またまたEOS RP

私がメインで使うカメラの話です。

カメラに興味を持つ人は、そのときどきに発売されるカメラに興味を持ち、それが買えるのであれば買って、次々に乗り換えるようなことをするでしょう。

私の場合は、この10年、ソニーキヤノンのミラーレス一眼カメラを、そのときどきで使うようなことをしています。

はじめに購入したのはソニーのミラーレスで、α7というモデルでした。これを使い出したのは2014年3月16日で、2017年4月22日まで使いました。

その後、同じソニーのα7 IIを2017年4月27日から使い始めました。これを2021年4月9日まで使ったあと、キヤノンのミラーレス、EOS RPを2021年4月12日から使い始めました。

Canon EOS RPにRF50mm F1.8 STM装着

ミラーレスに限らず、今市場に出ているデジタルカメラは、本来のスチルとともに動画も撮影できるようになっています。それらのカメラで動画をどの程度撮影するかは、使う人によって大きく異なるでしょう。

私の場合は趣味で、動画の撮影にも使っています。α7 IIからEOS RPに乗り換えたときは、RPの撮って出し動画でもいいと考え方を変えたことが、乗り換えの理由となっています。

RPを2022年10月21日まで使ううち、α7 IIで、もう一度Log撮影したい気が起こり、再びα7 IIに戻ることをしました。α7 IIを二度目に使い出したのは2022年10月25日です。

ソニーα7 IIとカール・ツァイス プラナー50mm F1.4

これでもう、キヤノンのミラーレスに移ることはなさそうに考えていました。しかし、また、EOS RPに戻ることをしました。

α7 IIを今年の7月2日まで使い、EOS RPを昨日(8日)から使い始めました。

RPは一度使ったことがあるカメラなので、説明書を見なくても使えるつもりでした。しかし、RPの操作は独特なところがあり、説明書に頼る必要がいくつかありました。

レンズ交換式のカメラを別のメーカーに変更すると、前に使っていたレンズは、メーカーごとにレンズマウントが違うため、基本的には使えなくなります。マウントアダプタを介することで使える場合もありますが、ソニーのミラーレス機のレンズをキヤノンで使うことは、そのためのマウントアダプタがなく、できません。

逆の場合はマウントアダプタを介して使えます。

キヤノンの場合は、ミラーレスになる前のデジタル一眼レフ(デジ一)用EFマウントのレンズは、キヤノン純正マウントアダプタを介すことで問題なく使えます。

私はキヤノンのデジ一を過去に使ったため、そのために購入したEFマウントの交換レンズが何本か残っています。RF用レンズがない今は、マウントアダプタ経由でキヤノンのEFレンズを使うつもりでした。

その計画が崩れました。前回EOS RPを手放すタイミングで、EFレンズをRFマウントに装着するためのマウントアダプタも手放し、手元にないことに、RPが手元に届いてから気がつきました。

レンズ交換式カメラの場合は、ボディだけあっても撮影はできません。幸いにもといいますか、フィルムの一眼レフカメラの時代に使ったヤシカ・コンタックス用カール・ツァイス プラナー50ミリ F1.4があり、それをRFマウントに装着するためのマウントアダプタは残してあったので、RPにプラナー50ミリのレンズだけはつけて使うことができます。

ヤシカ・コンタックス用カール・ツァイス プラナー50mm F1.4

というわけで、目下のところは、プラナー50ミリをRPにつけて使い始めました。

キヤノン EOS RPにヤシコン プラナー50ミリ

これで何かが困るかといえば、特別困ることはありません。フィルムの時代、私はプラナー50ミリが好きで、これをコンタックス RTSおよびRTS IIにつけ、どんなものでも撮っていました。

ヤシカ・コンタックスRTSⅡボディ

久しぶりにRPを手に取り、電子ビューファインダー(EVF)を覗いたとき、α7 IIよりも劣っているように感じました。なんとなく、RPのEVFが「ちゃち」なものに感じたのです。

しかし、使っていくうちに、その気持ちも薄れました。RPにはRPなりの使いよさがあることに気がついたからでもあります。

プラナー50ミリは昔のレンズですから、自分でフォーカスを合わせなければなりません。幾分視力が落ちたように感じていたため、マニュアルフォーカスに多少の不安がありました。

