非主流かもしれないズームレンズに興味

レンズ交換式カメラ用レンズの話です。

昨日、マップカメラから届いたメールで、個人的に興味が持てそうなレンズが昨日(22日)、レンズメーカーのTAMRON(タムロン)から発売になったのを知りました。

同社から発売されたのは、“TAMRON 50mm F4.5-6.3 Dilll VC VXD A067S”というソニーEマウント、35ミリフルサイズ用ズームレンズです。

【タムロン公式】 50-400mm F4.5-6.3 (Model A067) プロモーションムービー | Sony | ソニー Eマウント用 | 超望遠ズームレンズ

私は今、キヤノンのEOS RPというミラーレス一眼カメラを使っていますが、そのカメラのためにズームレンズを1本持っています。

そのレンズの焦点距離は24ミリから105ミリで、広角から中望遠をカバーするレンズです。

このように、多くのズームレンズは、35ミリフルサイズの標準焦点距離である50ミリを中心に、広角から中望遠をカバーするものが一般的です。

焦点距離について最近の傾向は、広角を好む人が増えたことです。中でも、ネットの動画共有サイトのYouTubeで、自分をカメラに写してVlogをするような人は、自分が手にしたカメラで自分を写すため、広い画角がどうしても必要になります。

私はといいますと、フィルムの一眼レフカメラを長年使っていました。そのためにレンズを揃えましたが、私は50ミリの焦点距離が大好きで、そればかり使っていました。

35ミリフルサイズのカメラに50ミリの焦点距離のレンズをつけてファインダーを覗くと、自分の眼の延長のような映像がファインダーに映し出されます。

要するに、人間の眼で見たのとほとんど同じ距離感が得られるのが50ミリのレンズです。

今回、TAMRONから発売になったばかりのズームレンズは、これまでになく、50ミリの焦点距離から始まることに私は興味を持ちました。

Vlogをするような人には、まったく購入対象に入ってこないレンズになるでしょう。このズームレンズの最広角が50ミリでは、自分で自分を撮るのが困難なだけだからです。

もっとも、Vlogerであれば、レンズ交換式のカメラにこんな重いレンズ(1155g)をつけて使うことは考えられません。小型のアクションカメラやスマートフォンを使うのが主流のようですから。

ここで、未だに私が現役で使っているビデオカメラの話をします。

今は、ネットに動画を上げるような人の中で、ビデオカメラで撮影する人は少数派(?)かもしれません。どんなカメラにも動画撮影機能が搭載されており、すでに書いたように、アクションカメラやスマホで撮影する人が大半でしょうから。

私は人間が古いのか、今もビデオカメラで撮影するのが好きです。

これは個人的な考えになるでしょうが、今のミラーレスは、動画を撮るのに適しているスタイルには思えません。

たとえば、Blackmagic DesignからPocket Cinema Cameraのシリーズが出ていますが、動画に特化するのであれば、スチルカメラの形にこだわらず、デザインの段階から動画用のスタイルにすればいいのに、と常々思っています。

ビデオカメラでスチルカメラの形をしたものはありません。当たり前といえば当たり前ですが。

私が使うビデオカメラは、今から9年前の2013年9月に中古で手に入れたキヤノンのiVIS HF M41です。

キヤノンのビデオカメラ iVIS-HF-M41

今はメーカー各社も、民生用のビデオカメラにはほとんど力を入れていません。それどころか、撤退する方向で動いています。

昔はビデオカメラにはファインダーが必ずついていたものですが、今はファインダーがついたビデオカメラは限られます。

私が9年前に手に入れたビデオカメラにはファインダーがついており、それで購入する気になりました。そしてもうひとつ、私が気に入ったのがレンズの焦点距離です。

このカメラの焦点距離は、6.1ミリから61ミリの10倍ズームです。カメラには1/3型の撮像素子が搭載されているため、35ミリフルサイズに換算すると、約43.6ミリから436ミリの焦点距離をカバーすることになります。

そこで話がつながるのが、昨日、TAMRONから発売になったばかりのズームレンズの焦点距離です。

繰り返しますと、このズームレンズは50ミリからスタートし、400ミリの望遠域までをカバーしています。

私が使うビデオカメラに搭載されているズームレンズの焦点距離と極めて近いことがわかると思います。

私が使うビデオカメラにつくズームレンズの焦点距離が50ミリ始まりであることに不満を持つ人が少なくありません。しかし、私は逆に、50ミリ始まりであることが気に入りました。

スチル写真の撮影でもそうですが、私は広角側をあまり好みません。フィルムの時代に50ミリが好きだったと書きましたが、標準域の焦点距離を好みます。

カール・ツァイスのプラナー50ミリF1.4

フィルムの時代には、200ミリの望遠レンズを持っていましたが、それが必要になることはあまりありませんでした。

それでも、時には遠くのものを大きく写してみたいことはあるもので、そのときに400ミリ程度までカバーしていれば、助かることもあるでしょう。

レンズを自分の眼の延長と考えれば、普段は、眼で見えるような画角の50ミリで撮影し、ときに、それ以上の望遠域を使うというのが、私には理に適っているように思えます。

そんな風に考える私にとり、TAMRONの50ミリ始まりのズームレンズは魅力的に思えます。

そうはいっても、35ミリフルサイズ用レンズですから、このタイプにしては小型で軽量といわれても、柄は大きいです。

【新レンズ】タムロン 50-400mm F4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)レビュー!

しかも、レンズのマウントがソニーEマウントですから、私が使うキヤノンでは使えません。

今後、このレンズに刺激され、他社が同じように、50ミリ始まりのズームレンズを出してくれたらおもしろいと思います。しかし、50ミリ始まりを好む人は少数派(?)かもしれませんので、あまり期待しない方がいいでしょうか。

気になる投稿はありますか?

  • 私にとりQは現代の8ミリカメラ私にとりQは現代の8ミリカメラ 本コーナーの前回の更新で、ペンタックスのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)、PENTAX […]
  • Qを今また使い始めるQを今また使い始める 少し前、長いこと使わずにあったカメラを、ひとつのきっかけで使い始めたことを本コーナーで書きました。 そのカメラは、キヤノンのデジタル一眼レフカメラのEOS 30Dです。 https://indy-muti.com/39463/ このEOS […]
  • 2011/10/08 「フィルム調 K」で「コダクローム64」気分?2011/10/08 「フィルム調 K」で「コダクローム64」気分? 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはMP3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更 例によって、今回も、私が趣味で愉しんでいる動画関連について書きます。 昨年の10月末、動画のLog撮影をまたしてみたい欲求が起こり、一年半ほど私の手元を離れていたソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のα7 IIを再び使い出したことは本コーナーで何度となく書いてます。 https://indy-muti.com/37310/ ソニーのα7 […]
  • 私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方 私が現在使っているソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)、α7 IIですが、使い出したのは昨年10月末ですので、使い始めて3カ月になります。 これを使い出すまでの1年半はキヤノンのミラーレス、EOS RPを使っていました。しかし、そのカメラでは動画のLog撮影ができないため、EOS RPに換えるまで使っていたα7 […]