カテゴリー
テレビ番組

2020年4月9日(木)

プレミアムカフェ「ハイビジョンスペシャル 井上ひさしのボローニャ日記」(初回放送:2004年)-NHKBSプレミアム/09:00~10:55 中世からの自治都市、北イタリア・ボローニャを研究した井上ひさし。赤レンガの街に息づく「自治」の精神に恋し、街づくりの秘密を求め現地を訪ねた。古い建物の外壁を生かし、最新の「図書館・映画資料館」に作り直す開発の様子や、世界最古の大学を学生組合が運営した歴史から、福祉も芸術も産業も市民の組合が育んでいるという現場を見つめる▼ナレーター・森田美由紀▼スタジオキャスター・渡邊あゆみ

カンブリア宮殿「ボランティアが殺到!どんな患者も断らないNPO」-テレビ東京/22:00~22:54 「世界を変える医療第1弾」は、東南アジアで15年以上にわたり医療活動などを続けるNPO法人ジャパンハート。これまで救ってきた患者は20万人以上。今では医師や看護師など年間800人以上のボランティアが参加する。大勢のボランティアがやってくる理由は、参加のハードルが高くないこと。はじめは1人で活動を始めた創設者の吉岡。「どんな患者も断らない」を信条に治療を続けてきた。1人でも多く救うには「組織」が必要で、ボランティアで運営できる仕組みを作り上げた。「医療の届かないところに医療を届ける」という活動は国内でも展開。持続できるNPOとは?ジャパンハートの活動に密着した▼ゲスト・吉岡秀人(ジャパンハート 最高顧問、小児科医)▼きき手・村上龍、小池栄子

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月8日(水)

シネマ『黄金狂時代』(1925年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~14:10 監督・脚本・音楽:チャールズ・チャップリン▼撮影:ローランド・トザロー▼出演:チャールズ・チャップリン、ジョージ・ヘイル、マック・スウェイン、トム・マレイ、マルコム・ウエイト、スタンリー・J・サンフォード、アルバート・オースチン、アラン・ガルシア、トム・ウッド、チャールズ・コンクリン、ジョン・ランドほか▼喜劇王・チャールズ・チャップリンの傑作中の傑作。一獲千金を夢見て、ゴールドラッシュに沸くアラスカにやって来た探検家チャーリーは、猛吹雪に遭い、近くの山小屋に避難する。ところが、そこでお尋ね者の悪党と遭遇、続いて、金鉱を発見した大男が転がり込んでくる。空腹のあまり靴を煮て食べる場面、傾きかけた山小屋からの必死の脱出の場面など、数々の名シーンで知られる。チャップリン自身のナレーション版での放送。

刑事コロンボ「(2)死者の身代金」-NHKBSプレミアム/21:00~22:36 脚本:ディーン・ハーグローヴ▼演出:リチャード・アーヴィング▼音楽:ビリー・ゴールデンバーグ▼出演:ピーター・フォーク、リー・グラント、パトリシア・マティック、ハロルド・グールド、ジョン・フィンク、ほか▼吹き替え・小池朝雄、山東昭子、上田みゆき、北村弘一、納谷六朗、ほか▼弁護士レスリー・ウィリアムズは、夫を射殺後、30万ドルの身代金を要求する脅迫状を自分宛てに郵送し、誘拐事件をでっちあげる。生前の夫の通話を録音したテープとタイマー装置を利用して、夫から自宅に電話がかかってきたように細工したのだった。だが、市警本部とFBIとの連絡係として現場に居合わせたコロンボは、彼女の電話の受け答えに違和感を覚える。

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月7日(火)

