カテゴリー
天気

2020年7月7日(火)

このところは雨、雨、雨で、雨の文字を見るのも嫌という人が多くいるでしょう。今日は「七夕」ですが、どうでしょう、天の川が見えるところはほぼないでしょうか。

九州は強い雨が続いている模様です。この先も、しばらくは雨の日が続き、気が休まらないだろうと思います。

今夜も九州や中国、東海などで雨が強まる予報です。

関東南部の当地は、風、風、風で、風の吹く日が多くなっています。今日も明け方から一日風が吹きました。本コーナーの更新をする午後7時過ぎも、朝よりは弱まりましたが、まだ吹いています。

当地に関しましては、雨はほとんど降りませんでした。日中も曇り空でした。

神奈川の箱根は雨が強く降ることが続き、雨量が増えています。今月になって今日まで、681.5ミリの雨量だそうです。驚きの量ですね。これは、当地で7月1カ月に降る雨量の178%に相当するそうです。

ほかにも、千葉市が127.5ミリで104%、東京都心も97.5ミリで64%の雨が、1週間の間に降ったことになります。

関東も来週にかけて傘マークが並んでおり、この先どうなるのか心配になるほど今年の梅雨は雨が多くなっています。

そんな今日、都心の最高気温は29.3℃でした。

関東は今夜から明日にかけても雨の降りやすい状態が続きます。箱根では雨が続き、降り方が強まることがあるということです。おそらくは箱根周辺になりましょう。関東南部の多いところで、明日の夕方までに150ミリの雨が予想されています。

おとといだったかの気象情報で伝えられていたように、今夜から明日朝にかけ、関東南部は気温が高めです。

都心の予想気温は、最低気温が今日とほぼ同じ25℃です。ということは、昨夜から今朝にかけても熱帯夜に準ずる気温だったことになります。

そのわりには、私は特別寝苦しく感じることはありませんでした。ともあれ、25℃を下回らなければ、都心は今年初めての熱帯夜です。

最高気温も今日とほぼ同じ29℃です。

明日も関東は風が吹く予報で、雨、雨、雨のほかに、風、風、風に悩まされることになります。

カテゴリー
天気

2020年7月6日(月)

九州は依然として大雨が降り続いています。本コーナーは午後7時過ぎに更新しますが、この時間、福岡と佐賀、長崎には大雨の特別警報が出ています。

今夜はこれらの地方に断続的に発達した雨雲がかかり続け、その下では激しい雨が降り続き、災害の発生が懸念される状況です。

関東南部の当地は、昨日に引き続き、雨はあまり降っていません。

明け方は弱い雨が降りましたが、朝に一旦上がり、そのあと、朝はごく弱い雨が降ったり止んだりするような天気でした。当地は、昼前以降はほとんど雨は降っていません。

東京都心の最高気温は26.9℃です。午後6時40分も26.4℃ですから、気温がほとんど変化していないことになります。

明日も、沖縄は晴れますが、それ以外はほぼ全国的に雨が降る予報です。西日本は、九州のほか、四国なども太平側で雨が強まる時間がある予報です。東海も雨が強まるでしょう。

明日の朝、関東は雨の止むところが多い予報です。しかしそのあとは、関東もほぼ一日雨の降りやすい状態が続きます。

関東で雨が強まりやすいのは、神奈川の西部です。この地方は、すでに降った大量の雨がしみ込んで、土砂災害が発生しやすい状況といえましょう。

明日の夕方までに、神奈川西部を中心に、130ミリの雨量が予想されています。

都心の最高気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い24℃、最高気温も1℃ほど低い28℃です。

明日は一日を通して蒸し暑くなるそうです。ですから、体がだるく感じたら、それができる人であれば、しばらく横になって体を休めるなどするとよいでしょう。

カテゴリー
天気

2020年7月5日(日)

九州で大雨の被害が拡大しています。激しい雨が続いていることで球磨川の水量が急激に増大し、氾濫するなどしています。川の沿岸に住む人が、亡くなったり行方不明となったしています。

