私の身辺に起きた超自然的現象と馬鹿げたオチ

ものが消える、などと書きますと、超自然現象の話のようですが、ときとして、現実にそんなことが起きます。いや、消えたとしか思えないことに出くわします。

昨日の朝、私はその現象に遭遇し、困っています。無精ヒゲが伸びたままだからです。

昨日の朝、いつものように、電動シェーバーでヒゲを剃ろうとしました。

女性の化粧と男性のヒゲ剃りのどちらが面倒に思えるか? という話があります。というぐらい、男性である私にとっても、ヒゲ剃りは面倒なことです。

ヒゲといいますと、私は鼻の下と顎にヒゲを伸ばしています。これといったきっかけも理由もなく、25歳のときからです。

父方の祖父が長いヒゲを伸ばしていたのを憶えています。その祖父も25歳のときから伸ばし始めた、とあとになって知りました。それを真似たわけではありませんで、25歳という年齢も偶然同じだっただけです。

本日の豆血縁
母方の祖父は、母を含めて4人の子供を残して自殺しています。母方の祖母は私の家によく来ました。とても優しい人で、大好きでした。

強い明暗表現のバロック絵画の代表的な画家にカラヴァッジォ15711610)がいます。

Caravaggio’s First Public Commission | Beyond Caravaggio | National Gallery

彼もヒゲをたくわえています。それを真似たわけではありませんが、私のヒゲはカラヴァッジォのようなタイプです。

このヒゲが生えている以外の無精ヒゲを毎朝剃るわけですが、面倒な気持ちがあったのでしょう。電動シェーバーを手から落としてしまいました。たまにそういうことがあります。

ヒゲ剃りは絨毯を敷いた床に落ちました。拾い上げようとすると、網刃の部分が外れて本体の近くに落ちています。両方を拾い上げて見ると、網刃の部分が見慣れないものに変わっています。

女性は電動シェーバーのことをよくわからないかもしれません。

私が使っているのはドイツのブラウンというメーカーの電動シェーバーです。父がそのメーカーのシェーバーを使っており、私もそのメーカーのシェーバーを選び、以来、同じメーカーのものを使っています。

私は浮気癖がないようで、他のメーカーのシェーバーには目移りしません。今のシェーバーは3代目ぐらいになります。

シェーバーの構造はメーカーによって違ったりするでしょう。内刃を回転させ、網刃とでヒゲを剃る仕組みのものもあります。

私が使ってきたブラウンのシェーバーは、内刃をモーターで振動させ、網刃との間に挟まったヒゲを剃り落とす構造になっています。

メーカーは、より綺麗にヒゲを剃るための研究をし、外側の網刃を多重構造にしたタイプを登場させています。私は、シンプルな構造のほうが故障が少ないだろう、とオリジナルな一枚刃タイプを、買い替えるたびに選んでいます。

このタイプにしておけば、網刃だけを交換しなければならないときも、コストが安く済むという利点もあります。構造が複雑になるほど価格が上昇するのは、どんなものにも共通することです。

今説明した網刃がはまった部分だけが、床に落ちたショックで外れ、しかも、外側のプラスチックのカバーと網刃の部分が別々外れてしまったのです。

網刃だけが交換できることは知っていましたが、今のシェーバーは網刃を交換したことがなく、それが外れた状態を初めて見ました。

シェーバー本体と網刃がついた部品はあります。ところが、網刃を本体に固定するための外側のカバーだけが見当たりません。これでは網刃をシェーバー本体に固定できず、ヒゲ剃りができません。

