武装解除 NHK阿部アナの場合

私生活というのは、文字が表すように「私の生活」ですから、「私」以外の他者が口出しできることではありません。

しかし、その「私」がある程度知られた人である場合、他者が、他者の私生活と知りつつ、興味を惹かれることがあります。

最近のことでいえば、NHKの看板アナウンサーのひとりと目されていた阿部渉アナウンサー(1967~)の不倫報道は、多くの他者の耳目を集めたでしょう。私はYahoo!ニュースでそれを知り、いろいろなことを考えさせられました。

NHKトップアナウンサー阿部渉が昼下がりに”禁断の”局内不倫

これを「スクープ」といっていいかどうかわかりませんが、「文春オンライン」が独自に取材し、記事にしています。

阿部アナの不倫相手は、職場で出会った30代の女性のようです。相手の女性は、阿部アナとの結婚を望んでいるようですから、独身です。

本日の豆情報
日刊ゲンダイ DIGITALの記事によれば、相手の女性には「内縁関係の夫」がいるということです。

阿部アナの私生活は知りませんが、妻と子供を持つのでしょう。

そのふたりが、ここ2年ほど、人目を忍ぶ肉体関係を続けているようです。

本日の豆推理
密会のためのホテルを利用するときは、偽名に「相川佐一郎」を用いたそうです。架空の名前ではありますが、文字の並びで、「あさいち」が連想できます。
「あさいち」といえば、朝にNHK総合で放送する「あさイチ」があります。情報筋によれば、阿部アナはこの番組出演にも未練を持っていたそうで、それが、不倫のための偽名にも表れた、といえましょうか。

本当は「人目を忍ぶ恋」と書きたいところです。それが恋であれば、肉体関係を結ばなくても成立します。逆のいい方をすれば、肉体関係がない恋のほうに、純粋性があるといえましょう。

精神性と肉体性を秤に載せ、精神性が重く沈む状態が、私は大切であるように考えます。

それとは逆に、肉体性だけが強まれば、恋が持つ「魔法」は薄れてしまうでしょう。そうなれば、男と女の関係に打算が生まれ、エゴも出てくるでしょう。

阿部アナの話に戻せば、ここへ来て、ふたりの関係には変化が見られ、それがふたりに温度差となって現れてきていたようです。

相手の女性は阿部アナとの結婚を望むものの、阿部アナは家庭を壊すことは考えていないようだからです。それでいて、阿部アナは不倫相手も失いたくなく、相手には「好き」とか「一番大事だ」というのだそうです。

阿部アナのこの言動は、すぐ上で書いた打算で、不倫相手とは、恋や愛というよりも、自分より20歳ぐらい若い女性の肉体を手放すのが惜しいと考えているのでは、と想像してしまいます。

文春の記事を読んで私が一番ショックを受けたのは次の記述です。

大きい声が聞こえるなと思って廊下に出ると、あの部屋から男女の声が聞こえてきました。このホテルの部屋はドアの下に隙間があるので中の音が外に漏れてしまうんですよ。

不倫の関係がある事実だけを記事で読んだなら、そうか、不倫をしているのか、と思うだけです。しかし、このような表現を読まされると、自分もその場にいるような感じがし、人間が本来持つ野獣のような生々しさが迫ってきます。

人の感覚を刺激するものは、視覚のほかに聴覚、嗅覚、触覚などがあります。嗅覚も、それはそれで刺激的ですが、この場合は聴覚です。

廊下にまで響くほどの男女の声というのが、NHKのまじめなアナウンサーを「演じている」阿部アナからはギャップを感じ、強く印象に残りました。

この記事に書かれた阿部アナの相手の女性も、これを読んだとき、どんなことを考えるでしょう。

本日の豆お節介
NHKのアナウンスルームにある彼の項目には次のようにあります。

わたしの心身リフレッシュ術
サウナ→生ビール、プール→生ビール

これにもうひとつ
「セックス(不倫も含む)→生ビール」
を付け加えるといいかもしれません。

人は、成長するにつれ、さまざまに「武装」していきます。

社会や他者から尊敬の眼で見られるようになりたかったら、学校の勉強に励み、学歴という「武装」をするといいでしょう。学校を卒業したら、一流組織に就職するのが、良い人生を送っていると他者に思わせる「武装」になります。