しかし、フォーカスをサポートするキーピングの機能を使うことで、充分補えそうなことがわかりました。

被写体が静止したものであれば、フォーカスを合わせたい部分を5倍、10倍に拡大し、確実にフォーカスを合わせることができます。こんなことはデジ一には不可能で、ミラーレスならではです。

露出の設定機能で、α7にはなく、RPにだけあるものがあります。それは、はじめてRPを使ったときにも感じた「Fv(フレキシブルAE)」です。

フィルムの時代は、使うフィルムを装填した時点で、ISO感度は固定され、あとは、F値シャッター速度を適宜に組み合わせることで適正露出を得ました。

デジタルのカメラになって大きく変わったことは、ISO感度が設定できるようになったことです。しかも、フィルムの時代には考えられないほどの高ISO感度での撮影ができます。

RPで使えるFvは、これら三つをオートとマニュアルで設定できる機能です。組み合わせは自由で、全部をマニュアルにすれば、マニュアル露出で撮影するのと同じです。これに加え、露出補正も使って自分が望む露出が得られるようになっています。

RPでもうひとつ、α7 IIにないのは、ピクチャースタイル(PS)に「オート」があることです。α7 IIのPSは、私はほとんどの場合「スタンダード」でした。

RPではそれを「オート」にしておくと、被写体に合ったようなPSをカメラが自動で選んでくれます。

私はRAW画像で撮影するので、撮ったときに自動で選ばれたスチルのPSが気に入らないと思えば、別のPSに変更するのは簡単です。

私は、ネットの動画共有サイトYouTubeの動画をつまらなく感じるようになり、このところは見る時間が本当に減りました。

自分で動画を作ることへの興味も今のところは薄れています。というわけで、RPで動画を撮ることは、今のところはあまりなさそうです。

無駄に動画を撮ったら、それを保存するためのハードディスクドライブ(HDD)の容量を圧迫してしまうだけです。

PRは35ミリフルサイズ撮像素子を搭載していながら、ボディを軽くする設計がされているため、とても軽いです。

レンズは、当面、プラナー50ミリ一本しかありません。それで不便を感じたら、そのときは、何か対処策を考えましょう。

私はEVFを使い、背面の液晶モニタはなるべく使わず、外蓋が見える状態で使おうと思ってます。

気になる投稿はありますか?

  • EOS RPで動画を手軽で軽量にEOS RPで動画を手軽で軽量に 私が使うメインカメラをソニーのミラーレス一眼カメラのα7 IIから、キヤノンのEOS RPへ変更して二週間目の途中です。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]
  • 青空をどこまでも青く青空をどこまでも青く 関東甲信は昨日(18日)梅雨明けした模様と発表がありました。平年より1日、昨年より4日早い梅雨明けです。 今年の関東甲信の梅雨の期間は、もしかしたら、歴史的に見ても短かったのではないでしょうか。梅雨入りしたのは6月21日ですが、これは平年より14日、昨年より13日遅い梅雨入りです。 なんでも、過去三番目に遅い梅雨入りになるようです。 加えて、梅雨の期間中の […]
  • 趣味でミラーレス動画を撮るなら趣味でミラーレス動画を撮るなら 私がメインで使うカメラとしてキヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPに乗り換えて十日が過ぎました。 前回までの更新で書いたように、小型で軽量のRPに、RFマウント用レンズとしては最も小型で軽量のRF28mm F2.8 STMをつけたコンビが気に入っています。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]
  • RPとRF28mmとコントロールリングRPとRF28mmとコントロールリング キヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPを使い始めて十日です。 もしも未だに、RFマウントのレンズではなく、マウントアダプタを介して、昔にフィルムの一眼レフカメラで使ったレンズをRPにつけて使っていたら、使いにくさから、RPに嫌気が射していたかもしれません。 その嫌な流れ(?)を一気に変えたのは、今週になって使い始めたRFマウント用レンズのRF28mm […]
  • RPのMモードは面倒と思いきやRPのMモードは面倒と思いきや 使い始めて一週間が過ぎたキヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPを使って気になったことを書きます。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]