九州には依然として発達した雨雲がかかり続け、明日にかけても雨が激しく降るところが予想されています。

四国にも発達した雨雲がかかり、夕方までに多いところで300ミリの雨量が予想されています。

当面は前線がかかり続け、前線上に低気圧が発生するなどして雨が続く予報になっており、懸念は強まるばかりです。

今日の関東は、一日を通して曇り空ながら、まずまずの天候に感じました。

といいますのも、南部の当地は、昨夜にかけて吹いた南寄りの風が、当地では収まったからです。

また、当地は曇っていても空が明るく時間がありました。夕方からは天気が回復し、雲が取れて晴れ間が広がっています。

ただ、当地でもこのあとは天気が下り坂に向かうでしょう。今夜遅くになりますと、雨の降りだすところがあります。関東は雨の降りやすい状態になります。

朝は広く雨の予報です。降り方は、ところによって異なるでしょう。

明日も神奈川の箱根周辺で雨が続き、降り方も強まる予報です。おそらくは箱根周辺を念頭に、関東南部の多いところで、明日の夕方までに180ミリの雨を予想しています。

北海道は気温が上がります。旭川は30℃の予想です。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど低い22℃、最高気温は2℃ほど低い26℃です。

先週気象庁から発表された情報によりますと、関東は7日以降飛年より高い気温になるということでした。ということは、関東で気温が低いのは明日までになりましょうか。

カテゴリー
天気

2020年7月4日(土)

九州で雨が激しく降る状況が続いています。これまでに大量の雨が降り、河川が氾濫しました。

本コーナーの更新をする午後7時過ぎ、九州は雨が一旦上がっているようですが、明日は再び降り始め、明日の夕方までに多いところで、さらに200ミリの雨が予想されています。

しかも、今週は九州で雨の日が続く予報になっており、気の休まらない日々が続いてしまいそうです。

関東南部の当地は、ごく弱い雨が降ったり止んだりする天気でした。当地で目立ったのは強い風です。昼前と昼過ぎは、台風が接近した時のように、強風が吹き荒れました。

午後7時過ぎは、日中に比べると弱まりましたが、それでもまだ風が吹いています。東京都心は、午後7時前、4メートルぐらいの南寄りの風が吹いています。

当地に強い風をもたらした原因が何なのか、素人の私には天気図を見てもわかりません。付近に発達した低気圧が見当たらないからです。

関東は明日も南寄りの風が強まるそうです。

この時間、当地の雨は上がっていますが、今夜はところどころで雨の予報です。

関東の雨は朝には一旦上がります。しかし、午後になりますとまた降り出すところがあり、夜は北部を中心に雷を伴って雨が降る模様です。

この1週間は、関東の北部で雨が続く予報です。都心は月曜と金曜に傘マークがつき、ほかの日は曇りマークです。

都心の予想気温は、最低気温が今日より4℃ほど高い24℃ですから、今夜は寝苦しく感じるかもしれません。最高気温は2℃ほど高い30℃です。

カテゴリー
天気

2020年7月3日(金)

本州南岸に梅雨前線が張り付いた形です。前線上に低気圧が発生し、その周辺で雨が強まっています。

午後7時前は九州南部から四国の太平洋側で雨が非常に激しく降っているところがある模様です。四国の多いところでは、明日の夕方までに300ミリの雨量に達すると予想しています。

今日の関東は曇りのち雨の予報で、午後に雨が降りだすということでした。

南部の当地は、午前中は比較的良い天気の時間がありました。朝は晴れ間があり、陽の射すような天気でした。予報を知らなければ、布団干しを考えてもよさそうに思えたほどです。

当地も昼前からは曇り空に変わりました。私は昼頃に自転車で走りましたが、その時間、上空は曇り空でした。体を動かしたことで汗をかきました。

夕方になり、関東は雨が降りだしたところが多いです。当地も、その時間ぐらいから雨が落ち始めましたが、ごく弱い雨で、本コーナーの更新をする午後7時過ぎは、静かですから、もしかしたら止んでいるかもしれません。

そんな関東ですが、今夜から明日の朝ぐらいにかけては雨が降りやすく、ところと時間によっては降り方が強まる予報です。

先日の雨と同じように、神奈川の西部で強い雨や長い時間の雨が予想されています。これらの地方を中心に、多いところで180ミリの雨量が見込まれています。

朝になりますと関東は雨の上がるところが多くなり、日中は陽の射すようなことがあるかもしれません。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど低い21℃、最高気温も2℃ほど低い27℃です。

