2004/03/08 時代に逆行する現代の画一化教育

今の若者は価値見が多様化しているといわれますが、こと進学に関しては、「有名大学=いい大学」という大人たちによって作り上げられた一つの価値見を未だに信じているように思います。

こうした風潮については、私のサイトからもリンクを張らせてもらっています「立川談誌の世相講談」で談誌さんが面白いいい方をしていたのを思い出しました。

「その224 家元、古賀議員経歴詐称発覚を語る」の回での話ですが、家元ご自身は「中卒」であることを引き合いに出し、「世間で騒がれている学歴てのは、結局のところ、“学校歴”のことなんじゃないの?」と本質をズバッと指摘しています。

さすがうまい表現ですね。なるほど、世間で幅を利かせているのは、何を学んだかという「学歴」ではなく、どこの学校を卒業したのかという「学校歴」というのはいい得て妙だと感心させられました。

それが受験戦争の結果なのだとしたら、随分と“つまらない”ものに多大な時間を費やしていることになります。しかも、その受験戦争の中身がどんどん変わっているという専門家の指摘もあります。

今、私の手元には一つの新聞記事の切抜きがあります。2月23日の日経新聞にあった「インタビュー 領空侵犯」というコーナーで、松本大(まつもと・おおき:1963年生まれ。1987年東大法卒。ゴールドマン・サックス証券などを経て、1999年4月にソニーと共同でマネックスを設立。「ダボス会議」には必ず出かけ、経営者としての感覚を磨いている=2004年2月23日付け日経新聞記事より)松本さんが教育問題についてインタビューに答えています。

その中で、多様化が求められる時代に逆行するような画一的な人間ばかりを生む現代の教育について次のように述べています。

実社会では単品を大量生産する時代は終わりました。証券会社も各社とも経営を差別化して生き残ろうと懸命です。ところが学校では個人の多様性を重視しない。経営上の理由もあるのでしょうが、有名大学への合格者ばかりを競うのは間違いです。

続けて、その弊害について次のように語ります。

教育にはお金がかかるので、有名大学にはもっぱら裕福な家庭の子供たちが入る。真の実力を持った青少年に優れた教育を施さないのは、国にとっても大きな損失です。

この点については、以前からいろいろな人によって指摘され続けてきたことです。そしてこれこそが現代の教育の実態であり、問題点なのだと思います。

松本さんの今回のインタビューの冒頭には、次のような感想が述べられています。

私の母校でも最近は『はみ出し人間』を退学処分にすることが多いと聞きます。なぜ連れ戻して育てようとしないのか疑問です。未熟な人間を社会に通用するようにすることが教育の大きな役割なのに、逆に排除してしまう。これでは画一的な人間ばかりが残ってしまいます。

結局のところ、受験戦争を勝ち抜いて「学校歴」を手に入れた人というのは、大人たちの価値観にのり、ひたすら順応した結果である、といえなくもありません。いわゆる、大人から見れば「いい子ちゃん」です。そんな彼らに「他人と違う発想」を求めても所詮無理な注文というものでしょう。

今日の産経新聞には、そのことを象徴するようなコラムが載っています。書いているのは産経新聞・経済部次長の飯塚浩彦さんで、学生の就職戦線の実情について書いています。

それによれば、就職を間近に控えた学生の中には、自分が進むべき道を自分で決められない者が少なくないといいます。その具体例として紹介されている話によれば、ある大学の就職課に一人の学生が訪れ、「僕にはどんな仕事が向いているでしょうか」と尋ねたそうです。そこで職員が「それは君が考えることだよ」と答えると、「就職課なのに、、、」と当の学生は不満顔を浮かべたといいます。

この一事をもって「万事マニュアル化された現代の学生」と決めつけることはできないと思いますが、学生時代までは親の期待に応えるべきレールが他人によって用意されており、他のことを自ら考えずに済む現代の在り様が全く関係していないとはいえないのではないでしょうか。

教育問題の具体的な解決策はボンクラな私には到底わかりませんが、松本さんは次のような一つの考え方を示しています。

まずは学校が『はみ出し人間』をきちんと育てることです。卒業生を意図的に分散させることも重要。大学ももっと一芸入試などに力を入れるべきです。米国でもプリンストン大学はクラスの中に学問やスポーツや芸術など特定の分野に秀でた学生を必ず混ぜ、互いに刺激し合うことで才能を伸ばしています。

