2019年9月11日(水)

大気の状態が不安定となっています。昨夜の遅い時間、私は寝苦しくて目が覚めましたが、その時間、関東南部の当地は雷雨になりました。大きな雷鳴が轟きました。雨もザッと強く降りました。

夜間も気温が下がりにくくなっていますが、その雨のあとは、気分的な面もあるでしょうが、若干気温が下がったように感じました。

今日の日中、当地は陽射しが感じられるような空模様ではありましたが、雲が取れにくい天気でした。東京都心の最高気温は32.3℃です。

昨日とおとといは都心で35℃以上の真夏日になりましたが、都心で9月に2日続けて真夏日になったのは、1992年以来27年ぶりということです。

今日は日本海側で雨や雷のところが多かったようです。その雨の帯が南へ下がっています。その影響で関東も午後7時頃、雨のところがあります。ところによっては雷を伴って強く降っているようです。

明日は大気の状態が安定に向かい、全国的に晴れる時間がある予報です。

関東も明日は安定した晴れとなります。都心の予想気温は、今日より少し下がります。それでも30℃を上回ります。風向きが北に変わることで、湿度が下がり、その分蒸し暑さは収まったように感じるでしょう。洗濯にも絶好の日和となりそうですね。

今週末からは都心で30℃以下の日が続く予想になっています。そのまま秋が深まっていって欲しいですが、こちらの注文通りにいきますかどうか。