関東で先日雨が降った時と同じで、南寄りの風が吹き、沿岸部で強い風が予想されています。

関東は来週も梅雨空が続き、晴れる日はないと見られています。その割には気温が高めで、都心は30℃から32℃の予想です。

これを暑いと感じるかどうかは人それぞれです。体を動かせば暑いでしょうが、そうでなければ、特別騒ぎだてするような気温ではないと私は見ています。

カテゴリー
天気

2020年7月2日(木)

昨夜、途中で目が覚めました。外から雨音が大きく聞こえてきたからです。夜に降る雨が、しとしとといった降り方であれば風情を感じないわけでもありません。

しかし、ほかの音が聞こえにくいほどの降り方になりますと、あたりが暗いこともあり、不安になります。というわけで、雨が弱まるまでの小一時間、寝つけませんでした。

その雨は、当地では明け方には上がっていました。関東は天気が回復し、日中はほぼ快晴となりました。雨上がりであったこともあり、純度の高い青色でした。

東京都心は30.8℃まで上がりましたが、最小湿度が48%と低かったため、気持ちの良い陽気に感じました。

梅雨時は晴れが続きません。明日は、西日本と東日本の太平洋側を中心に雨となります。九州はあさってにかけ、再び大雨が予想されています。

関東は午前中は曇りで、午後に雨が降り出します。午後6時頃は、南部で雨脚が強まる予報です。

都心の予想気温は、最低気温が今日とほぼ同じ22℃、最高気温は5℃ほど低い26℃です。

この数字を見ますと、明日もしのぎやすそうに感じるでしょう。しかし、今日より気温が低いのに、今日より不快に感じるかもしれません。

といいますのも、都心の予想最小湿度が65%と上がるからです。

カテゴリー
天気

2020年7月1日(水)

今日から7月です。そんな7月の始まりの日、わたくしごとになってしまいますが、私の姪が女の子を出産しました。

朝に病院に入ったという連絡があり、午後に無事出産を終えたという連絡が再び入りました。姪の子供は私にの何になるのでしょうか?

姪の出産が迫っていたからというわけでもないでしょうが、私は夜半、寝苦しくて目が覚めました。それもそのはずで関東は夜間の気温が上がっていたようです。

東京都心の予想最低気温が、今日より2℃ほど低くて23℃ということは、昨夜は熱帯夜のような陽気だったことになります。

私は30分後に消えるようにタイマーをかけ、冷房を入れて眠りました。

関東でも大雨のところがあります。神奈川の箱根は、この24時間に171.5ミリの雨量を観測しています。今夜から明日の朝にかけてさらに100ミリ前後の雨が予想されており、警戒が必要な状況です。

南部の当地は、昨夜から今朝にかけ、雨はそれほど降っていないと思います。午前3時半頃に起きましたが、その時間も雨は降っていませんでした。

結局、当地は曇りの一日で、雨は降っていません。

その代わりといいますか、強い風が吹きました。本コーナーの更新をする午後7時過ぎも、当地ではまだ風が吹いています。

東海地方で災害を起こすような雨が続いています。中でも静岡で雨量が増えており、今夜もまだ大雨が予想されています。

日付が替わる時間帯は、山梨から埼玉のあたりにかけて発達した雨雲がかかる予報で、その下では雨が激しく降るでしょう。

明日の朝までには、関東の雨は上がります。

明日は西日本と東日本は晴れて気温が上がります。北日本と北陸は曇りで、北海道は長い時間雨の予報です。北海道は気温が低く、釧路の最高気温は17℃の予想です。

東京は3日ぶりの晴れとなります。朝から昼過ぎ、あるいは夕方頃にかけ、長い時間晴れます。夜は南部で晴れ、北部は曇りで、ごく一部で雨の予報です。

都心の予想気温は、最低気温は23℃とすでに書きました。最高気温は、今日より3℃ほど高い30℃です。

ということで、私は明日も布団干しを計画しています。

カテゴリー
天気

2020年6月30日(火)

