32bit floatへの興味が再燃

誰でもそうだと思いますが、自分の興味の対象がその時の気まぐれでくるくると変わります。

私が数日前から急に興味を持ち出したのは音に関する興味です。きっかけは、本コーナーの前回の更新で取り上げましたが、ウグイスの鳴き声を録音したことです。

録音に使ったのは、一年前に購入して使い出した、ZOOMのフィールドレコーダーのF2です。これが画期的なレコーダーであることも本コーナーで何度も書いています。

通常のレコーダーは、録音を始める前に入力レベルを調節するか、機械任せの入力レベルオートにして録音します。ただ、オートであっても、極端に小さな音をオートで録り、あとで音が小さいからとゲインを上げると、ノイズまみれの音になってしまいます。

ZOOMのレコーダーのF2は、入力調節をせずに録音を始められます。どんな大きさの音で録音されても、あとでいかようにも音量を調節でき、しかも、ノイズとは無縁の音にすることができるからです。

これを実現するのが、F2にも搭載されている「32bit float(単精度浮動小数点数)」という技術です。

【永久保存版】32bit Float録音はなぜ音割れしないのか。徹底解説!ZOOM F3 【ギュイーントクガワの動チェクアカデミー】

前回本コーナーで紹介したウグイスの鳴き声にしても、耳では聴こえても、それを通常のレコーダーで録音したのでは、大きな音で、しかもノイズを乗せずに再現することはできません。

それが、F2の32bit floatであれば、それが自由に実現できるのです。

ウグイスの声の録音をし、それを聴きやすい大きさの音にしたことで、今再び、音に関する興味が高まりました。

ということで、芥川龍之介18921927)が自ら命を絶った年に発表した『河童』(1927)の冒頭部分を朗読もどき、それをF2で録音した音声ファイルを作ってみました。

F2には専用のラベリアマイクがついていますが、今回は、ウグイスの鳴き声を録音するのにも使ったaudio-technicaの小型マイク“AT9912”を取り付けたF2を手に持って、口から20センチ程度話して朗読もどきしています。

audio-technica-AT9912

F2で録音した自分の声を大きくするためにゲインを上げるなどの編集には、iZotopeの”RX 9 Standard というオーディオ編集ソフトを使っています。このソフトは最新版の”RX 10”が出ており、機会があればバージョンアップしたいと考えています。

iZotope RX 10新機能紹介

音に興味を持ち始めたということで、この機会にバージョンアップすることになる(?)かもしれません。

気になる投稿はありますか?

  • EOS RPで動画を手軽で軽量にEOS RPで動画を手軽で軽量に 私が使うメインカメラをソニーのミラーレス一眼カメラのα7 IIから、キヤノンのEOS RPへ変更して二週間目の途中です。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]
  • 青空をどこまでも青く青空をどこまでも青く 関東甲信は昨日(18日)梅雨明けした模様と発表がありました。平年より1日、昨年より4日早い梅雨明けです。 今年の関東甲信の梅雨の期間は、もしかしたら、歴史的に見ても短かったのではないでしょうか。梅雨入りしたのは6月21日ですが、これは平年より14日、昨年より13日遅い梅雨入りです。 なんでも、過去三番目に遅い梅雨入りになるようです。 加えて、梅雨の期間中の […]
  • 趣味でミラーレス動画を撮るなら趣味でミラーレス動画を撮るなら 私がメインで使うカメラとしてキヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPに乗り換えて十日が過ぎました。 前回までの更新で書いたように、小型で軽量のRPに、RFマウント用レンズとしては最も小型で軽量のRF28mm F2.8 STMをつけたコンビが気に入っています。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]
  • RPとRF28mmとコントロールリングRPとRF28mmとコントロールリング キヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPを使い始めて十日です。 もしも未だに、RFマウントのレンズではなく、マウントアダプタを介して、昔にフィルムの一眼レフカメラで使ったレンズをRPにつけて使っていたら、使いにくさから、RPに嫌気が射していたかもしれません。 その嫌な流れ(?)を一気に変えたのは、今週になって使い始めたRFマウント用レンズのRF28mm […]
  • RPのMモードは面倒と思いきやRPのMモードは面倒と思いきや 使い始めて一週間が過ぎたキヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPを使って気になったことを書きます。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]