カテゴリー
天気

2019年8月29日(木)

今日は日本海側で雨雲が発生し、雨が降り続き、雨量の増えているところもあるかもしれません。記録的な大雨になった九州北部は、日中は雨が小康状態だったでしょうか。

関東は晴れた時間が長くなりました。南部の当地は、朝までは雲が目立つような空模様でしたが、そのあとはよく晴れました。そして、予想通り、気温が上がりました。

東京都心の最高気温は34.6℃。埼玉の越谷は35.1℃まで上がり、猛暑日となっています。

日中雨が小康状態だった九州北部には、今夜から明日の未明にかけ、また雨雲がかかる予報です。夜間の雨は不気味ですね。

明日は太平洋側でも雨になります。高温多湿の空気が流れるからだそうです。

午後7時前の気象情報・関東版を見る限り、関東の雨は西部で長く降り、東部は一日を通して降らないところもあるかもしれません。

関東では今日気温が上がりましたが、明日は少し下がります。都心の予想最高気温は、今日より4℃ほど低い31℃です。都心の最小湿度が64%と高いため、蒸し暑くなると伝えていました。ただ、気温が4℃ほど低いというのはバカにならないでしょう。

また、2、3日前の予想では、都心は来週の途中まで連日34℃ぐらいの予想でしたが、これも全体的に気温が幾分下がり、9月2日が33℃で、ほかは30℃から32℃ぐらいの予想に変更されました。

関東の1カ月予報を見ますと、9月13日前は高い気温で、そのあとは平年並みか高い予想です。ちなみに、9月27日の平年の気温は、都心の最低気温が17.4℃、最高気温が24℃だそうです。待ち遠しいですね。

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

<原稿の安倍>フランスでも、やらせ会見 「見ていて恥ずかしい!」

<原稿の安倍>フランスでも、やらせ会見 「見ていて恥ずかしい!」

カテゴリー
オールド「日々の独り言」

2007/07/04 朝日の暗躍と久間防衛相の辞任

本日は、久間章生前防衛相を巡る報道でも馬脚を露している朝日新聞が持つ恐ろしさについて書いてみます。

ここへ来て、安倍首相も朝日への対決姿勢を隠さなくなりました。朝日などが持つ権力者以上の権力の暴走ぶりにこれ以上手をこまねいているわけにはいかない、との思いを強くしているからです。

先頭に立った朝日などマスメディアの都合で、真意を勝手に曲解され、権力の座にあった閣僚を辞任させざるを得なくなりました。権力者の上に立つ権力の横暴。これほど恐ろしいものはありません。

そもそも、新聞であれテレビであれ、報道が担う役割は何でしょうか。そのひとつには、真実を報道するということです。間違いがあるのであれば、それをただした上で読者や視聴者に届ける義務があります。

それでは、今回の久間前防衛相の発言における「真実」の扱いはどうだったでしょうか。

カテゴリー
YouTube

Merry Go Round of Life – Howl’s Moving Castle ( kalimba cover by April Yang)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

フランス検察、電通のパートナー企業を捜査 東京五輪含めスポーツビジネスの汚職にメス(ニューズウィーク)

フランス検察、電通のパートナー企業を捜査 東京五輪含めスポーツビジネスの汚職にメス(ニューズウィーク)

カテゴリー
Vimeo

The Super Zoom

カテゴリー
テレビ番組

2019年8月29日(木)

シネマ『ヒンデンブルグ』(1975年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~15:06 監督:ロバート・ワイズ▼脚本:ネルソン・ギディング▼音楽:デヴィッド・シャイア▼撮影:ロバート・サーティース▼出演:ジョージ・C・スコット、アン・バンクロフト、ウィリアム・アザートン、ロイ・シネス、ギグ・ヤング、バージェス・メレディス、チャールズ・ダーニング、リチャード・ダイサート、ロバート・クラリー、ルネ・オーベルジョノワ、ピーター・ドナット、ジョアンナ・ムーア、アラン・オッペンハイマー、キャサリン・ヘルモンド、スティーヴン・エリオット、ほか▼1937年、アメリカで起きたドイツの巨大飛行船・ヒンデンブルク号の爆発炎上事故。20世紀の悲劇ともいわれる実話を、ロバート・ワイズ監督が大胆な想像と推理によって描くサスペンス大作。ドイツとアメリカを結ぶ大西洋航路に就航したヒンデンブルク号を爆破するとの情報が流れ、ドイツ空軍のリッター大佐が乗船し、厳戒態勢がとられる。特撮と実際のニュース映像を交えた迫真の映像と音響は、アカデミー賞2部門を受賞した。

カンブリア宮殿「顧客調査で急成長する食卓革命の全貌!」-テレビ東京/22:00~22:54 7年前にカンブリア宮殿に登場したオイシックス。当時の年商は126億円だったが、今や、なんと640億円にまで急拡大させたという。その秘密は「大地を守る会」や「らでぃっしゅぼーや」など、野菜宅配ビジネスのライバルを次々と傘下に収めたことにある。しかも、その各ブランドでヒット商品を連発し、破竹の快進撃を続けているのだ。徹底した顧客調査を武器に業績を伸ばしてきた新生オイシックスの強さに迫る▼ゲスト・高島宏平(オイシックス・ラ・大地 社長)▼きき手・村上龍、小池栄子