シネマ『アメリカン・グラフィティ』(1973年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~14:55 監督:ジョージ・ルーカス▼脚本:ジョージ・ルーカス、グロリア・カッツ、ウィラード・ハイク▼撮影:ロン・イヴストレイジ、ジョン・グルクイン、ハスケル・ウェクスラー▼出演:リチャード・ドレイファス、ロニー・ハワード、ポール・ル・マット、シンディ・ウィリアムズ、キャディ・クラーク、マッケンジー・フィリップス、ハリソン・フォード、ウルフマン・ジャック、キャスリーン・クインラン、ケイ・レンツ、ボー・ホプキンス、スザンヌ・ソマーズ、ほか▼1962年のカリフォルニアの小さな田舎町を舞台に、高校を卒業した若者たちが、一緒に過ごす最後の夜を描いた青春群像劇。当時29歳のジョージ・ルーカス監督が1960年代のアメリカの青春像を鮮やかによみがえらせ、出世作となった。出演は、リチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、のちに監督となり「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞に輝いたロニー・ハワード。全編を流れるロックンロールの名曲も印象的。

ぶらぶら美術・博物館「奇跡の大規模展『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』(後編)」-BS日テレ/20:00~20:54 西洋美術史が俯瞰できる門外不出のコレクションが来日。古典から印象派の誕生まで、名作でたどり理解できる贅沢な機会。ゴッホ「ひまわり」シリーズの最高峰も日本初公開▼出演・山田五郎、おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)、高橋マリ子

ガイアの夜明け「楽天の野望」-テレビ東京/22:00~22:54 4月8日、楽天が携帯電話事業に本格的に参入する。最大のウリは大手3社の半額以下という料金プラン。300万人に限っては「1年間無料」にする。しかし、サービス開始までは苦難の連続だった。通信ネットワークの要となる基地局の設置が計画通りに進まず、当初予定していた昨年10月のサービス開始を大幅に延期せざるをえなかった。試験サービスで通信障害が発生したことなどで、総務省から4度もの「行政指導」を受けた。何としても自前の通信網を完成させなければ。楽天グループ数千人が総力を結集する特命プロジェクトが始まった。ガイアはその舞台裏に密着取材。グループを率いる三木谷社長が携帯参入の先に描く「楽天の野望」に迫る▼案内人・松下奈緒▼ナレーター・眞島秀和

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月6日(月)

吉田類の酒場放浪記「三軒茶屋『居酒屋のんき』」-BS-TBS/21:00~22:00 茶沢通りから入り、昔ながらの商店街の路地にある大衆酒場。店主の実家は正面の銭湯でかつては風呂上りに寄る常連らで賑わった“昭和の社交場”。大田市場から仕入れる魚介と日替わりボードのメニューがおすすめ。ネタケースの中に、早い者勝ちのカンパチのカマを見つけた吉田さん、早速注文。春を告げる店主の創作料理などに、越後と土佐の酒で合わせて三軒茶屋の穴場酒場を後にした▼ナレーター・河本邦弘

ワタシが日本に住む理由「阿蘇・こたつ大好きスウェーデン人 ワル・マックス・ラブ」-BSテレ東/21:00~21:55 考古学者を夢見たスウェーデン人マックスさんは日本に住んで4年。外国人旅行者のためのツアーガイドとして熊本県阿蘇の魅力を世界に発信しています。8歳の時に出会った漫画「ドラゴンボール」から日本に憧れを持ったマックスさん、一度は夢から逃げたものの運命的な出来事をきっかけに日本行きを再決意。湯けむりと阿蘇料理、田舎暮らしを満喫中。こたつを愛し高菜も漬けるマックスさんの、ワタシが日本に住む理由とは?▼司会・高橋克典▼アシスタント・池谷実悠(テレビ東京アナウンサー)

にっぽん!歴史鑑定「戦国の女たち・浅井三姉妹と大坂の陣」-BS-TBS/22:00~22:54 信長、秀吉、家康の天下取りに翻弄され続けた戦国の女、浅井三姉妹。秀吉の後継者・秀頼の母として豊臣方を仕切る長女・茶々、徳川2代将軍・秀忠の妻として姉の行く末を憂う三女・お江。そして、豊臣と徳川、姉と妹の間で苦悩する次女・初。望まずして敵味方に分かれ戦った三姉妹の宿命。乱世に翻弄された三人の数奇な運命に迫ります▼出演・田辺誠一▼ナレーター・鈴木順

