2019年9月7日(土)

本コーナーは午後7時前の気象情報を参考にし、午後7時過ぎに更新しています。この時間、九州を離れた西の海上を北上して行った台風13号は、朝鮮半島のあたりにあるようです。

離れて通過したとはいえ、九州を中心に雨が強く降ったところや時間があったでしょう。13号は中国大陸方面へ向かい、温帯低気圧に変わるものと見られています。

台風15号は、日本列島方面に進んできています。午後7時過ぎは、父島のすぐ北の海上にあり、時速35キロ程度で日本列島に近づいています。

関東はこの台風の影響はまだ受けず、今日も一日よく晴れました。風もほとんど吹いていません。この状態が明日の朝までは続く予報です。

明日の昼頃になりますと、関東で雨の降りだすところが多くなりますが、降り方は弱いと見られています。

台風は午後6時頃に伊豆諸島のあたりへ進んできます。関東で雨が強まるのは夜で、日付が替わる頃から雨風が強まる見込みです。

今の時点の予報では、神奈川など、関東の西寄りで台風の影響を強く受けそうです。もっとも、これは現時点の予報で、接近前に変わる可能性があります。

関東で予想される雨量は、明日の夕方までに多いところで50ミリです。そのあと台風の直接的な影響を受け、明日の夕方から台風が通り過ぎるまでに、200ミリから300ミリの雨量に達するところがあると予想しています。

台風は神奈川のあたりでから上陸し、その後は北東方向に関東を突っ切り、太平洋へ抜けるコースが現時点では予想されています。移動速度は遅くなく、月曜日の朝のうちには通り過ぎるのではないかと見られていますが、強さやコースは、明日の気象情報で最新の情報を入手し、明日の更新分で伝えることにします。

2007/05/28 没後100年を記念する「靉光展」

いきなりこんな質問をしてみたいと思います。あなたは漢字の読み書きは得意ですか?

こうした質問に「得意です」と答えた方に質問いたします。「靉光」は、どうお読みなりますか? 字が小さすぎてはわかりにくいですので、下に大きく表示しておきます。

靉光

これは画家の名前なのですが、昨日の日曜日、私はその画家の展覧会へ行ってきました。

展覧会が開かれていたのは、東京・竹橋にある東京国立近代美術館です。

“2007/05/28 没後100年を記念する「靉光展」” の続きを読む

2007/05/02 動画共有サイト

私は映像というものへの関心が人並み以上に強いです。それがため、関連する記事が新聞に載りますと、吸い寄せられるように読んでしまいます。

4月29日と30日の日経新聞に、こんな私を吸い寄せる記事が載りました。

まずは29日の記事から。これは見過ごされそうな小さな記事です。見出しには「テープなし映像編集 NHKにシステム初納入」とあります。

これは、NEC(日本電気)がこのほど実用化した「映像編集システム」について報じた記事で、その第一弾として、この画期的なシステムがNHKに導入され、実際に使われ始めたということです。

映像好きな私のアンテナに、ピピッ! とキャッチされた記事です。

“2007/05/02 動画共有サイト” の続きを読む

2007/05/18 いくつになっても可愛い山本潤子さん

本日も思いつきで、少しばかり書いてみようかな、などと考えたりしています。で、今回、「思いつきの種」が転がっていたのは、NHKで今年度から始まった音楽番組「SONGS」(水曜/23:00~23:29)です。

この番組に絡んでは、先日(11日)の本コーナーで書いたばかりです。その時に取り上げたアーティストは、既に解散してしまったフォークグループ、チューリップでした。

今回取り上げるのは、この16日に放送になった回で、3組のアーティストが招待されました。いずれも往年のアーティスト、五つの赤い風船、山本潤子、南こうせつです。

“2007/05/18 いくつになっても可愛い山本潤子さん” の続きを読む

2002/03/18 堤清二の述懐

【本日の名言】1960年代のはじめから小売・流通・ファッションといったビジネスの中にいた私は、自分が推進してきたのはこうした猥雑な都市を造ることだったのだろうかとい不安に捉われない訳にはいかなかった。(2002年3月18日 朝日新聞の記事)

本日の“名言”を吐かれたのは、堤清二氏です。

堤氏は長年セゾン・グループの中心に君臨された方ですが、1999年5月、グループの全ての役員を退かれた(セゾン文化財団理事長の肩書きだけは残る)そうです。

堤氏はまた、経営者としての肩書きの他、辻井喬のペンネームで数々の書籍も発表されています。その近著『伝統の創造力』岩波書店)の中に書かれているのが今回の述懐です。

ちなみにそこで語られている「都市」というのは、東京の渋谷の街です。

“2002/03/18 堤清二の述懐” の続きを読む

2019年9月7日(土)

ドキュメントJ「都会に残る小さな村」-BS-TBS/10:00~11:00 700年前の「元寇の役」で、町もお宮も焼けた福岡市の箱崎。元寇の恐怖が「敵国降伏」の祈りに転じた筥崎宮は「勝利の神様」として信仰を集め、町は筥崎宮の祭りで1年が彩らる。しかし、今ではマンションが建ち並び、消滅する自治体も。都市化の波に洗われながら、古いコミュニティを維持する箱崎。都会の中に残った小さな村のような箱崎での暮らしをカメラが追った。

夕焼け酒場「仙台スペシャル第1弾『山塞料理 地雷也』」-BS-TBS/18:00~18:30 仙台スペシャル第1弾。今宵の夕焼け酒場は、創業57年目を迎えた「山塞料理 地雷也」。大学時代からコンビニの店長を務めていたが、叔父の誘いで酒場の修業に入り、わずか数年で焼き場を任された。くじけながらも暖簾を守り続けて来た3代目ご主人。人気の秘密は、三陸沖で水揚げされた鮮度抜群の魚介や、宮城県内からの新鮮な素材を豪快に炭火で焼く料理の数々。二人は名物特大“キンキ”の炭火焼きに舌鼓▼出演・きたろう、西島まどか

ETV特集「昭和天皇は何を語ったのか・初公開“拝謁記”に迫る」-NHKEテレ/23:00~翌00:00 占領の時代、昭和天皇のそばにあった田島道治の新資料「拝謁記」が公開された。1949(昭和24)年から、昭和天皇の言葉が克明に記されていた。注目されるのが戦争責任と退位の可能性だ。敗戦の道義的責任を感じていた昭和天皇は、当初退位も考えていた。さらに1952年の独立記念式典の「おことば」で戦争への反省を述べようとする。しかし、最終的に戦争の経緯は削除された。なぜか。天皇と長官の対話を忠実に再現する▼出演・片岡孝太郎、橋爪功