2000/09/16 「今世紀最後のオリンピック!」

いよいよシドニーオリンピックが始まりましたね。それにしても、テレビを見ても、新聞を広げても、

「今世紀最後のオリンピック!」

の表現が目立ちすぎます。この調子でいくと、次のアテネ大会(アテネオリンピック)の際は、「21世紀最初のオリンピック!」とでもいうのでしょう。ソレって陳腐、、、かも。一番大騒ぎしているのは他でもない、マスメディア自身だったりして。

ところで、あまり大きな声ではいえませんが、「マスメディア関係者が宿泊している宿舎に地元の売春婦を呼んだとかで問題になっている」と何日か前の新聞に書かれていました。その売春婦の話によると、「日本とアメリカが一番のお得意さん」なのだそうです。もちろん、プライベートの時間は、大人ですから、ナニをされても自由なわけですけれど、その一方で、そんな彼らから「感動をありがとう!」を連呼されると、正直いって興ざめしてしまったりするわけです(^_^;

それはともかく、昨日の開会式を見ましたが、やたら長くありませんでしたか? あそこまで延々とやる必要はないと個人的には思ってしまいました。やっぱり、テレビ放送を意識してのことなのかな?

あと、日本選手の虹色マントはどんなもんでしょう? 私はコメントを控えますが、見聞きする評判は芳しくないようです。実況していたアナウンサーは評価していましたが、「心底そう思ったぁ?」と訊いてみたいところです。

何だかんだいっても、私は単純なスポーツが好きなので、陸上競技とかを見ることになりそうです。

気になる投稿はありますか?

  • 2011/04/11 ホキ徳田と水森亜土の思い出回帰線2011/04/11 ホキ徳田と水森亜土の思い出回帰線 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 2014/11/14 人望のなさを物語るYの逸話2014/11/14 人望のなさを物語るYの逸話 本コーナーの昨日分は、将棋(日本将棋連盟)の世界で密かに繰り広げられた人間模様めいたことを書きました。今回はその続編です。いずれも、ネットの事典「ウィキペディア」から貼られた先にある過去の週刊誌記事をもとに書いています。 昨日は、米長邦雄永世棋聖との腐れ縁ができてしまったことで、ほぼ20年間にわたって米長さんに仕え、挙げ句の果てに婚約者を寝取られてしまった元プロ棋士の […]
  • 2014/11/15 将棋界に君臨したYによる悲劇2014/11/15 将棋界に君臨したYによる悲劇 前々回、前回に続き、今回も将棋(日本将棋連盟)の世界で繰り広げられた“Yによる悲劇”について書きます。 関わりを持つ人間をことごとく悲劇に巻き込む“Y”とは、2005年から亡くなる年まで将棋連盟の会長を務めた米長邦雄永世棋聖です。生前、米長さんは関係者からの人望を著しく欠いていたようですが、氏の実像が新聞やテレビで報じられることはありませんでした。 h […]
  • 2010/12/01 チューナー導入記2010/12/01 チューナー導入記 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生 […]
  • 2014/11/13 Yに人生を狂わされた桐谷さん2014/11/13 Yに人生を狂わされた桐谷さん 本コーナーでは将棋(日本将棋連盟)について何度も書いていますが、今回は将棋界のダークな人物について書いてみます。 私は人との付き合いが極めて少ないためによく知りませんが、どんな世界にも背中に「取扱注意」と貼られているような人間が存在するでしょう。この場合の注意の度合いも千差万別で、厄介程度で済む場合もあれば、最悪の場合は、関わりを持ったがために人生を破滅させられてしま […]