私の手から床に落ちる間に、外側のカバーだけが消えてしまった、としか思えない消えようです。部屋の中で落としたのですから、部屋の外へは飛んでいきません。

その部品だけが購入できるのか調べました。外側のカバー単体では売られておらず、網刃と内刃がセットの「コンビパック」を購入するしかないようです。

一番シンプルな構造のシェーバーですから、そのコンビパックはおそらくブラウンでも最も安いはずですが、3,000円ほどします。

手から落としてしまったことで3,000円の出費になるのが惜しい気持ちです。

昨日、カメラのレンズにつけて使うND16のフィルターを購入したばかりです。このフィルターは4,500円ほどでした。同じ日に3,000円の出費が加算されるのは痛いです。

昔読んだ江戸川乱歩18941965)か松本清張19091992)、あるいは、それ以外の作家が書いた短編を思い出します。

男が、二階へ階段を上がる間に、手に持っていた銅貨を落とします。その銅貨がどこへいったのか、いくら捜しても見つからないという短編です。階段の途中に落ちているはずですが、煙のように消えてしまったのです。

その後、男がなくしたと思った銅貨が、意外なところから見つかります。

今のズボンは、裾がストレートのものが多いでしょう。昔は、裾の端を折り返したダブルのズボンが多く履かれていました。銅貨は、裾を折り返した中に「隠れていた」という落ちです。

探し物が見つからないときは、意外なところに「隠れて」いたりするものです。

井上陽水「夢の中へ」 ミュージックビデオ

私はしばらく、根競べをするように、姿を「隠した」カバーを捜すつもりですが、無精ヒゲは日々伸びてきます。根競べに負けて買ったあとに、探し物が見つかるというのはよくあるパターンです。

1カ月ぐらい「隠れて」いるものが出てくるまで待つつもりですが、1カ月も経ったら、無精ヒゲはどうなるでしょう。ヒゲは、私におかまいなく伸びます。


私の探し物にも、馬鹿げた落ちがありました。

カバーはどこへも「隠れず」、シェーバーの本体にしっかりとついていたのでした。本体もカバーも黒色のため、気がつかなかったのです。

結局、床へ落とした時、網刃の部分だけが外れ、カバーは本体についたまま、というのが今回の落ちです。

こうした早とちりを、私はたまにします。

それでもよかったです。昨日、慌てて部品の注文を入れなくて。もうちょっとで、注文してしまうところでした。それが届いたあとに落ちに気がついたら、笑って済ませません。

結果オーライということにしておきましょう。

Marx Brothers mirror scene – Duck soup

気になる投稿はありますか?

  • 動画撮影時確認用の廉価な7インチモニタ入手動画撮影時確認用の廉価な7インチモニタ入手 前々回の本コーナーで、ビデオカメラやネオ一眼カメラのライブ映像用のモニタについて書きました。 私はこれまで、カメラで自分の手元を写しなら、私が持っている物について語る動画をいくつも作りました。その撮影の際は、カメラの背面モニタが私にとっての確認用モニタでした。 これで撮影することができますが、それを見ながら手元を動かすため、窮屈な体勢を採らなければならなくなりま […]
  • 2012/02/19 切れ味のあるシグマのマクロレンズ2012/02/19 切れ味のあるシグマのマクロレンズ 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはMP3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • シグマ50ミリマクロレンズがお気に入りにシグマ50ミリマクロレンズがお気に入りに YouTuberの桜風涼(はるかぜ・すずし)氏(1965~)も最近配信された動画で話されていましたが、カメラのボディは、デジタルの時代になり、更新が頻繁になりました。 自分が使うカメラがすぐに旧モデルになってしまいます。 その一方で、レンズは、カメラのマウントさえ合えば、いつまでも使い続けることができます。 私の場合でいえば、一番長く手元にあるのは、フィル […]
  • Wi-Fiで撮影済みファイルを取り込むのは便利Wi-Fiで撮影済みファイルを取り込むのは便利 日々、こまごまといろいろなことをしています。 そのひとつが、ソニーのミレーレス一眼カメラ(ミラーレス)のα7 […]
  • バリアングルは顔出しYouTuber以外には不人気かもバリアングルは顔出しYouTuber以外には不人気かも ネットの動画共有サイト […]