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月5日(日)

日曜美術館「見つけよう!あなただけのオルセー美術館」-NHKEテレ/09:00~10:00 NHKとオルセー美術館の国際共同制作により8K撮影した名画を、スタジオモニターで鑑賞。小林聡美さんと細田守さんが“日本で一番オルセー美術館に詳しいひとり”高階秀爾さんと一緒にマネ「草上の昼食」、ゴッホ「星降る夜」などおなじみの作品を高精細ならではのアップでじっくり見る。と、今まで気づいたことのない細部や質感がどんどん現れる。画家の息吹やたくらみまで伝わってくるよう、絵画はまったく新しい魅力を放つ▼出演・高階秀爾(元国立西洋美術館長05文化功労)小林聡美、細田守(アニメーション映画監督)▼司会・小野正嗣、柴田祐規子▼アートシーン:ピーター・ドイグ展(東京国立近代美術館)ほか

将棋フォーカス「左桂で速攻!鬼ごろし」-NHKEテレ/10:00~10:30 将棋の総合情報番組。講座は阿久津主税八段の「阿久津主税の楽しく勝とうB級グルメ戦法」。今週は「左桂で速攻!鬼ごろし」。特集は「代70回NHK杯将棋スタート」。今年度、70回という節目を迎えるNHK杯将棋トーナメント。本選出場をかけた熾烈な予選の戦いにカメラが密着。番組MCの二人は、果たして勝ち残ることができたのでしょうか?▼講師・阿久津主税八段▼きき手・加藤桃子 女流三段▼司会・高見泰地七段、向井葉月

第70回 NHK杯テレビ将棋トーナメント「1回戦・第1局 屋敷伸之九段×八代弥七段」-NHKEテレ/10:30~12:00 「NHK杯テレビ将棋トーナメント」は、今期で70回目を迎える。その歴史は長く、テレビ棋戦として高い知名度を築き上げ、これまで数多くの名勝負、名対局を生んできた。1年間の長く厳しいトーナメントを勝ち抜いた勝者に、栄えあるNHK杯選手権者の称号が贈られる。昨年度の覇者は深浦康市NHK杯。第70回の1回戦第1局は屋敷伸之九段と八代弥七段の対戦▼解説・深浦康市NHK杯▼司会・中村桃子 女流初段

NNNドキュメント「私の声はバイオリン」(制作・札幌テレビ)-日本テレビ/翌01:00~01:30 21年間にわたって札幌交響楽団のコンサートマスターを努めてきたバイオリニストの大平まゆみさんは、公演の合間に病院や施設などを訪問し、「音楽の魅力」を伝えてきました。その大平さんが自らの体に異変を感じたのは去年の春。医師の診断は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)でした。「音楽は人の心を動かす」と信じてきた大平さん。ALSを公表したあとも、各地で演奏を続け、命の大切さを伝えようという大平さんの姿をみつめます▼ナレーター・坂本真綾

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月4日(土)

ドキュメントJ「城下町をつなぐ・熊本地震から3年」-BS-TBS/10:00~11:00 2016年4月。震度7を2度観測した熊本地震が発生。築130年前後の木造家屋「町屋」が点在する城下町「新町・古町地区」も大きな被害を受けた。 数千万円ほど掛かる町屋の修復は自己負担。地震発生後,命と生活が最優先という環境下で、町屋所有者たちは、解体か修復の選択を強いられる。県民のシンボル・熊本城の修復作業は,急ピッチで進められる一方、城下町の町屋は傷みが進行。城下町に暮らす人たちは、歴史ある町並みをどう未来へつなげていったのか。

