優勝校へのメダル授与で違和感

選抜高校野球大会は、昨日、山梨学院の優勝で幕を閉じました。

私はよく確認もせず、新聞のテレビ欄をざっと見て、NHK総合が午後1時50分から放送を開始すると勘違いし、試合開始を午後2時と誤った認識を持ってしまいました。

そのため、ずいぶん中途半端な時間に試合が始まると考えたりもしました。

実際には、NHK総合が午後0時30分に放送を開始、そのあと、NHKEテレで放送する時間を挟み、そのあとにNHK総合で午後1時50分から放送したのでした。試合開始は午後1時だったのでしょう。

ともあれ、勘違いしたままの私は午後2時までの時間、他のことをして時間を過ごし、その時刻が近づいた頃になって初めてテレビのスイッチを入れました。すると、試合は後半に入っており、点差が開いていることに遅ればせながら気づくという結果となりました。

結局はそのまま、閉会式まで見ていました。結果的には、昨日までは勢いがあった報徳学園が追い付けないまま、試合が終了しました。

閉会式では、新コロ騒動の頃は、優勝校と準優勝校へのメダルの授与が特別な方法で行われました。化学的にはなんの意味もないと思わざるを得ませんが、それまでは大会会長の毎日新聞社社長が、選手ひとりひとりの首にメダルをかけていたのが、その期間だけは、変則的に、選手が自分でメダルを取り、自分で自分の首にかけていました。

正直な話、私はそれをテレビの中継で見ることはなく、そのようなやり方でメダルの授与をしたことを新聞の記事で知りました。

昨日の閉会式では、これまでの方法に戻り、会長が直接、選手の首にメダルをかけました。

優勝した山梨学院の選手へのメダル授与を見ていて違和感を持ちました。私が持った違和感について、朝日新聞の朝刊ではまるで触れていません。

Yahoo!ニュースに上がっている記事にしても、私が気がついた範囲では、それを指摘した記事を見つけることはできませんでした。

私が持った違和感は、メダルを授与される山梨学院の選手が全員、帽子をかぶったままであったことです。

もしかしたら、はじめに授与される主将が帽子をかぶったままだったため、途中で、帽子をとった方がいいのではと考えた選手がいても、帽子をとるのを躊躇ってしまった(?)のかもしれません。

その違和感は、準優勝の報徳学園の選手への準優勝メダルの授与が始まった時、確信へと変わりました。報徳の選手は、帽子をとってメダルを授与してもらっていました。

優勝した山梨学院の吉田洸二監督(1969~)が優勝インタビューを受けましたが、監督が帽子をかぶったままということはありませんでした。それに続いて、山梨の林謙吾投手も、帽子をとってインタビューを受けました。

2022夏決勝[表彰式・メダル授与]仙台育英vs下関国際

もしかしたら、メダル授与の様子をベンチの前で見ていた吉田監督は、内心ハラハラしていた(?)かもしれません。閉会式のあと、監督は選手たちに、そのことを話したでしょうか。

メダル授与のときは帽子をとるよう指示されなかったために山梨の選手だけが帽子をとらないことが起きたのかもしれません。しかし、誰にいわれなくても、その場にあった行動を採れることが望ましいです。

どこでもこのことが話題になっていないかもしれない(?)と考え、本ページで取り上げました。

ついでながら、帽子つながりでは思い浮かぶ人がいます。大阪市立大学で名誉教授をされている「ハイエナ爺」こと(?)井上正康氏(1945~)です。

井上氏は、どんな考えをお持ちなのか、いつでも愛用の黒い帽子をかぶっています。井上氏に人並みの常識があるのであれば、人前で講演をするときは帽子をとるのが当たり前と考えることができるはずです。

しかし、井上氏は、講演のときも、記者会見のときも帽子をかぶったままです。

人の振り見て我が振り直せではありませんが、山梨学院の選手の振りを見て、それに違和感を持つことができるのであれば、ご自身の振りも直されてはいかがですか?

今のままでは、いい大人なのに、と氏に違和感を持つ人がいるでしょう。

気になる投稿はありますか?

  • 曇りのち野球日和曇りのち野球日和 昨日と今日で、温度が違うように感じます。 本コーナーは昼下がりに更新していますが、昨日の同じ時間帯、関東南部は晴れ間の広がる時間があり、陽射しの下では汗ばむ陽気になりました。 昨日のその時間帯、私は屋外で過ごしていました。 今の時期、全国では高校野球の秋の大会が行われているところが多くあります。当地方でもそれが行われています。私は昔から、春・夏・秋の地方大 […]
  • 大会前の予想から振り返るセンバツ大会前の予想から振り返るセンバツ 昨日(3月31日)閉幕したセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)の出場校は、昨夏の大会が終了後、3年生が抜けた新チームによって争われる秋の大会の結果から選抜されます。 関東・東京ブロックには出場枠が6校当てられていますが、毎回、6校目にどこが選抜されるか注目されます。 関東・東京ブロック秋の大会は、春の大会と違い、東京は東京だけで争い、関東大会には出場しません。東 […]
  • 2024センバツはジンクスどおりの結末2024センバツはジンクスどおりの結末 昨日、センバツ大会(選抜高等学校野球大会)の決勝戦があり、群馬の健大高崎が初優勝しています。試合前、「ジンクス」のとおりであれば、健大高崎が優勝するのだろうと私は考えていました。 そのジンクスによれば、西暦の最後の数字が4の年の大会は初優勝が多いということです。以下に、該当する開催年の結果を1950年代から順に並べます。 開催年優勝校準優勝校備考1954 […]
  • センバツ大会はスタンドに空席が目立つ 原因は?センバツ大会はスタンドに空席が目立つ 原因は? 高校野球のセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)は本日(3月31日)決勝が行われます。 勝敗の行方が気になりますが、それとは別に、今大会の模様をテレビ放送で観戦していて気になったことがあります。それは、観客席に空席が目立ったことです。 それを取り上げた記事がYahoo!ニュースにもあります。 センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット […]
  • 2024センバツの1シーンに胸熱く2024センバツの1シーンに胸熱く 高校野球は地方大会も全国大会も、一発勝負です。どんなに競った試合をしても、負けたら次の試合はありません。それもあって、戦っている選手の必死さがテレビ受像機の画面から伝わってきます。 今年のセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)も、あとは準決勝と決勝の3試合を残すのみとなりました。 昨日(28日)行われた準々決勝第3試合の最終盤、選手の必死さが伝わる場面がありました […]