最近は何かと非難の的にされがちなアメリカですが、人種も含めた多様性が日本にはない活力の素になっていることは疑いのないところでしょう。それに対し、日本は良くも悪くも限りなく単一的民族で構成されており、それが回りまわって画一的な価値見へとつながってしまっているのかもしれません。

だとしたら、この問題を一朝一夕に解決することはかなり大変なことになりそうです。

大局的には、国単位で解決策を実行に移すことが求められますが、個人のレベルでいえば、定められた価値見から自ら外れる勇気が何よりの打開策につながるのではないでしょうか。平たくいえば、競争社会から「一抜けた」と飛び出すことのできる“はみ出し人間”として生きる覚悟を持つということです。

私自身のことでいえば、本人の好むと好まざるとに拘わらず現在は“はみ出し人間”となってしまっているわけですが、元来が一つの組織の中で生きていくことは困難な性格であるため、「成るべくして成った」というべきでしょうか(^O^;

ともかくも、私はいわゆる“泡沫人”への共感が強いこともあって、それが現在の私へとつながっているのかもしれません。ま、これはこれで悪くない人生の選択であると思っています。

松本さんのいい方でいえば、私も「教育の現場に連れ戻されなければならない『はみ出し人間』」ということになるのでしょうか。

本日の結論めいたことを書くとすれば、受験生や学生たちが「今、自分たちが目標としていることが、実はごくごく狭い器の中の話かもしれない」という疑いを持つことから問題を考え始めて欲しい、といったことになるでしょうか。

その“器”から飛び出て、「人生を棒に振れるだけの勇気」をあなたは持っていますか?

気になる投稿はありますか?

  • 泳ぐ宝石に魅せられて泳ぐ宝石に魅せられて 本日の朝日新聞に、国会議事堂で宝石が泳いでいることを伝える記事が載っています。 こう書いただけで、あるものをイメージできた人はどれぐらいいるでしょうか。 「宝石が泳ぐ」を逆のいい方に換えれば「泳ぐ宝石」になり、それはすなわち「錦鯉(にしきごい)」であることに気づくことができます。 記事では、随分前のことを取り上げています。昨年10月25日にあった出来事だか […]
  • 購入しても使えないもの・使わないもの購入しても使えないもの・使わないもの 昨年末、私にとっては少々値の張る商品を続けて三つ購入しました。年が明けても、私はその商品を一度も使っていません。使えない商品だからです。 何を書いているのかわからなくなるでしょう 私が購入した商品は、そもそも「使う」という概念を持ちません。購入したあとは、持ち続けるか、手放すかの二択しかありません。 通常、購入した商品は手放さずに使い続けることが多いです。 […]
  • 2000/06/04 めだか課長|17歳の衝動|O’s Editor2000/06/04 めだか課長|17歳の衝動|O’s Editor 私が好きでよく見ている番組に「NHKアーカイブス」があります。 これは、NHKの資料室に眠っている大昔のドキュメンタリー番組を再放送する番組です。見ていると、自分がタイムマシンにでも乗って過去に戻ったかのような錯覚に陥るほど、懐かしい気持ちになります。 前回放送された中の1本は、「めだか課長」と呼ばれる東京都のある役人を描いたものです。 時代は、東京オリン […]
  • 有名人に起きた異変から真相を見る有名人に起きた異変から真相を見る 有名人の訃報が続けてふたつありました。 ひとりは、敗血症で11月28日に亡くなったことにされている俳優でタレントの渡辺徹(1961~2022)です。もうひとりは、昨日(だったかな?)になって、今年の3月5日に亡くなっていていたことがわかった俳優の志垣太郎(1951~2022)です。 これらの報道を見て私が気がついたのは、おふたりとも、元気に過ごしていたのに、突然 […]
  • 市民マラソンランナーも楽ではない時代市民マラソンランナーも楽ではない時代 値上げラッシュが市民生活を直撃しています。 長いこと、日本では物や事の値段は安いほど良いとされました。それがここへ来て、どちらも上がり、あちこちから悲鳴が聞こえるようです。 その一因を新コロウイルスのせいにしていますが、個人的にはその理由はナンセンスです。 本コーナーで繰り返し書いていますが、新コロウイルスは存在が未だに確認されていないからです。新コロウイ […]