2020年1月30日(木)

シネマ『舞踏会の手帖』(1937年フランス)-NHKBSプレミアム/13:00~15:11 監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ▼脚本:アンリ・ジャンソン▼音楽:モーリス・ジョベール▼撮影:フィリップ・アゴスティーニ、ミシェル・ケルベ、ピエール・ルヴァン▼出演:マリー・ベル、フランソワ・ロゼー、ルイ・ジューヴェ、アリ・ボール、ピエール・リシャール=ウィリアム、レイミュ、ピエール・ブランシャール、フェルナンデル、ほか▼夫に先立たれたクリスティーヌは、舞踏会にデビューした20年前の手帖を見つけ、そこに記されたダンスのパートナーを訪ねる旅に出る。失恋から自殺した者、犯罪に手を染めてしまった者、聖職についた者。かつてクリスティーヌに愛をささやいた男たちの人生の郷愁と悲哀をこめたドラマを、名匠ジュリアン・デュヴィヴィエ監督が、当時を代表する大スター出演のオムニバス形式で描き、日本でも大評判となったフランス映画の名作。

カンブリア宮殿「高級チョコの売り上げを3倍にした『正射必中』ビジネス論」-テレビ東京/22:00~22:54 高級チョコの代名詞、ゴディバの日本法人が、ある経営者の登場で売り上げを3倍に伸ばしている。最近はギフト用だけでなく、ドリンクやソフトクリーム、コンビニスイーツなど気軽にゴディバの世界観を楽しめる商品で快進撃を続けている。仕掛け人は弓道五段のフランス人経営者。「“正射必中”。お客のことを考えてよい商品をつくれば結果は必ずついてくる」。弓道の精神で快進撃を続ける、古くて新しいビジネス論に迫る▼ゲスト・ジェローム・シュシャン(ゴディバジャパン 社長)▼きき手・村上龍、小池栄子