2004/01/30 フランス・ハルスの展覧会

今日、ある美術展を見てきました。

千葉県佐倉市(元ミスター・ジャイアンツこと長嶋茂雄さん〔※ 長嶋さんが生まれた頃は臼井町でしたが〕、そして、マラソンの監督で高橋尚子さんや有森裕子さんを育てた小出義雄監督の出身地)にあります佐倉市立美術館(もとは市役所だった建物と聞きます)で現在開催中の「フランス・ハルスとハールレムの画家たち」(2004年1月24日~3月7日)です。

『 フランス・ハルスとハールレムの画家たち 』のチラシ(表)
『 フランス・ハルスとハールレムの画家たち 』のチラシ のチラシ(裏)

私は当美術館とはこれまで縁がなく、今回初めて行きましたが、最寄り駅で下車し、道なりに8分ほど歩くと、突き当たりに美術館が見えてきます。方向音痴の私でも迷わずに行ける美術館です。

今日は平日であり、しかも、展覧会の内容が古典作品ともいうべきものであるせいか、来場者はまばらでした。しかし、それは私にとってはこれ以上ないほどに好都合で、1点1点を自分のペースでじっくりと堪能することができました。

ところで冠にあるフランス・ハルス(Frans Hals/1581-1666:オランダの画家。大胆な筆触による肖像画家として、オランダ絵画の黄金時代を代表する一人=広辞苑)は17世紀のオランダで活躍した有名な画家なわけですが、同時代にはいわずとしれた私が最も敬愛する画家・レンブラントがいます。ハルスの生まれたのが1581年だとすると、レンブラントとは親子ほどの年の開きがあることになります。それでいて、亡くなったのはレンブラントよりも3年しか早くありません。

レンブラントがライデンに生まれ、その後首都のアムステルダムへ活躍の場を移した一方、ハルスは、アムステルダムからほぼ真西に20キロほどのところにある都市・ハールレムに生まれ、生涯のほとんどをこの都市で過ごしたということです。ちなみに、この都市は、砂浜から湧き出す清水を利用したビール醸造や織物で栄えたそうです。

この展覧会では、そのハールレムでハルスと同時代に活躍したヤーコプ・ファン・ロイスダールヤン・ステーン、ウィレム・ヘーダといった画家の作品も多数展示されています。

最初の展示室の壁を飾るのは、そうした同時代の画家の手による作品ですが、作品自体は決して大きなものではありません。むしろ小品です。そして、それらは現代の作品の支持体のカンヴァスではなく、板(パネル)に描かれています。

作品が小品であるため、鑑賞者はどうしても作品に顔を近づけて鑑賞することになります。その出来映えにはただただ感嘆してしまいます。当時は写真などなかったはずですが、それらは近景から遠景までピントの合った写真のように見えます。

パネルの滑らかな支持体にエナメルのような油絵具が丁寧に塗り重ねられ、仕上がった作品には作品保護のためのワニスが塗られていることで、表面がガラスのような光沢です。

私が特に感心させられたのがホワイト(当時は現代のシルバー・ホワイトに通じる絵具のみを使用)の絵具の扱いで、とにかく、惚れ惚れとしてしまいます。現代の絵具を使って現代の画家が作品を描いたら、あのホワイトの表現はとてもではありませんが、できないでしょう。

上手い言葉が見つかりません。これは作品を直にご覧になられて、ご自分の眼で見て納得していただくよりほかにありません。

また、絵画という二次元の表現であるにも拘わらず、そこに描かれている物体には確固たる物体性が表現されています。たとえば、牛なら牛で、絵画という平面の中で確かな立体感を感じさせます。しかも、その牛に当たる自然光の表現が迫真性を持っているため、どんなに優れた写真よりもより本物らしく見えてしまいます。

こうなると、もう、神業ですね。

このように、滑らかなマチエール(matiere〔フランス語〕:美術作品における材質的効果=広辞苑)が当たり前だった時代にあって、ハルスは故意に筆跡を残す、型破りな描き方をしました。

今回の展覧会のチラシやチケットにも用いられている彼の代表作『養老院の女性理事たち』(1664年 日本国内では今回が初公開)も、ハルスの作風を最もよく表している一つで、画面をよく観察すると、同時代の他の画家とは異なる魅力に溢れています。