名探偵ポワロ「(1)コックを捜せ」-NHKBSプレミアム/17:10~18:00 原作:アガサ・クリスティー▼脚本:クライブ・エクストン▼演出:エドワード・ベネット▼出演:デビッド・スーシェ、ヒュー・フレイザー、フィリップ・ジャクソン、ポーリン・モラン、ほか▼吹き替え:熊倉一雄、富山敬、安原義人、坂口芳貞、翠準子、ほか▼ポワロのもとに、「姿を消したコックを捜して欲しい」という依頼がくる。気が進まないポワロだったが、行きがかりで引き受ける。早速、コックがいなくなったという邸宅を訪れると、気になる点が2つあった。1つは姿を消したコックがすでに荷造りしてあったトランクを受け取りに使いをよこしたこと。2つ目は下宿人の男性が勤める銀行で、大金と共に行員が失踪したことだった。

夕焼け酒場「東京都港区六本木『魚洋水産』」-BS-TBS/18:00~18:30 今宵は、東京都港区六本木で創業28年目を迎えた「魚洋水産」。19歳で深川の鮮魚店に嫁ぎ、28歳からは自ら銀座などの繁華街で商売の経験を積み、44歳で六本木に大衆酒場の暖簾を出したという名物女将が迎えてくれる。実はこちら、7年目突入スペシャルゲスト・パパイヤ鈴木さんお知り合いのお店。パパイヤさんが愛する酒場3か条もご紹介。名物女将自慢の“イカ肝炒め”や“カレーライス”に舌鼓▼出演・きたろう、西島まどか

カーグラフィックTV「バーチャル・ジュネーブショー Part2」-BS朝日/23:30~翌00:00 今回の後編は誰も予想し得なかった革命的なエンジン情報が。日本の軽と同じくらい小さくて軽い3気筒(排気量は2.0だが)のターボで、カムシャフト無しでバルブを思うままに作動させるという。“フリーバルブ”と名付けられたそれは、600馬力のハイパワーと扱いやすさを両立させたもので、ハイブリッドのスーパーカー用として登場。そのクルマはケーニグセグ・ジェメラ。2000年に初めて実車を発表したスウェーデンのケーニグセグというスーパーカーメーカーは、いまや大注目▼出演・松任谷正隆、田辺憲一▼ナレーター・古谷徹

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月3日(金)

シネマ『勝利への脱出』(1981年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~14:58 監督:ジョン・ヒューストン▼脚本:ジェフ・マグワイヤ、エヴァン・ジョーンズ、ヤボ・ブロンスキー▼音楽:ビル・コンティ▼撮影:ジェリー・フィッシャー▼出演:シルヴェスター・スタローン、マイケル・ケイン、マックス・フォン・シドー、ダニエル・マッセイ、キャロル・ロール、ペレ、ほか▼ナチス占領下の連合軍捕虜収容所で、ドイツ軍と連合軍捕虜とのサッカー試合が企画された。ドイツ軍はこの試合を利用して兵士の士気高揚を目指す一方、捕虜たちは脱走計画を企てる。シルヴェスター・スタローン、マイケル・ケインが共演、さらに名選手ペレや、プロのサッカー選手が出演、迫力の試合場面が話題となった。名匠ジョン・ヒューストン監督が、戦争映画の形を借りながら、サッカーの魅力も描いたアクション映画の名作。