そのどちらも手にしていたはずの阿部アナが、20歳ぐらい年下の女性とホテルで密会を繰り返し、「その時」の喘ぎ声を取材者に知られ、文章にされたことで、「武装」が解かれてしまった印象です。

私はテレビのニュースは見ませんが、NHKのニュース番組でニュース原稿をまじめに読む阿部アナの姿をよく知る人には、今回の記事は、「衝撃的」だったかもしれません。

生身の人間ですから、排便のついでに放屁もすれば、放尿もします。性欲が増せば、真っ裸になってセックスもします。パートナーがいない人は自慰に励むしかありません。

そんなことは当たり前と頭では理解しつつ、先ほど書いた「武装」がそれを見えにくくします。それが、何かのきっかけで「武装」が解かれ、人々の前に裸の状態で放り出されると、それを見る人は少なからずショックを受けます。

阿部アナは、平日の朝に生放送されるラジオ番組のパーソナリティをしていたそうですが、今回の報道を受け、自ら申し出て降板したそうです。

今回のことを逆手に取り、大っぴらに不倫をするのもひとつの手です。しかし、小心の阿部アナは、家庭も失いたくないのですよね?

彼が今後どのような人生を歩むのか、他者である私には関係ありません。それでも、それとなく、その後の彼の人生の様子も漏れ聞こえてくることがあるでしょう。

気になる投稿はありますか?

  • 有名人に起きた異変から真相を見る有名人に起きた異変から真相を見る 有名人の訃報が続けてふたつありました。 ひとりは、敗血症で11月28日に亡くなったことにされている俳優でタレントの渡辺徹(1961~2022)です。もうひとりは、昨日(だったかな?)になって、今年の3月5日に亡くなっていていたことがわかった俳優の志垣太郎(1951~2022)です。 これらの報道を見て私が気がついたのは、おふたりとも、元気に過ごしていたのに、突然 […]
  • 夏の甲子園バックネット裏に謎の9人衆夏の甲子園バックネット裏に謎の9人衆 甲子園球場で行われている高校野球の全国大会は、昨日とおとといの8試合で、準々決勝に進出するベスト8が出そろいました。 私もそれなりに関心を持ち、気になればテレビをつけ、見ることをしています。といっても、朝から夕方まで、続けて見ることはしません。 昨日の第三試合は、福岡の聖光学院高校と福井の敦賀気比高校が対戦しました。 本更新で書こうと思うのは、試合内容では […]
  • 性暴力被害は映画業界だけじゃない性暴力被害は映画業界だけじゃない 人間は、考えている以上に残酷な生き物です。人が集まるところでは、いじめは起きる、と考えておけば間違いないです。 昨日の朝日新聞に「『NO暴力』映画界を変える出発点」の見出しがついた記事が載りました。 これまで口をつぐんできた出演者たちが、自分たちが受けた性的被害を声に出して訴えることが増えています。これらの告発から4カ月以上経って、ようやく、日本映画監督協会が、 […]
  • 気になる訃報 日テレの現役アナが54歳で脳出血気になる訃報 日テレの現役アナが54歳で脳出血 新聞には連日訃報が載りますが、本日の新聞各紙に載った訃報のひとつが心に引っかかりました。 それは、日本テレビの現役のアナウンサーだった河村亮氏(1967~2022)の訃報を伝えるものです。まだ54歳だったそうです。 私の家では、朝日、日経、産経、地方紙の4紙を購読していますが、たとえば朝日の記事では、「14日、脳出血で死去」と書かれています。 脳の発作や病 […]
  • 天皇陛下に土下座して謝る「いい子」天皇陛下に土下座して謝る「いい子」 私は昔から「いい人」が嫌いです。私がいう「いい人」がどんな人を指すか、だいたいわかってもらえるだろうと思います。 朝日新聞の一面コラムに、鷲田清一氏(1949~)が担当される「折々のことば」があります。 https://youtu.be/4oj87OUPzpo 第1回阪大STYLE 鷲田清一総長編 vol.1 […]