カテゴリー
天気

2019年9月13日(金)

今日の関東は気温が下がりました。東京都心の最高気温は23.6℃です。信じられないほど低い気温です。当然のことながら、エアコンを使うことはありませんでした。

関東で気温が下がったのは、昨日の気象情報で伝えられたように、三陸沖から北東の風が関東に吹き込んだためです。

昨夜の予報では、三陸沖の海面気温が24℃ぐらいのため、都心は27℃の予想でした。それが実際には都心で23.6℃ですから、三陸沖の海面気温は20℃ぐらいだったのでしょうか。

千葉県内は台風15号が直撃されたことで、いまだに停電しているところが20万戸近くあります。そうした人たちにとっては、今日の低温は何よりの贈り物であったでしょう。

今日は十五夜です。昨夜の予報では、日中は曇るものの、夜は晴れるところがあるということでした。関東南部の当地は、午後に空が明るくなる時間がありましたが、雲が取り払われることはありませんでした。

明日から3連休という人がいるでしょう。この連休中、西日本は晴れが続くところが多い予報です。その分気温が上がり、九州は今夜は熱帯夜のところが多い予想です。

明日の関東は曇りや晴れのところが入り混じるような天気が予報されています。

都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃低い20℃ですので、今夜も寝苦しくなることはなさそうです。涼しかった昨夜、私は数日ぶりにぐっすり眠れました。最高気温は、1℃ほど高い25℃です。

3連休、関東は日曜日と月曜日に傘のマークがつきました。その原因は、日本の遥か南の巨大な雲の渦巻きです。熱帯低気圧の雲ですが、この影響を日月に受けるというわけです。

それと同時に、また気温が都心で30℃に達する予想です。明日は風向きが今日の北東から東に変わります。北東から東ですから、そんなに変わらないように思うかもしれませんが、風の性格がまるで違います。

北東の風は三陸沖から吹く涼し風です。一方、東の風は日本の遥か南の熱帯空気圧が素となる風です。ですから、湿った暖かな空気です。この傾向が明日よりあさってと強まり、それで気温が上がるということです。

停電が続く地域に暮らす人の疲れはピークに達していると思われます。涼しかったのは今日だけで、明日からはまた湿った空気が流れ込み、日月は30℃ぐらいまで気温が上がり、追い打ちをかけることになりそうで懸念されます。

カテゴリー
ディープ動画

小泉純一郎と橋下徹と在日朝鮮人とヤクザをつなぐ「生長の家」

カテゴリー
ディープ動画

京アニ放火はプロの犯行?【NET TV ニュース】事件記者 2019/07/28

カテゴリー
テレビ番組

2019年9月13日(金)

武田鉄矢の昭和は輝いていた「港町マドロス歌謡3時間スペシャル 第1部」-BSテレ東/19:00~21:24 終戦直後、「マドロス歌謡の御三家」岡晴夫、田端義夫、小畑実は歌謡界にマドロス旋風を起こした。そして、“マドロス歌謡の女王”美空ひばりが歌う名曲 「港町十三番地」「ひばりのマドロスさん」「波止場だよ、お父つぁん」を紹介。そのころひばりの対抗馬としてマドロス歌謡を歌う歌手がいた。さらにマドロス歌謡絶頂期である昭和30年代、三橋美智也 春日八郎 藤島桓夫の歌や平野愛子、松山恵子など、港の出会いと別れの女心を歌った歌手のヒット曲を紹介。また、ゲストの、松原のぶえ「おんなの出船」、鳥羽一郎「兄弟船」、伍代夏子「鳴門海峡」それぞれのマドロス歌謡誕生秘話を語る。昭和30年代に大ヒットしたマドロス歌謡を中心に港町波止場を舞台にした名曲を堪能する3時間▼ゲスト・鳥羽一郎(歌手)、伍代夏子(歌手)、松原のぶえ(歌手)、合田道人(作家、音楽プロデューサー)▼司会・武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

武田鉄矢の昭和は輝いていた「港町マドロス歌謡3時間スペシャル 第2部」-BSテレ東/21:28~21:54 昭和30年代に大ヒットしたマドロス歌謡を中心に港町波止場を舞台にした名曲を堪能する3時間▼ゲスト・鳥羽一郎(歌手)、伍代夏子(歌手)、松原のぶえ(歌手)、合田道人(作家、音楽プロデューサー)▼司会・武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

ドキュメント72時間「梅雨明けのコイン洗車場で」-NHK総合/22:50~23:19 東京・品川の行列ができるセルフ洗車場が舞台。水や洗剤が出るスプレーを使い、時間をかけて愛車を磨きあげる人たち。仕事で必要になり車を購入したが、いつの間にか休日のドライブが欠かせないほど車に魅せられた女性。デート代わりに車を洗うカップル。そろそろ免許を返納しようか迷っている70代の男性。それぞれ事情を抱えながら、みな黙々と車を洗う。梅雨が明けた7月末、車の汚れと一緒に、洗い落としたいものは何なのか▼ナレーター・石橋静河