武田鉄矢の昭和は輝いていた「街を彩った歌謡曲・赤坂」-BSテレ東/20:00~20:54 昭和30年代、高度経済成長とともにナイトクラブが次々と登場し、エンターテインメントの聖地と呼ばれるようになった東京・赤坂。そんな赤坂を歌ったヒット曲にスポットを当てながら、赤坂の魅力に迫る。数多くの赤坂を歌った曲から、代表曲のロス・インディオス「コモエスタ赤坂」をはじめ、八代亜紀の「赤坂はせつなくて」やテレサ・テンの「赤坂たそがれ」また、西田佐知子の「赤坂の夜は更けて」などを紹介。その「赤坂の夜は更けて」は、石原裕次郎、藤圭子をはじめとした大物歌手がカバー、今回番組では、メドレーでお送りする。また、ゲストのロス・インディオス棚橋静雄が語る自身の大ヒット曲「コモエスタ赤坂」、「別れても好きな人」の誕生秘話、そして、世界を席巻したビートルズと赤坂で対談した人物とは!? 人々が憧れた大人の社交場・赤坂の逸話と名曲をお届けする1時間▼ゲスト・棚橋静雄(ロス・インディオス)、玉袋筋太郎(浅草キッド)、鈴木啓之(昭和アーカイヴァー)▼司会・武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

武田鉄矢の昭和は輝いていた「こころに響くギターの名曲」-BSテレ東/21:00~21:54 昭和の音楽史を彩った「ギターの名曲」にスポットを当てる。昭和を代表する作曲家、古賀政男が作り出す古賀メロディーをはじめ、エレキギターがトレードマークの田端義夫など、ギターの音色が魅力的な名曲の数々を誕生秘話を交えながら紹介。藤山一郎「影を慕いて」、田端義夫「かえり船」から、ゲストのアントニオ古賀が歌う「その名はフジヤマ」、鶴岡雅義と東京ロマンチカ「小樽のひとよ」そして、古賀メロディーの真髄ともいえるギターのイントロが印象的な、美空ひばり「悲しい酒」など、美しいギターの旋律と歌声が懐かしい映像とともに甦る。またスタジオでは、ギターの名手、アントニオ古賀と弦哲也が近江俊郎の「湯の町エレジー」、石原裕次郎の「北の旅人」を生演奏する▼ゲスト・アントニオ古賀(ギタリスト・歌手)、哲也(作曲家)▼司会・武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月2日(木)

カンブリア宮殿「巨艦パナは変われるか? 凄腕“出戻り”の挑戦」-テレビ東京/22:00~22:54 世界一を誇った日本の家電が没落して、既に10年以上。各社、大規模なリストラなど改革を断行するも、中国や韓国、台湾メーカーの台頭という市場の激変についていけず、今も苦しみ続けている。そんな中、日本のものづくり企業の象徴といえるパナソニックは、自らの屋台骨をも大きく変貌させる大改革に乗り出した。その尖兵に指名されたのは、40年前に松下電器に入社したものの退職、その後、世界中の成長企業を渡り歩き、熾烈な現場で勝ち抜いてきた凄腕の出戻り男だった。日本のものづくりの未来を占う、パナソニックの次の戦い方を追う▼ゲスト・樋口泰行(パナソニック専務)▼きき手・村上龍、小池栄子

カテゴリー
テレビ番組

2020年4月1日(水)

シネマ『モダン・タイムス』(1936年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~14:28 監督・脚本:チャールズ・チャップリン▼音楽:チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、ヘンリー・バーグマン、チェスター・コンクリン▼撮影:ローランド・トザロー、アイラ・モーガン▼出演:チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、ヘンリー・バーグマン、チェスター・コンクリン、アラン・ガルシア、スタンレー・サンドフォード、ハンク・マン、レイ・ナトー、スタンリー・ブリストーン、リチャード・アレクサンダー、セシル・レイノルズ、マイラ・マッキニー、フレッド・マラテスタ、サミー・スタイン、チャールズ・コンクリン、ウォルター・ジェームズ、ボビー・ワーカー、C・ハミルトン、ジャック・ロン、フランク・モラン、グロリア・デ・ヘイヴン、フランク・ハグニイ、パット・ハーモン、エドワード・キンボール、J・C・ニュージェント、ジョン・ランド、ほか▼喜劇王チャップリンが、機械化社会を笑いで風刺した代表作。チャップリン演じる工員は、工場でねじ回しの作業をするが、単純作業を繰り返すうち、その動作がとまらなくなってしまう。機械に翻弄され、飲み込まれてしまうなど、数々の名場面が登場、この作品では初めて歌声を披露したことでも知られる。名曲「ティティナ」や「スマイル」はあまりにも有名。共演は私生活でもパートナーだったポーレット・ゴダード。