活発な梅雨前線の影響で、前線がかかる太平洋側を中心に雨が強まっています。

東海地方は、明日の夕方までに多いところで400ミリの雨量が予想されるなど、記録的大雨に警戒が必要な状況となってきました。

東海地方は、そのあともまた100ミリ程度の雨が降ると見られ、総雨量が500ミリに達することも考えられるそうです。

関東南部の当地は、午前中は曇りで、午後になって雨が降り出しました。強まったり弱まったりといった降り方です。

関東は南部の沿岸部ほど雨が激しく降る傾向にあるようです。ちなみに激しい雨というのは、1時間に30ミリの雨を指すと予報士の船木さんから説明がありました。

関東は今夜いっぱい雨の降りやすい状態が続き、明日の通勤通学の時間帯は、南部で雨のところが多くなります。

関東の雨は一旦小康状態となりますが、夕方に雨が降り出し、夜遅くにかけて強い降り方になるようです。

神奈川の箱根周辺で雨量が多くなり、明日の夕方までに200ミリの雨量が予想されています。

雨に加えて風が強まります。東京では最大風速を17メートルと予想しており、瞬間的には25メートルに達するものと見られます。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃高い23℃で、最高気温は2℃ほど低い26℃です。

関東は今のところ最高気温が低めですが、7月7日からは、東京で平均より2.7℃ぐらい気温が上がり、かなり高温になるとの注意情報が気象から出ました。

ちなみに、平均気温は28℃前後で、それより2.7℃高いということで、30℃を超えるような気温になることになります。

カテゴリー
天気

2020年6月29日(月)

本州の南にある梅雨前線が、今日は南に大きく撓んだ形になりました。関東付近からは前線が遠ざかり、南部の当地も明け方から晴れました。

東京都心は日照時間が10.3時間あり、12日ぶりに長い時間晴れました。私は布団干しをしました。洗濯物もよく乾いたでしょう。

日中の気温は東京都心で30℃ぐらいまで上がりましたから、外で活動した人は暑く感じたでしょう。私は室内で過ごしましたが、朝に日課の運動をしても、汗はそれほどかきませんでした。

明日にかけ、九州付近で前線が北へ盛り上がった形です。この影響で、九州や四国で雨が降り出し、激しく降るところも出てきます。

明日の夕方までに多いところで、四国が300ミリ、九州が200ミリと予想されていますから、雨の降り方には注意が必要です。

沖縄は晴れますが、ほかは全国的に雨が降ります。

関東は昼前にかけて曇りで、午後は次第に西部から雨が降りだす予報です。夜は広く雨になり、風が南部の沿岸部を中心に強まり、平均で10メートル以上と見込まれています。ですので、夜は横殴りの雨になってしまいます。

都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど高い22℃、最高気温は4℃ほど低い26℃です。

この先1週間、都心は木曜日に晴れ間があって32℃の予想のほかは、雨マークが並び、最高気温は上がっても28℃の予想ですから、まだ真夏の暑さからは免れそうです。

カテゴリー
天気

2020年6月28日(日)

3日後は7月ですが、関東は夜間の気温がそれほど高くなりません。年によっては、今頃から連日熱帯夜が続くことがあります。

この先の気温予想を見ましても、東京の最低気温は22℃ぐらいですので、寝苦しさに苦しめられるのはまだ先になりそうです。

私は今夜も、薄い夏掛けを掛けて眠ることにします。

関東は午前中を中心に雨が降り、降り方の強まるところや時間がある予報でした。

南部の当地は、明け方から雨になりました。特別強くは降りませんでしたが、雨脚がしっかり感じられる時間はありました。当地の雨は午前中のうちに上がりました。

伊豆諸島には発達した雨雲がかかり続けています。明日のはじめにかけても非常に激しい雨が予想され、警戒が必要な状況です。

明日午前9時の予想天気図を見ますと、梅雨前線は本州から南に離れた形です。このため、朝は西日本と東日本で晴れるところが多くなります。

そのあと、九州付近で前線が北上するため、九州は早く曇りはじめ、夕方頃には雨が降りだすところがある予報です。北日本は雲の多い天気で、雨が降ったり止んだりする予報です。

関東は日中晴れる予報です。夕方からは曇りの天気に変わり、北部の一部で雨の降るところがある予報です。

東京都心の予想気温は、最低気温が今日より2℃ほど低い20℃、最高気温は3℃ほど高い28℃です。

火曜日以降は雨や曇りの日が続く予報ですので、明日の晴れ間は貴重です。