それにしても、この作品が完成したのは1664年ということで、彼が亡くなる2年前の作品ということになります。まさに、ハルスの画家人生の集大成を飾る作品ということがいえそうです。

この作品に描かれているのは、「身寄りのない老人たちのための施設であった養老院を管理する4人の女性理事と一人の寮母」(同展覧会の解説チラシより)であるそうですが、彼女たちが身にまとっているのは白い襟のついた黒い服です。

ハルスの作品を見たフィンセント・ファン・ゴッホは、「ハルスは27色の黒を用いている」といって驚嘆した、といわれています。それほどに表情を持った黒を描き切るだけの飛びぬけた技術をハルスは持っていた、ということになります。

このように独特の作風で当時の人々を驚嘆させたハルスでしたが、今も昔も人の好みや流行は移ろいやすく、当時の人々の好みもより精緻に表現された作品へと移ってしまい、彼は次第に時代の中へと埋没させられてしまいます。

そんな忘れられた存在になりつつあったハルスが再評価されるのは19世紀後半になってからで、エドゥアール・マネギュスターヴ・クールベといった写実に重きを置いたフランスの画家がハルスの偉大さを人々に気づかせました。

ともかくも、ハルス本人と同時代の画家の作品60点が並び、どれもが見る価値のある作品ばかりです。ですので、もしも興味をお持ちの方はぜひ会場へ足を運ばれ、ご自分の眼でご覧になられることを強くお薦めします。駅から8分の道のりというのも、運動にちょうどよい距離です。

気になる投稿はありますか?

  • 自画像に加筆して心楽しい秋自画像に加筆して心楽しい秋 10月になり、関東も秋本来の陽気となりました。秋になれば「〇〇の秋」が何でもござれです。 私には「芸術の秋」「美術の秋」が訪れました。芸術や美術というほど大層な物ではありませんが、ここへ来て、絵画制作が順調すぎるほど順調に感じます。 今日の朝も、自分の顔を描く自画像に加筆しました。描き始めて4回目の筆入れで、加筆としては3回目になります。前回の加筆で、何か“開眼 […]
  • ハイな気分はセザンヌハイな気分はセザンヌ これを書き始めた今の時刻は午前8時53分。まだ9時前ですが、ひと仕事を終えた気分です。 朝の時間に、1時間ほど絵を描きました。これが予想外にうまくいった感じを持ち、気分がとても良いです。手を加え過ぎると今ある感じが崩れてしまいそうで、今日はこれ以上手を入れないでおきます。 使っている絵具は油絵具で、今回は木枠に張ったカンヴァスではなく、手元にあったボールドキャン […]
  • 女性の頭に寄り添う子供たちの生まれ方女性の頭に寄り添う子供たちの生まれ方 1週間前の投稿では、髪形について書きました。 きっかけは、想像で女性の肖像を描こうとする場合、髪形がどうもうまく描けないことでした。 https://indy-muti.com/17034/ 私が描こうとしている女性は、長い髪を後ろで結んでいます。しかし、その結び方を見たこともありませんで、どんな風にそんな髪形を作っているかは、男性の私には謎のようなも […]
  • お団子ヘアお団子ヘア ヘンな話ですが、私は今、女性の髪形に興味を持っています。 先週、用事があって役所へ行きました。受付のあるロビーの椅子に座っているとき、前に座っている、おそらく20代後半から30代の女性の髪形を後ろから何気なく観察しました。 長い髪で、後ろで結んでいるだけですが、それとなく観察すると、ひと手間かけた髪形のように感じました。 今は、男性でも髪形に気を付ける人は […]
  • 描きたい欲求高まる描きたい欲求高まる 関東でもまだ猛暑が続いていますが、それでも9月に入ったこともあるのでしょうか。絵を描きたい欲求が高まっています。 私が絵を描くのに使う画材は油絵具です。扱いが難しく、私は長い年月接してきましたが、未だに使いこなせていません。 わからないときは、私が最も敬愛する17世紀のオランダの画家、レンブラントの画集を見ます。レンブラントの中期以降、晩年になるほど画材の扱いが […]