刑事コロンボ(新番組)「(1)殺人処方箋」-NHKBSプレミアム/21:00~22:40 脚本:リチャード・レビンソン、ウィリアム・リンク▼演出:リチャード・アーヴィング▼音楽:デイヴ・グルーシン▼出演:ピーター・フォーク、ジーン・バリー、キャサリン・ジャスティス、ニナ・フォック、ウィリアム・ウィンダム、ほか▼吹き替え・小池朝雄、若山弦蔵、高島雅羅、谷育子、寺島幹夫、ほか▼精神分析医のレイ・フレミングは、患者の若い女優と愛人関係にあった。彼は妻のキャロルから、離婚してこのスキャンダルを公表すると言われ、愛人と共謀して妻の殺害計画を実行する。自宅で強盗に襲われ殺されたように工作し、その後、キャロルに変装した愛人と共に、大芝居を打って完璧なアリバイを作った。

カテゴリー
テレビ番組

2020年3月31日(火)

シネマ『捜索者』(1956年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~15:00 監督:ジョン・フォード▼脚本:フランク・S・ヌージェント▼音楽:マックス・スタイナー▼撮影:ウィントン・C・ホック▼出演:ジョン・ウェイン、ジェフリー・ハンター、ナタリー・ウッド、ワード・ボンド、ヴェラ・マイルズ、ヘンリー・ブランドン、ラナ・ウッド、ハリー・ケリー・ジュニア、オリーヴ・ケリー、ケン・カーティス、パトリック・ウェイン、メエ・マーシュ、ほか▼南北戦争終結後のテキサス。南軍に参加していたイーサンは、牧場を営む弟のもとを訪れる。だが、牛泥棒の追跡に出ている間に、弟一家はコマンチ族に襲撃され、娘たちが連れ去られてしまう。復しゅうに燃えるイーサンは、仲間とともに果てしない追跡の旅に出る。主演ジョン・ウェイン、監督ジョン・フォード。美しい色彩と迫力の映像、倫理と愛を問う気高い演出。最高の西部劇として映画史上にさん然と輝く、傑作中の傑作。

ぶらぶら美術・博物館「西洋美術をイチから!ロンドンナショナルギャラリー展(前編)」-BS日テレ/21:00~22:00 英国の国宝級名作が大挙。奇跡の大規模展を2週に渡り特集。遠近法の誕生、ルネサンスへの流れ、名画「モナ・リザ」誕生へつながる歴史もわかる。西洋美術の教科書決定版▼出演・山田五郎、おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)、高橋マリ子

ガイアの夜明け「マネーの魔力(4)詐欺軍団を駆逐する最新技術」-テレビ東京/22:00~22:54 いつの世もお金をだまし取る標的にされるのは、弱者である高齢者。そして、その老後資金。この10年の特殊詐欺による被害は、3700億円にも及び日本経済の大きな損失となっている。「人生100年時代」といわれ老後資金を少しでも増やそうと投資に乗り出す人も多い。そうした「将来の不安」を食い物にする新手の投資詐欺が横行。その驚くべき実態に迫った。そして、詐欺(振り込め詐欺)撲滅を目指し、犯罪集団に立ち向かう人々も。最新のIT・AI技術を武器に、封じ込め作戦が始まる。その先頭に立ったのは、大事なカネをだまし取られ、生きる気力を失った高齢者を見てきた、一人の主婦だった▼案内人・松下奈緒▼ナレーター・眞島秀和