2001/01/10 家族ヌード

新聞をめくっていましたら、ある見出しが目に飛び込んできました。

「家族ヌード」

「家族ヌード?」と興味を引かれ、記事を読み始めることに。

話題の主は、長島有里枝という女性写真家で、これまでの彼女の活動を総括する個展が開かれている(開かれていた?)という内容の記事でした。

彼女は、1993年に“家族ヌード”で衝撃的なデビューを飾ったことから「“家族ヌード”写真家」などとも呼ばれているようです。私も彼女の名前は聞き覚えがあると思い、重ねた本の小山を捜していましたら、見つかりました。彼女の写真が収められた写真集”Shutter and Love”が。

私は買った本やCDには購入した日付を書き込む癖がありまして、その本の日付を確認すると、1996年8月14日とありました。ちょうどその頃、Hiromix(ヒロミックス)という女性写真家が話題を集めていて、ちょっとした“女性写真家ブーム”が起こり始めていたように記憶しています。

で、その本には、そうした新進気鋭の女性写真家の写真が一人数枚ずつの単位で紹介されています。ちなみに、収録されている写真家は、今回話題にしている長島有里枝(1973年東京生まれ)の他には、辻佐織(1971年札幌市生まれ)、コバヤシアサコ(1974年大阪生まれ)、飯塚三絵(1974年生まれ)、白土恭子(1970年生まれ)、中島古英(1973年東京生まれ)、金子亜矢子(1970年東京生まれ)、中野愛子1968年神奈川生まれ)、小島ゆかり(1973年金沢市生まれ)、マヤ(1973年熊本生まれ)、高橋万里子(1970年横浜市生まれ)、戸崎美和(1967年名古屋市生まれ)、岡本真菜子(1972年福島生まれ)、岡久美(1973年仙台市生まれ)、藤岡亜弥(1972年生まれ)、蜷川実花(1972年東京生まれ)です。

こうして改めて並べてみると、見事なくらい生まれた年が1970前後で一致していますね。今年2001年で、30歳ちょい手前ぐらいの年齢になるわけで、、、「結婚適齢期」、なんて一括りでいったら叱られるか?

で、本書には、飯沢耕太郎氏の筆で、彼女たちの解説が書かれていたりするのですが、長島有里絵のところには、次のような解説がつけられています。

彼女の登場によって、写真を巡るシーンが大きく変わったことは、誰にも否定できないだろう。衝撃的な“家族ヌード”を軸として語られることが多いが、実は彼女の真骨頂は自分も家族も友だちもひっくるめて、等価で公平(キャンディド)なまなざしで写真の中に抱えこむことのできる能力だと思う。長島の写真を見ていると、ぺしゃんこにつぶれた気持が少しずつ回復し、元気になっていくような気がする。ニューヨークでの充電が終わったら、また東京で暴れて欲しい。

で、最後に書かれている「ニューヨークでの充電」が1999年に終わり、それらをひっくるめた総括的な個展が今回の「PASTIME PARADISE」(東京・谷中)であるわけです。

さきほど取り上げた写真集に載せられている写真は、どれもがそれまでのプロ写真家の手によって生み出されてきた写真とは全く違ったニュアンスを備えています。誤解を恐れずにいってしまえば、素人が撮ったような写真です。しかし、それが新感覚として新鮮にとらえられ、認められていったのだと思います。

長島は、今回の記事の中のインタビューでは次のような答え方をしています。

シャッターを押すときもそうだけど、人生、勘ですよね。考えてたらその瞬間の写真は撮れないんですから。

彼女の持つ「思い切りの良さ」を私も見習いたい、と思ったりしている2001年私の年頭であります。

https://youtu.be/tgkjXmTn2Ws

気になる投稿はありますか?

  • 手塚治虫不遇時代の問題作手塚治虫不遇時代の問題作 真の天才は稀にしか現れません。手塚治虫(1928~1989)は、誰もが認める天才の一人です。 私も昔から手塚治虫には強い関心を持っており、手塚が取り上げられたテレビ番組があれば必ず見、関連の本を見つければ、手に取ることが多いです。 https://indy-muti.com/8128/ 手塚で不思議なのは、紛れもない天才でありながら、天才にありがちな歪 […]
  • 予期せぬ英国の至宝との出会い予期せぬ英国の至宝との出会い 見るつもりもなくある映画を見ました。『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』です。 この作品はご存知ですか? 私は知りませんでした。日本で公開されたのは2015年ですから、6年前になります。作品の撮影が行われたのは10年ほど前の2011年から2012年頃にかけてと思われます。 この作品に接したのはAmazonです。時間が空いたのでAmazonのPrime […]
  • 30年来の愛読書を書いた人の話30年来の愛読書を書いた人の話 この水曜日(17日)の日経新聞最終面で、ある人物の名前が目に入りました。私にとっては忘れられない人物です。 ウジェーヌ・フロマンタン(1820~ 1876)という名前です。この人を知る人は、多くないのでないかと私は考えるのですが、あなたはご存知ですか。 私がこの人を知ったのは、今から29年前の1992年はじめ頃です。なぜその年であるのがわかるかといえば […]
  • AIにある限界AIにある限界 この更新も、音声入力によって行なっています。使うのは Google の日本語入力と、それを利用したアプリの Edivoice です。これも AI を使った技術のひとつつでしょう。 https://indy-muti.com/20028/ AI といえば、先週末(23日)の日経新聞・書評欄で、AI […]
  • 陰翳礼賛の勧め陰翳礼賛の勧め 今を生きるほとんどの人は、陰翳が持つ本当の美しさを知らずにいます。 夜になって暗くなれば、部屋の蛍光灯をつけ、昼と変わらないような明るさを求めます。 私だって暗いのは苦手です。昨秋、台風15号の影響で停電が3日と半日続いたとき、夜の来るのを怖く感じました。 その一方で、いつでも明るくできる環境を確保したうえで、あえて光量を落とし、陰翳の美しさを味わってみた […]