2001/01/10 家族ヌード

新聞をめくっていましたら、ある見出しが目に飛び込んできました。

「家族ヌード」

「家族ヌード?」と興味を引かれ、記事を読み始めることに。

話題の主は、長島有里枝という女性写真家で、これまでの彼女の活動を総括する個展が開かれている(開かれていた?)という内容の記事でした。

彼女は、1993年に“家族ヌード”で衝撃的なデビューを飾ったことから「“家族ヌード”写真家」などとも呼ばれているようです。私も彼女の名前は聞き覚えがあると思い、重ねた本の小山を捜していましたら、見つかりました。彼女の写真が収められた写真集”Shutter and Love”が。

私は買った本やCDには購入した日付を書き込む癖がありまして、その本の日付を確認すると、1996年8月14日とありました。ちょうどその頃、Hiromix(ヒロミックス)という女性写真家が話題を集めていて、ちょっとした“女性写真家ブーム”が起こり始めていたように記憶しています。

で、その本には、そうした新進気鋭の女性写真家の写真が一人数枚ずつの単位で紹介されています。ちなみに、収録されている写真家は、今回話題にしている長島有里枝(1973年東京生まれ)の他には、辻佐織(1971年札幌市生まれ)、コバヤシアサコ(1974年大阪生まれ)、飯塚三絵(1974年生まれ)、白土恭子(1970年生まれ)、中島古英(1973年東京生まれ)、金子亜矢子(1970年東京生まれ)、中野愛子1968年神奈川生まれ)、小島ゆかり(1973年金沢市生まれ)、マヤ(1973年熊本生まれ)、高橋万里子(1970年横浜市生まれ)、戸崎美和(1967年名古屋市生まれ)、岡本真菜子(1972年福島生まれ)、岡久美(1973年仙台市生まれ)、藤岡亜弥(1972年生まれ)、蜷川実花(1972年東京生まれ)です。

こうして改めて並べてみると、見事なくらい生まれた年が1970前後で一致していますね。今年2001年で、30歳ちょい手前ぐらいの年齢になるわけで、、、「結婚適齢期」、なんて一括りでいったら叱られるか?

で、本書には、飯沢耕太郎氏の筆で、彼女たちの解説が書かれていたりするのですが、長島有里絵のところには、次のような解説がつけられています。

彼女の登場によって、写真を巡るシーンが大きく変わったことは、誰にも否定できないだろう。衝撃的な“家族ヌード”を軸として語られることが多いが、実は彼女の真骨頂は自分も家族も友だちもひっくるめて、等価で公平(キャンディド)なまなざしで写真の中に抱えこむことのできる能力だと思う。長島の写真を見ていると、ぺしゃんこにつぶれた気持が少しずつ回復し、元気になっていくような気がする。ニューヨークでの充電が終わったら、また東京で暴れて欲しい。

で、最後に書かれている「ニューヨークでの充電」が1999年に終わり、それらをひっくるめた総括的な個展が今回の「PASTIME PARADISE」(東京・谷中)であるわけです。

さきほど取り上げた写真集に載せられている写真は、どれもがそれまでのプロ写真家の手によって生み出されてきた写真とは全く違ったニュアンスを備えています。誤解を恐れずにいってしまえば、素人が撮ったような写真です。しかし、それが新感覚として新鮮にとらえられ、認められていったのだと思います。

長島は、今回の記事の中のインタビューでは次のような答え方をしています。

シャッターを押すときもそうだけど、人生、勘ですよね。考えてたらその瞬間の写真は撮れないんですから。

彼女の持つ「思い切りの良さ」を私も見習いたい、と思ったりしている2001年私の年頭であります。

気になる投稿はありますか?

  • 2006/10/30 『エルミタージュの幻想』本篇2006/10/30 『エルミタージュの幻想』本篇 本日は、前回の続きで、この土曜日に東京都美術館で見てきました映画『エルミタージュ幻想』について書いておきます。 この作品についての予備知識は、舞台がエルミタージュ美術館であること。もうひとつは、映画史上初の全編1カット撮影であることぐらいしかありません。 実をいって、私は見終えるまで、90分間が1カット撮影であるという謳い文句には半信半疑でした。 映像作品 […]
  • 2011/08/04 35ミリと85ミリのレンズの面白さ2011/08/04 35ミリと85ミリのレンズの面白さ 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはMP3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 2009/05/30 スナップ術を木村伊兵衛に学ぶ?2009/05/30 スナップ術を木村伊兵衛に学ぶ? こんなことは今さら書くまでもないことですが、デジタル一眼レフカメラ(デジ一)の醍醐味は、レンズが交換できることです。ということは、交換できるレンズを数多く所有するほど醍醐味が拡がることになりましょうか(´・ω・`) 私が今現在所有するレンズは、デジ一のために揃えたレンズが単焦点の【50ミリ】、ズームレンズの【24~85ミリ】と【80~200ミリ】の3本です。これに加え […]
  • 安く本と戯れる師走安く本と戯れる師走 12月も中旬となり、今年も残すところ3週間です。仕事をしている人は、年末に向けて仕事が忙しくなったりするかもしれません。私はといえば、これといって、師走という感じがしません。 世の中には「年末商戦」というものがあります。Amazonの電子書籍、といいますか、その部門に書籍を提供する出版社の商戦なのかどうか、今月16日までの期間、該当する電子書籍に50%のポイント(1ポ […]
  • 油彩模写の加筆話油彩模写の加筆話 人間は生ある限り休む暇がありません。中には、「自分は何もしていない。暇で暇で死にそうだ」という人もいるかもしれません。私もそれに近い生き方をこれまでしてきましたが、そんな私でも一日たりとも、一時間たりとも、一分たりとも、一秒たりとも休むことなく生きています。 私を休ませないのは、私の頭部にあり、死ぬまで活動を止めない脳です。この脳というものは、常に活動をし、眠っている […]