2019年8月2日(金)

このところは連日の猛暑ですから忘れてしまった人もいるかもしれませんが、関東は暑くなるまで記録的な梅雨寒でした。

「海の日」だった先月15日頃も、関東はそんな状態が続いていました。気温が低く、私も長袖で過ごしていました。そんなわけですから、海の日だからといって海やプールへ出かける人は限られました。

東京の遊園地・豊島園も、かつてないほど、プールの利用者が少ないと報じられていました。

それが一転してこの暑さですから、今日も海やプールは水を求める人々で大賑わいとなったでしょう。東京都心は35.1℃まで上がり、2日続けての猛暑日です。さいたま市と栃木の佐野は37.7℃まで上がっています。

特徴的なのは、気の高い時間が長いことです。都心では昨日、30℃以上の時間が11時間55分も続きました。今日はそれよりも短いものの、半日以上となり、体力の消耗が著しくなりました。

明日も、沖縄で曇りや雨になるほかは、全国的に晴れて気温が高くなります。都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い26℃、最高気温はほぼ同じ35℃です。

そんな今日の午前9時頃、日本の遥か南東の海域で台風8号が発生しています。今は時速30キロほどの速度で北西方向へ移動しています。そのままの進路をとれば、来週初めに西日本へ接近する予想です。

関東からは離れた海域を通過していく予想ですが、それでも影響はあり、海のうねりが予想されます。

2002/02/05 東電OL事件現場を訪ねて

先日(3日)の日経新聞のブックレビューで紹介されていた本の記事が気になり、それを切り抜いて置いたところ、今日は別の地方紙にも同じ本の紹介記事が載っていました。『箱庭センチメンタル』リトル・モア/2200円)という紀行集です。

その本の著者の小林キユウ氏は、地方紙の記者をされたあと、現在はフリーの写真家として活躍されている方です。

記事に添えられたポートレイトを一目見て、以前、NHKの討論番組に出演されていた方だということに気づきました。働くことの意味(意義)を考える討論番組だったと記憶していますが、そのゲストのお一人が小林氏でした。あまりご自分からは発言されず、司会者に促されられながら訥々と話されていた姿が印象に残っています。

“2002/02/05 東電OL事件現場を訪ねて” の続きを読む

2002/01/27 東電OL・泰子|アラーキーの「課外授業」

今日は、東電OL殺人事件についての続編ということで、当事件の被害者である渡邉泰子(以後、泰子)さんの内面に少しでも迫るような書き方をしてみたいと思います。

ただ、今回の本『東電OL症候群(シンドローム)』佐野眞一著/新潮社/1600円)を読み終わった今も、彼女の心の内は真っ暗な闇のように眼前に広がり、他人の安易な侵入を拒んでいるように思われます。

ましてや、今回の続編の元になる著作『東電OL殺人事件』(佐野眞一著/新潮社/1800円)さえもまだ未読の身の私に、彼女の心の深層に迫れるはずもありません。が、これを書きながら少しでも闇のそこここに明かりを灯せたら、と思っているところです。

“2002/01/27 東電OL・泰子|アラーキーの「課外授業」” の続きを読む

2016/01/30 神さま、仏さま、TextSS.netさま!

本サイトで私が便利に使っているソフトを紹介しています「オンラインソフト・リンク」(今は「ソフト履歴」)のページに、本日、新たなソフトを追加しました(現在、このページはありません)。

 追加したソフト→ TextSS.net

ネットでソフトの情報と提供をしてくれています「Vector(ベクター)」で、私がこのソフトを見つけたのは、今日です。ということは、ダウンロードして実際に使い出したのも今日ということで、まだ使い出したばかりです。しかし、あっという間に、私にはなくてはならないソフトになり、急遽、本サイトでも紹介することにしました。

“2016/01/30 神さま、仏さま、TextSS.netさま!” の続きを読む

2019年8月2日(金)

シネマ『ミッドナイト・ラン』(1988年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~15:08 監督:マーティン・ブレスト▼脚本:ジョージ・ギャロ▼音楽:ダニー・エルフマン▼撮影:ドナルド・E・ソーリン▼出演:ロバート・デ・ニーロ、チャールズ・グローディン、ヤフェット・コットー、ジョン・アシュトン、デニス・ファリーナ、ジョー・パントリアーノ、リチャード・フォロンジー、ロバート・ミランダ、ジャック・キーホー、ウェンディ・フィリップス、ダニエル・デュクロス、フィリップ・ベイカー・ホール、トム・マクレイスター、ローズマリー・マーフィ、トム・アーウィン、ほか▼シカゴ警察を退職し、賞金稼ぎとなったジャックは、マフィアの金を横領した会計士マデューカスを、NYからロスに連れ戻す仕事を引き受ける。飛行機に乗るはずだった2人は、ひょんなことから列車でロスへ向かうことに。組織とFBIの両方に追い回されながら、やがて2人の間には奇妙な友情が芽生え始める。主演ロバート・デ・ニーロ。スリルとユーモアにあふれた大陸横断逃避行を描く、傑作アクション・ロードムービー。

武田鉄矢の昭和は輝いていた「大転換の年!昭和48年グラフィティ」-BSテレ東/20:00~20:54 昭和のある年代にスポットを当て、当時を振り返るグラフィティシリーズ。今回は、時代の転換期ともいえる<昭和48年>にスポットを当てる。 第1次オイルショックが起こったこの年、物不足への恐怖からスーパーの店頭では、トイレットペーパーの奪い合いが起こるなど、波乱の幕開けに。しかし、一方で秋には、巨人が9年連続で日本一を達成。競馬界では怪物ハイセイコーが一世を風靡、音楽ではフォークの名曲が誕生した。ゲストの浅田美代子がデビューしたのもこの年。「赤い風船」の大ヒットで一躍時の人に。本人が語る、デビュー当時の数々のエピソードや初々しい貴重映像を紹介。また、武田鉄矢が自ら語る、あの名曲がヒットするきっかけとは!? ヒット曲やベストセラー、懐かしいヒット商品で時代の転換期を振り返る▼紹介楽曲:「女のみち」宮史郎とぴんからトリオ、「夜空」五木ひろし、「赤い風船」浅田美代子、「神田川」南こうせつとかぐや姫、「草原の輝き」アグネス・チャン、「赤とんぼの唄」あのねのね、「母に捧げるバラード」海援隊、「雨の慕情」八代亜紀▼ゲスト・浅田美代子(女優)、亀渕昭信(ラジオパーソナリティ)▼司会・武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

ドキュメント72時間「神戸・激安靴店を歩けば」-NHK総合/22:50~23:19 神戸市の郊外にあ、「巨大な靴店」が今回の舞台。広さ1000坪の売り場にはおよそ10万足が並ぶ。驚くのはその値段。サンダル499円、パンプス980円、ビジネス革靴は2足で5000円と激安商品がずらり。リーズナブルな靴を求めて連日客が押し寄せる。夏のはじめ、新しい靴を履いて歩み出す人々を見つめる▼ナレーター・吹石一恵