カラグレ遊び

私は昨日、あることに夢中になり、ほぼすべてをその時間に当てました。きっかけは、ネットの動画共有サイトのYouTubeで次の動画を見たことです。

【Davinci Resolve】映画のような色の簡単な作り方。カラーグレーディングの基礎を動画編集初心者でも分かりやすく解説!

この種の動画は、私がLog撮影に興味を持った頃、次々に見ました。その後、Logでなく、撮って出しの動画でいいかと考え、この一年半ほどはキヤノンのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のEOS RPで撮って出し動画を撮ってきました。

それが今、再びLogに興味を持ち、RPに換えるまで使っていて、Log撮影ができるソニーのミラーレス、α7IIを買い戻したことは本コーナーで何度も書いた通りです。

ソニーのα7 IIにヤシコン用プラナー50ミリF1.4

そんなわけで、再びLogに興味を持ち、時間が空いたときに、関連動画を見ることをしています。そんな中で今回の動画に出会いました。

動画の配信者はまだ若く、動画制作を仕事にされている(?)ようです。その配信者が、初心者にもわかりやすく、シネマティックな動画にするカラーグレーディング(カラグレ)の説明をしてくれています。

配信者がこの動画の前に上げた動画で、カラグレの全段階で行うカラーコレクション(カラコレ)のやり方を説明してくれています。

これまでに関連動画を見てきましたが、この作業は、他人それぞれで違うところがあります。私も私なりにコツを掴みましたので、配信者のやり方を参考に、自分なりのやり方でカラコレはするつもりです。

私は今まで、カラコレまでで満足しており、特別、自分なりの色合いを作るカラグレまでは考えていませんでした。それが、今回紹介する動画を見ているうちに、私の場合は完全な趣味のお遊びですが、カラグレっぽいこともしてみたくなりました。

今回の配信者は、Blackmagic Designの、RAWで撮影できるカメラを使っていますが、シネマティックな映像づくりを狙っているようです。

ミラーレスカメラで撮影した動画は、綺麗に写りすぎ、シネマティックな映像には見えないということで、そのような映像にするたえめ、画質を粗くすることも含めた、作業について話しています。

私は特別シネマティックな映像にしたいとは、今のところは考えていませんが、動画編集ソフトのDaVince Resolve Studioに搭載されている色編集の機能が結構遊べそうに感じ、それがとても愉しくて、ほぼ一日それに費やしてしまったというわけです。

素材に使ったのは、本コーナーで一度紹介した、庭で紅葉した木の葉を撮った動画です。

三本紹介した中で、その動画はピクチャープロファイル(PP)の中の、Movieガンマを使うPP1を使い、ISO感度をオートで撮影したものです。

紅葉した木の葉の後ろの明度が暗いため、手前の葉が白飛びする失敗動画になってしまっています。その動画をそのまま紹介し、Logで撮ったものでなく、露出に失敗した撮って出し動画は救えない、と書きました。

テスト1:Movie(ISO感度オート)

それを素材として使い、どの程度まで「救えるか」と、「救った」あとに、どの程度まで、色の遊びができるかを試しました。

そのように色編集したのが下に埋め込んだ動画です。

テスト4:Movie(ISO感度オート+カラコレ+お遊びカラグレ)

一度は救えないと思った動画ですが、結構「救えた」ように思います。しかも、素材の動画は通常の動画モードで撮影したもので、Log動画ではありません。

もっとも、はじめから色編集するつもりの動画であれば、私はLogで撮ることにしますが。理想をいえば、今回参考にさせてもらった配信者のように、Blackmagic DesignのBlackmagic RAWで撮影するのがベストです。

今回の失敗動画を本ページで紹介した動画に編集する過程は、もう一度同じことをして、その様子を動画にしようか、と考えたりしてます。そんな動画を作っても、誰の参考にもならないですが。

今回の作業では、参考の動画を参考にして、初めてするような作業をしました。具体的には、レイヤーを使う作業です。これがなかなか愉しいです。これは、アイデア次第で、いろいろなことに応用できそうです。

配信者は、シネマティックに動画で良く使われる、人物のスキントーンをオレンジ気味にし、背景を青緑っぽくする「ティール & オレンジルック」を実現するため、レイヤーとマスクを使って、人物を背景と分けてグレーディングする実際を見せてくれています。

私はそれを応用し、手前の木の葉と背景の色味を変えることを指定見ました。これを使って遊べば、木の葉と背景の色を自分の好きな色味に変えることが割と簡単にできそうです。

たとえば、こんな感じですね。これをすることの良し悪しは別にして、個人で愉しむ分には愉しいです。

テスト5:Movie(ISO感度オート+カラコレ+お遊びカラグレ2)

何度も書くように、私は趣味の遊びとしてしているだけですが、これはこれで、結構愉しめます。趣味としても悪くないです。

とにかく、動画編集ソフトのDaVince Resolve Studioは、できることが無数にあります。これを使いこなせたら、どんな映像も作ることもできるでしょう。

それを深堀することを、飽きるまで続けてみましょう。

気になる投稿はありますか?

  • PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更 例によって、今回も、私が趣味で愉しんでいる動画関連について書きます。 昨年の10月末、動画のLog撮影をまたしてみたい欲求が起こり、一年半ほど私の手元を離れていたソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のα7 IIを再び使い出したことは本コーナーで何度となく書いてます。 https://indy-muti.com/37310/ ソニーのα7 […]
  • 私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方 私が現在使っているソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)、α7 IIですが、使い出したのは昨年10月末ですので、使い始めて3カ月になります。 これを使い出すまでの1年半はキヤノンのミラーレス、EOS RPを使っていました。しかし、そのカメラでは動画のLog撮影ができないため、EOS RPに換えるまで使っていたα7 […]
  • 画素数競争に背を向けて画素数競争に背を向けて デジタル技術が発達し、動画の撮影や再生が一般的になりました。それ以前、動画の再生を別にすれば、動画の撮影は一部の人に限られていました。 私は昔から、映像に強い興味を持ちます。今は動画といわれるものを、昔は映像といいました。それを楽しめるのは、映画館のスクリーンと、テレビ放送が始まって以降のテレビ受信機によってでした。 その当時、映画作品やテレビ番組の制作に関らな […]
  • 撮って出し動画撮影環境の実現撮って出し動画撮影環境の実現 プログラムオートにしたビデオカメラで動画を撮るように、ミラーレス一眼カメラで動画を撮れたら、といろいろ試し、どうやらその設定環境をやっと手に入れることができました。 もっとも、これは、私のような動画の素人が、趣味で動画を撮る場合に限った設定です。 しかも、Logで撮影し、動画編集ソフトのDaVinci Resolve […]
  • 何の変哲もない月動画何の変哲もない月動画 何の変哲もない動画を撮影し、下に埋め込みます。今朝、西の空の高いところに浮かんでいた月を撮影しただけの動画です。 月の動画(2023.1.11) 2分2秒の長さですが、変化がほとんどないように見えるため、静止画のように見えるでしょうか。 この日曜日(8日)、ほんの気まぐれから、空に月が浮かんでいるのに気がつき、キヤノンのデジタル一眼カメラのEOS […]