カテゴリー
オールド「日々の独り言」

2005/04/28 事故で奪われた初の海外旅行

兵庫県尼崎市のJR福知山線で発生した快速電車断線事故ですが、それを伝える新聞各紙には、連日のようにこれ以上ないほどに痛ましい現実が綴られています。

本日も、地方紙の社会面に、読後に何ともやりきれない気分にさせられた記事が掲載されています。少し紹介してみましょう。

その記事で報じられている女性は、佐々木麻有さん(25)といい、同い年の女友達(この女性も亡くなられています)と一緒に初めての海外旅行へ向かう途中、事故車両に乗り合わせてしまったのでした。

記事が伝えるところによりますと、麻有さんの家族は、父親と姉、弟の4人家族で、近所の人からも「仲のよい家族」と評判であったといいます。なお母親は、10年ほど前に他界しており、また、姉も現在は東京で暮らしているということです。ですから、家族の中で唯一の女手は彼女一人ということになり、家事などの切り盛りは彼女が一手に引き受け、父と弟の日常を支えていたことになります。

そんな彼女を、父親は「おとなしいけれど芯が強くて、面倒見のいい、本当にいい娘」と評し、心の底から信頼しきっていたのです。私は朝日新聞に掲載されていた彼女の顔写真を見ましたが、お父さんの話を裏付けるように、とても優しい顔立ちをされています。

その彼女が初めての海外旅行先に選んだのは韓国でした。

彼女はその2泊3日の韓国旅行を実現させるため、家事の合間を縫って、自宅近くでアルバイトをして旅行資金を溜めたのです。そして、キャンセル待ちでチケットを手に入れ、ようやくにして実現しつつあった海外旅行でした。しかし、その一歩手前で今回の大事故に巻き込まれてしまったのです。

普段、父と弟の食事の支度を一手に引き受けている麻有さんは、3日間という短い日数とはいえ、自分が旅行に行っている間、二人が食事に困らないようにと、「冷蔵庫にあるこれを使って料理して」というように書いた3枚の料理メモを残していくほど、細やかな神経を持っていた女性でした。

「お土産をいっぱい買ってくるね」

間もなく始まる海外旅行に胸を弾ませた麻有さんは、関西空港へ向かうため、家を出ました。そして、運命の快速電車に乗り合わせ、帰らぬ人となってしまったのです。思い出も一杯に詰め込んで持ち帰るはずだった彼女のキャリー・バッグは、記事が書かれた時点ではまだ発見されておらず、遺族の元にも戻って来ていないといいます。

こうした記事を読みますと、本当に神様はいるのか? と思ってしまいます。

彼女は家事も一所懸命にやり、その合間にバイトをしてやっとで旅行券を購入し、これから初めての海外旅行に旅立とうとしていたのです。なぜ、そんな彼女の願いを叶えさせてあげられないのでしょうか。

全く、やり切れません。

気になる投稿はありますか?

  • 2012/08/02 日本選手団の故意かもしれない退場誘導問題( ・`ω・´)2012/08/02 日本選手団の故意かもしれない退場誘導問題( ・`ω・´) ロンドン・オリンピックが始まってからというもの、国内の新聞、テレビはオリンピック一色に染まっています。 私はといいますと、本コーナーでも何度か書いていますように、この手の“バカ騒ぎ”には関心がありません。が、本コーナーの“天気コーナー”の更新の参考にするため、午後7時前に気象情報が放送されるNHK総合にチャンネルを合わせる習慣があります。 “みなさまのNHK”は […]
  • 2010/09/23 主任検事が犯罪者?2010/09/23 主任検事が犯罪者? 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生 […]
  • 2011/05/17 放射能汚染マップで知るホットスポットの現実2011/05/17 放射能汚染マップで知るホットスポットの現実 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはmp3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 2013/06/18 真相を覆い隠した「NHKスペシャル・尼崎事件」2013/06/18 真相を覆い隠した「NHKスペシャル・尼崎事件」 ネットが普及したことを一番苦々しく思っているのは誰でしょう? おそらくは、今まで情報発信を独占することができたマスメディアではなかろうかと私は考えます。ネットがない時代であれば、テレビや新聞が報じることを大方の人が信じ、それを疑ってかかる人は、「あんたはホントに疑い深い人だねぇ。アナウンサーがああいっているんだから、そうなんだろうよ。そんなに何から何まで疑っていたら、一緒に […]
  • 2002/02/05 東電OL事件現場を訪ねて2002/02/05 東電OL事件現場を訪ねて 先日(3日)の日経新聞のブックレビューで紹介されていた本の記事が気になり、それを切り抜いて置いたところ、今日は別の地方紙にも同じ本の紹介記事が載っていました。『箱庭センチメンタル』(リトル・モア/2200円)という紀行集です。 その本の著者の小林キユウ氏は、地方紙の記者をされたあと、現在はフリーの写真家として活躍されている方です。 記事に添えられたポートレイトを […]