2019年9月11日(水)

シネマ『情婦』(1958年アメリカ)-NHKBSプレミアム/13:00~14:57 監督:ビリー・ワイルダー▼原作:アガサ・クリスティ『検察側の証人』▼脚本:ビリー・ワイルダー、ハリー・カーニッツ▼音楽:マティ・マルネック▼撮影:ラッセル・ハーラン▼出演:タイロン・パワー、マレーネ・ディートリヒ、チャールズ・ロートン、エルザ・ランチェスター、ジョン・ウィリアムス、ヘンリー・ダニエル、イアン・ウォルフ、ユーナ・オコナー、トリン・サッチャー、ほか▼ミステリーの女王・アガサ・クリスティーが自身の短編小説を戯曲化した舞台劇を、名匠ビリー・ワイルダー監督が映画化、二転三転する物語の傑作法廷サスペンス。ロンドン法曹界の長老ウィルフリッド卿は、殺人容疑で逮捕されたヴォールの無罪を直感し、弁護を引き受ける。しかし、ヴォールの妻クリスティーネの証言は、夫に不利なものだった。マレーネ・ディートリヒ、タイロン・パワーはじめ名優の名演技も印象的に残る。