COVID-19空気中に最大3時間

新型コロナウイルスCOVID-19)について、18日、世界保健機関(WHO)テドロス・アダノム事務局長が、「全ての人が感染する可能性があると考えて準備してほしい」と警告を発しました。

今は欧米で感染が拡大しています。今はまだ、南米アフリカからは目立った感染報告がありません。もしかしたら感染が確認されていないだけかもしれません。

WHOのテドロス事務局長の警告を聴けば、南米やアフリカでも流行すると見ていることになります。

これらの地域は、欧米などに比べて、感染を予防する観点では危うさを持つような気がします。これらの地域で爆発的に感染が広がった場合、人類にどんな未来が待つでしょう。

家でとっている本日の地方紙に、COVID-19の感染に関する情報が出ています。

これは既に見聞きしたものでしたが、ウイルスがエアロゾルの状態になることで、感染のリスクが広がる可能性を伝える研究結果を報じたものです。同じ内容のニュースがNHKのサイトにもあります。

米国国立衛生研究所(NIH)などのチームが、18日までに発表した研究結果です。

これまでは、接触感染への注意が喚起され、それだから日本などでも、手洗いの必要性が訴えられてきました。

今回発表されたのはエアロゾルによる感染リスクです。

新聞の記事によれば、感染者がせきやくしゃみをすると、ウイルスが飛沫によって空気中に排出されるのだそうです。このときのウイルスは、直径が0.005ミリほどで、1~2メートルほど飛びますが、ウイルス自体の重さによって、短時間で落下するそうです。

一方、ウイルスが、エアロゾルと呼ばれる微粒子状になると軽いため、空気中に漂う時間が長くなるということです。最大で3時間後に検出される場合もあり、感染能力を保持することが確認できたそうです。

せきやくしゃみによって吐き出される飛沫が0.005ミリ程度の大きさで、エアロゾルはさらに微粒子になるということですが、新聞の記事には、微粒子の大きさがどの程度かは書いていません。

こういう研究結果を見ますと、今更ながらにマスクの有効性を信じる人がいるかもしれません。しかし、微粒子ということですから、おそらくは、市販のマスクでは、繊維が粗すぎるため、鼻や口への侵入を防ぐことがほぼ難しいように考えられます。

医療現場で使われるサージカルマスクであれば効果が期待できるのかもしれませんが、一般の個人には入手が難しいかもしれません。また、手に入れられても、繊維の目が詰まっているでしょうから、息苦しさを感じ、長い時間使うのは難しく感じられます。

新聞の記事には、何かに付着したウイルスが、想像以上に長く感染能力を保持することも伝えています。記事では、以下の4つの素材について書いてあります。

  • プラスチック【72時間】
  • ステンレス【48時間】
  • 銅【4時間】
  • 段ボール【24時間】

いずれも身近なものです。台所の流し台やドアのノブはステンレスで出来ているものが多いでしょう。電車やバスの手すりもステンレスであろうと思います。

これらの研究結果を知りますと、WHOのテドロス事務局長の「全ての人が感染する可能性があると考えて準備してほしい」という注意喚起は頷けます。

ただ、感染のリスクは誰にでもあるから準備しろといわれても、公共の場のありとあらゆるところにウイルスが付着している可能性があります。また、空気中にもエアロゾル上のウイルスが漂っている可能性もあります。ですので、正直な話、防ぎようなないように思えます。

多くの場合で、若い世代は軽症で済みそうですが、高齢で、持病のある人は、外へ出るのが恐ろしく感じている人もいるかもしれません。

気になる投稿はありますか?

  • 悪事は必ず暴かれる悪事は必ず暴かれる 悪事は必ず暴かれ、罰せられる。と信じたいです。 本日、ネットの動画共有サイトのニコニコ動画である動画を見て、その希望を見た思いがしました。 その動画に登場するのは、おそらくは米国人の女性で、動画の説明には「ベッツィ・イーズ博士」とあります。動画は2倍速ぐらいのスピードでされます。 私はそれを見ながら、イーズ博士が話されることをすべて文字にしました。話されて […]
  • ハンコを押すだけなら猿にでもやらせておけハンコを押すだけなら猿にでもやらせておけ マスメディアで働く人間は、取材して得られたことに、疑いを持つことが必須です。取材に応じた人が、真実だけを述べる保証がないからです。 たとえば、人を殺した人間に、その人間がまだ警察に捕まっていないとき、記者が接触てきたとしましょう。 その人間は、警察に捕まりたくないでしょうから、記者が当然投げかけるであろう質問に、「いや、自分はそんなことはしていない」というに決ま […]
  • 今や日本の定位置は最後尾今や日本の定位置は最後尾 世界のトップランナーだったこともあった日本が、今、新コロ茶番騒動では最後尾を走っています。 世界中を見渡して、日本ほど意味のないマスクで国民が顔を隠して生きている国は他にありません。 マスクで何から自分を守ろうとしているのですか? 百歩譲って新コロウイルスが本当に存在するとしても、マスクでそれの侵入を防げると本気で考えているのですか? 極めて大きな網目の蚊 […]
  • 伝播防止効果のテストもせずに使い始めた?!伝播防止効果のテストもせずに使い始めた?! 先週はじめから、あることがネットのSNS上などで大騒ぎになっていますが、それをあなたは知っていますか? 日本のテレビ、新聞、ネットメディアは取り上げていないと思いますので、その情報にアクセスしていない人は、未だに知らないでしょう。 その一方で、本日の朝日新聞も3面で伝えていることがあります。それは、新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(以下「似 […]
  • スパイクタンパク質を巡る素人一個人の疑問スパイクタンパク質を巡る素人一個人の疑問 本日二度目の更新です。 本日一度目の更新では、少しの間に、音声入力の技術が進歩しているのに気づいたことを取り上げています。 https://indy-muti.com/36887/ 二度目の今回は、そもそも取り上げる予定だったニコニコ動画について、素人の私が抱いた疑問について書きます。取り上げさせてもらう動画は下に埋め込んだものです。 ワクチ […]