団との密接交際”発覚も不問、テレビも報道せず!ほっしゃん。が「吉本の芸人との違いは?」(リテラ)

カテゴリー
私のTV指定席

2019年9月20日(金)

シネマ『ジャッカルの日』(1973年イギリス、フランス)-NHKBSプレミアム/13:00~15:25 監督:フレッド・ジンネマン▼原作:フレデリック・フォーサイス▼脚本:ケネス・ロス▼音楽:ジョルジュ・ドルリュー▼撮影:ジャン・トゥルニエ▼出演:エドワード・フォックス、マイケル・ロンズデール、デルフィーヌ・セイリグ、アラン・バデル、モーリス・デナム、ミシェル・オークレール、オルガ・ジョルジュ=ピコ、デレク・ジャコビ、トニー・ブリットン、バリー・インガム、ティモシー・ウェスト、ドナルド・シンデン、ヴァーノン・ドブチェフ、シリル・キューザック、ロナルド・ピックアップ、エリック・ポーター、ジャン・ソレル、ほか▼1962年、アルジェリア独立を承認したフランスのドゴール大統領を暗殺しようと、保守過激派OASは、プロの殺し屋ジャッカルを雇う。OASの不穏な動きに気づいた公安当局は、捜査の全権を警視庁のルベル警視に委任し、必死に捜査するが、ジャッカルはパリに潜入、着々と計画を進める。事実とフィクションを織り交ぜたフレデリック・フォーサイスのベストセラー小説をフレッド・ジンネマン監督が映画化。緊迫感あふれる傑作サスペンス。

武田鉄矢の昭和は輝いていた「B面から生まれたヒット曲」-BSテレ東/20:00~20:54 千昌夫の「星影のワルツ」、黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」など昭和を代表するヒットソング。実はこれらの曲には、ある共通点が。それは、レコード発売時はB面の曲だったのだ。今回、番組ではそんなB面から大ヒットした名曲の数々にスポットを当て、B面からA面になるまでの様々なエピソードとともに名曲を振り返る。B面からA面になりミリオンセラーを記録したGAROの「学生街の喫茶店」。元メンバーの大野真澄は、B面だったこの曲がヒットした思いがけないキッカケと、歌詞の「ボブ・ディラン」に対する意外な攻防戦について語る。また、小林幸子が語る、苦節15年で出会ったB面からの大ヒット曲「おもいで酒」の誕生秘話とは? 他にも、欧陽菲菲の「ラブ・イズ・オーヴァー」、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」など意外にもB面だった懐かしの名曲をたっぷりと紹介する▼司会・武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

ドキュメント72時間「訪問看護師 街をゆく」-NHKEテレ/22:50~23:19 高齢化が進み、病床が慢性的に不足している現代。一方で、「人生の最後を自宅で迎えたい」「大切な家族を自宅で看取りたい」と考える人も増えているという。そうした在宅医療を選択する人たちを支えているのが「訪問看護師」だ。今回は、東京・東久留米市で180人以上の患者を受け持つ訪問看護ステーションに密着。急速に高齢化が進む町で、様々な事情を抱えながら、訪問看護師を待つ人たちの3日間▼ナレーター・鈴木杏